エイジングケアでほうれい線を解消できる?

ほうれい線はエイジングケアで解消できるといえます


ほうれい線はエイジングケアで対策可能です。

くっきりとしたほうれい線はいかにも老けた印象を与えてしまいます。

そこで注目したいのが、ほうれい線のためのエイジングケアです。

もちろん100%消すことはできませんが、ある程度解消することは可能なのはご存知でしたか?
エイジングケアを積極的に取り入れて、ほうれい線を予防してみましょう。

ほうれい線ができる理由を理解しましょう

ほうれい線を形成する主な理由は「たるみ」です。

ほうれい線をそのままにしていると老けた印象をあたえるだけではなく、ファンデーションがシワに入り込んで見苦しくなってしまうので注意しなければいけません。

たるみを引き起こすいくつかの原因について解説しましょう。

弾力・ハリの低下

肌の弾力・ハリをキープしているのは深部の真皮と呼ばれる部分です。

真皮はコラーゲンやエラスチンなどの線維が網目状の組織を形成し、肌の弾力を維持しています。

紫外線、加齢などによってこの組織が減少したり変性したりすると、弾力とハリが損なわれるのです。

表情筋の衰え

顔の表情を作る表情筋は皮膚に直接ついていることが特徴です。

同じような表情ばかりしていたり、柔らかいものに偏った食事をしていたりすると一部の表情筋を衰えさせてしまいます。

皮下脂肪の増加

顔に必要以上の皮下脂肪が蓄積されると筋肉で支えられなくなり、たるみが発生することがあります。

丸顔の人はもともと顔の筋肉が少なく、頬が下に落ちがちです。

ダイエットを繰り返すことにより顔筋を必要以上に落としてしまうと、リバウンドで脂肪が増えた時にたるみを引き起こすので注意しましょう。

たるみというと40代、50代の悩みのように思う人もいるかもしれませんが、実は30代も無縁ではありません。

それどころか、俗に言う「お肌の曲がり角」の25歳前後でたるみが起き、ほうれい線が目立っている人も結構います。

特に、10代の頃に紫外線を浴びすぎた人は要注意です。

真皮層の変性が加速度的に進行していて、20代でもほうれい線がくっきりとしてしまう人も少なくありません。

ほうれい線で悩まないためには、若い頃からのエイジングケアが何よりも大事なのです。

ほうれい線をエイジングケアで解決するにはマッサージも効果的といえます


ほうれい線を作る主な理由である「たるみ」を解決するには、エイジングケアを心がけることが大事です。

ほうれい線に効果を期待できるエイジングケアとしては、たるみ対策マッサージがあります。

たるみ対策マッサージでは、顔面に点在しているツボを正確に刺激することが決め手になります。

たとえば小鼻の両脇のくぼみに「こりょう」というツボがあります。

ここを指で1日に5回程度押してみてください。

リフトアップ効果だけではなく、皮脂分泌が促進され乾燥肌の改善も期待できます。

同時に、口の外側のくぼみにある「ちそう」というツボも5回押しましょう。

口角を上げるとともにシワを伸ばす効果もあると言われています。

耳の付け根から少し内側に、口を開閉すると動く骨が確認できますが、そのすぐ後ろには「げかん」というツボがあります。

ここを指で優しく持ち上げるようにマッサージすると、顔のむくみ・たるみを解消しシワを伸ばす効果が期待できるといわれているため、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ツボマッサージと併用して行いたいのが口内筋マッサージです。

口の中に指を入れ、内側からほうれい線をなぞるようにして上下にマッサージします。

口の内側についている口内筋の緊張をほぐして血行を良くすることで、ほうれい線を改善することが期待できるのです。

さらに、リンパマッサージも合わせて行えばより効果的です。

肩と首を回し、耳の後ろのくぼみを親指で2、3回押し、ほうれい線からこめかみにかけて2本指を滑らせながらリンパ液を流すイメージでマッサージしましょう。

以上のようなマッサージを1日に1回行うことで、リンパや血行が改善され、たるみとほうれい線の解消に役立ててみてはいかがでしょうか。

お風呂上がりの習慣にするなど、毎日続けることが大事です。

ほうれい線は乾燥が原因でできることもあります

ほうれい線はたるみだけではなく、乾燥によっても引き起こされる点は要注意です。

肌はバリア機能により水分を角質層に蓄える働きがあります。

角質層は肌の表皮の中でも一番表面にある部分です。

バリア機能の衰えにより表皮が乾燥してトラブルが生じると、その奥にある真皮にもダメージを与えてしまいます。

真皮は皮膚のハリと弾力をキープしている部分です。

このようにして、乾燥が表皮に問題を起こし、さらに真皮へと影響を及ぼしてたるみを生じさせ、ほうれい線を作ってしまうのです。

表皮に浅く細かいシワが目立ちはじめたら、ほうれい線に進行させないように食い止めるようにしましょう。

乾燥によるほうれい線はシニアだけではなく、20代でも起こりうるので若い頃からのエイジングケアが何よりも重要です。

乾燥対策としては、まず洗顔をしっかりとしましょう。

メイク汚れや皮脂が残っていては、化粧水も浸透しにくくなっています。

保湿効果の高い化粧水をたっぷりとパッティングした後は、乳液やクリームなどで適度な油分を補給しましょう。

オイリー肌だからと油分を補わない人もいますが、それはおすすめできません。

油分を補わないでいるとかえって皮脂の分泌を盛んにしてしまうからです。

毎日きちんと洗顔して、たっぷりと水分を補い、適度な油分を与えるというのは、お肌にとって何よりのエイジングケアです。

ほうれい線を少しでも薄くしたいと考えているならば、毎日のスキンケアを見直してみることも重要と言えます。

必ずしも高価な化粧品を使用する必要はありませんが、日々コツコツと当たり前の肌のお手入れを忘れないようにしてください。

(まとめ)エイジングケアでほうれい線を解消できる?

1.ほうれい線はエイジングケアで解消できるといえます

年齢とともに目立ってくるほうれい線はエイジングケアである程度対策することも可能です。

100%消去することは難しいかもしれませんが、エイジングケアでほうれい線の解消と予防を目指しましょう。

2.ほうれい線ができる理由を理解しましょう
ほうれい線はたるみによって生じます。

たるみは弾力・ハリの低下、表情筋の衰え、皮下脂肪の増加などが主な原因です。

たるみは40代、50代を中心とした悩みとされがちですが、実は20代でも起きます。

若い頃からのエイジングケアが必要なのです。

3.ほうれい線をエイジングケアで解決するにはマッサージも効果的といえます

ほうれい線を解消するためには、マッサージによるエイジングケアを施すことも一つの方法です。

顔面にあるたるみに効果的とされるツボをマッサージしたり、口内筋マッサージをしたりするのも良いでしょう。

合わせてリンパマッサージをすればより効果的です。

4.ほうれい線は乾燥が原因でできることもあります

ほうれい線は乾燥によっても進行するという点は注意しなければいけません。

乾燥により表皮がトラブルを起こせば、その奥にあるたるみをコントロールする真皮にも影響が出ます。

日々のスキンケアを見直すというエイジングケアを行うようにしましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る