エイジングケアには選び方がある?

エイジングケアには正しい選び方があります


多種多様なエイジングケアが話題になっていますが、選び方には注意が必要です。

まず、自分が何に対してエイジングケアをしたいと考えているのか理解することから始めましょう。

エイジングケアは悩みごとにさまざまなものがあり、正しく対応することが大事なのです。

老化現象には原因があります

シミ、シワ、たるみといった老化現象が加速してしまうのは原因があります。

加齢とともにある程度できてしまうのは仕方ないとしても、エイジングケアによってできるだけ少なくしたいところです。

シミ

シミを悪化させるのは紫外線です。

なかでもUV-Aという紫外線がシミの大敵なので、しっかりと紫外線対策をすることが何よりのエイジングケアになります。

できてしまったシミに対しては、新陳代謝を活性化するビタミンCを摂取するなどして、皮膚のターンオーバーを促すようにしましょう。

シワ

シワは乾燥によってどんどんひどくなります。

小ジワや表情ジワが真皮ジワへ発達してしまう前に、十分な保湿ケアをするようにしなくてはいけません。

たるみ

乾燥はたるみも加速させます。

顔筋の衰えもたるみを悪化させるので注意しなければいけません。

以上のように紫外線、乾燥、顔筋の衰えなどが老化を進行させる大きな原因になっていることは間違いありません。

老化というとシニア世代だけの問題のように捉えられがちですが、人間は成長期が終了した途端に老化の一歩を踏み出しているといっても過言ではないのです。

最近、20代でもほうれい線が目立っている人が増えていますし、エイジングケアを始めるのに早過ぎることはないといってもいいでしょう。

ただし、エイジングケアの選び方には注意しなければいけません。

さまざまなエイジングケアが提案されていますが、自分にとって効果が期待できないものをいくら続けていても意味がないからです。

エイジングケアを正しく選ぶには、まず、自分が何に一番悩んでいるのかをしっかりと自覚するようにしましょう。

その上で正しいエイジングケアを選択して、毎日コツコツと取り組むようにしてください。

エイジングケアは正しく選ぶことが大事です


老化現象にはさまざまなものがありますが、それぞれに正しい解決策を選んで用いることが大事です。

シミ、シワ、たるみなどの悩み別のエイジングケアを紹介します。

シミ対策

シミのためのエイジングケアとしては紫外線対策を徹底しているものを選ぶようにしてください。

たとえば、外出時には日焼け止めを必ず塗り、帽子、日傘、手袋なども併用するようにしましょう。

日焼け止めは夏しか使用しないという人もいますが、冬でも必ず塗布することでより高いアンチエイジング効果を期待できます。

シワ対策

シワのためのエイジングケアには、正しく乾燥対策をしているものを選択しましょう。

たとえば、クレンジングや洗顔はできるだけ低刺激のものがおすすめです。

汚れをしっかりと落とした後で、保湿効果の高い化粧水で十分に保湿しましょう。

ただし、強すぎるパッティングはかえってトラブルの原因になるので、力加減にも注意するようにしてください。

化粧水の後はクリームや乳液などで適度な油分を補うことも忘れてはいけません。

オイリー肌だからといってこのプロセスを省略するのは、保湿効果を半減させてしまうばかりか、かえって皮脂の分泌を盛んにしてしまうので要注意です。

たるみ対策

たるみ防止のエイジングケアは、顔筋ストレッチやマッサージなどを選ぶようにしてください。

ただし、強すぎるマッサージはシミやシワを増やしてしまうこともあります。

特に皮膚が薄い目のまわりなどは細心の注意を払いながら行うようにしましょう。

エイジングケアは食事も大切です

エイジングケアは悩み別に正しい方法を用いることが大事です。

しかし、一方で毎日の食事にも注意しなければいけません。

どんなにエイジングケアを頑張っても、食べ物がおろそかでは効果は期待できないでしょう。

アンチエイジングのためには良質のタンパク質、抗酸化作用があるビタミンAやビタミンEをたっぷりと摂取することがカギになります。

たとえばビタミンAを多く含む食物には鳥レバー、うなぎなどがあります。

にんじん、春菊、ほうれんそう、ニラ、小松菜、かぼちゃ、チンゲン菜などに含まれているβ-カロテンも、人間の体内でビタミンAとなって働くので、これらの野菜を積極的に食べるようにしましょう。

肌の奥で酸化を防止して、バリア機能を正常化してうるおいをキープするためにもビタミンEは重要です。

アーモンド、すじこ、たらこ、あん肝などに豊富に含まれているので、毎日の献立に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ご飯はなるべく玄米にして、野菜を中心としたおかずを複数用意し、青魚などでタンパク質を補給するという、昔ながらの日本食こそがエイジングケアには効果が期待できるといえるでしょう。

忙しい毎日を過ごしている人にはなかなか難しいかもしれませんが、できるだけ一汁三菜を心がけ、バランスの整った食事を摂るようにしてみてはいかがでしょうか。

(まとめ)エイジングケアには選び方がある?

1.エイジングケアには正しい選び方があります

エイジングケアの選び方にはポイントがあります。

まず、何よりも大事なのは自分が抱えている悩みを正しく理解することです。

正しい対処法でエイジングケアするようにしましょう。

2.老化現象には原因があります

代表的な老化現象にシミ、シワ、たるみがありますがそれぞれ原因があります。

エイジングケアを施したいならば、まず自分が何に一番悩んでいるのかを正しく把握することがスタートです。

エイジングケアの正しい選び方には十分注意するようにしましょう。

3.エイジングケアは正しく選ぶことが大事です

シミ、シワ、たるみなど悩み別に適切なエイジングケアの選び方があります
いずれにせよ紫外線防止と乾燥対策は欠かせません。

パッティングやマッサージはやり過ぎも老化を促進させるので、力加減も大事です。

4.エイジングケアは食事も大切です

エイジングケアとともに、毎日の食事にも気を配るように注意しましょう。

アンチエイジングのためには良質のタンパク質、抗酸化作用の高いビタミンAやビタミンEを毎日摂取することをおすすめします。

昔ながらの和食で一汁三菜を見直してみましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る