エイジングケアでしわを改善・予防できる?

エイジングケアはしわの改善・予防を期待できます


加齢とともにどうしてもしわは増えるものですが、エイジングケアである程度改善することが可能です。

また、若い頃からエイジングケアをすることによってしわを予防してみるのも良いでしょう。

しわはどうしても老けた印象を与えてしまうので、できれば未然に防ぐことをおすすめします。

しわは種類ごとにできる原因があります

しわには小じわ、表情じわ、真皮じわの三種類がありますが、それぞれできる理由が異なります。

エイジングケアをする際には、まずそれぞれのしわの原因を正しく理解しておく必要があります。

小じわ

目元、目尻、口元などに出現する、浅く細かいしわで「ちりめんじわ」と呼ばれることもあります。

顔の肌は表面から表皮、真皮、皮下組織で構成されていますが、小じわは表皮の最も外側にある角質層にできるしわです。

加齢とともに表皮の角質細胞にあるアミノ酸や角質細胞をつなぐ細胞間物質が減少して保湿力が低下することによってできると言われています。

表情じわ

ある表情をした時にできるしわが、元の表情に戻しても残ってしまうものを表情じわと言います。

目尻、眉間、額などにできている人が多いのではないでしょうか。

乾燥が進み、コラーゲンやエラスチンが減少することで肌の形状記憶力が弱まることによってできるしわです。

表情じわが進行すると、肌深部に刻まれる真皮じわになってしまうことがあるので、なるべく早く対処しましょう。

真皮じわ

一般的にしわと言えば真皮じわを指すことが多いのではないでしょうか。

真皮にできてしまたしわのことですが、加齢や紫外線による皮膚の弾力低下、皮下脂肪の増減や表情筋の衰えによる皮膚のたるみなどによって形成されます。

長時間のデスクワークなど生活習慣によって、顔の筋肉が下方へど引っ張られることでできてしまうこともあるので要注意です。

しわというとシニアしかできないように思っている人もいるかもしれませんが、それは誤解です。

特に小じわは20歳を過ぎれば誰でもできる可能性があるので、若い頃からのエイジングケアを心がけるようにしなければいけません。

しわを解決するにはいくつかの方法があります


しわを解決し予防するためのエイジングケアにはさまざまなものがあります。

いずれも毎日の生活の中で注意できることなので、気を付けてみてはいかがでしょうか。

乾燥対策

小じわ防止に有効なのが乾燥対策です。

すでにできてしまった小じわでも、保湿をしっかりとすることである程度リカバーすることもできるでしょう。

保湿効果の高い化粧水を使用するのはもちろんのこと、必ずクリームや乳液などの何らかの油分でフタをすることも忘れてはいけません。

脂性肌だからとまったく油分を補充しないのは、かえって肌をベタつかせるばかりか、乾燥させる原因にもなるので要注意です。

表情グセ対策

眉間にしわを寄せがち等、誰でも何かしらの表情グセを持っているものです。

そういったクセを治すことも表情じわの防止には大切と言えます。

さらに、バスタイムに顔面マッサージをするなどして、顔筋の緊張をほぐすこともおすすめです。

エイジングケア効果が期待できる顔面ストレッチやツボ押しなども毎日の生活の中に取り入れてみるようにしましょう。

紫外線対策

紫外線を浴びると正常なコラーゲンの再生を阻止され、肌の弾力が失われます。

その結果、表情じわが戻りにくくなり次第に真皮じわになっていくので注意が必要です。

外出時には顔面、首筋、手など露出している部分に必ず日焼け止めを塗布するようにしましょう。

日傘、防止、手袋、サングラスなども合わせて使用するようにすれば安心です。

しわのエイジングケアには食事にも注意が必要です

しわのエイジングケアとしては、食事内容にも注意しなければいけません。

栄養バランスに気を配るのはもちろんのこと、しわの改善や予防に効果的とされる成分を積極的に摂取するようにしましょう。

肌のハリとうるおいをキープすることを助けるタンパク質、ビタミンC、鉄分は毎日必ずしっかりと摂りたいところです。

しわだけではなくシミの原因とも言われている活性酸素を除去する抗酸化作用を持つ栄養素も補給しましょう。

具体的な食材としては、トマト、春菊、にんじん、ニラ、ブロッコリー、ほうれんそう、ピーマン、じゃがいも、モロヘイヤ、あん肝、レバー、うなぎ等があげられます。

ご飯はできるだけ玄米にして、野菜中心のおかずを用意するようにしましょう。

なかなか料理ができない時は、スムージーなどで栄養補給するのもおすすめです。

さらに、オメガ3系と呼ばれる不飽和脂肪酸を多く含む食品もしわのエイジングケアに効果が高いとされています。

青魚、亜麻仁油、しそ油などを毎日の献立の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

以上のようなポイントをおさえた食事だけではなく、良質の睡眠、適度な運動などもしわの予防には大事です。

いずれも毎日の生活の中で少しずつ改良できるものなので、コツコツと続けてみてはいかがでしょうか。

(まとめ)エイジングケアでしわを改善・予防できる?

1.エイジングケアはしわの改善・予防を期待できます

エイジングケアをすることによって、ある程度しわを改善することはできます。

また、若い頃からエイジングケアを心がけることによって、しわを予防するように心がけましょう。

2.しわは種類ごとにできる原因があります

しわには小じわ、表情じわ、真皮じわの三種類があり、それぞれ発生のメカニズムが異なります。

乾燥によってできる小じわ、皮膚の形状記憶力の低下によってできる表情じわ、たるみによってできる真皮じわに注意しましょう。

3.しわを解決するにはいくつかの方法があります

しわの解決策としては、乾燥対策、表情グセ対策、紫外線対策などがあります。

保湿によって小じわを軽減、表情グセを見直すことで表情じわを改善しつつ、紫外線対策をすることで真皮じわに発展しないようにエイジングケアをしましょう。

4.しわのエイジングケアには食事にも注意が必要です

シワのエイジングケアをとしては、食べ物に注意することも大事です。

タンパク質、ビタミンC、鉄分などをしっかりと摂りましょう。

さらに、活性酸素を除去する抗酸化作用を持つ食品も毎日の献立に取り入れて下さい。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る