エイジングケアの基本って?

エイジングケアは乾燥対策が基本といえます


エイジングケアという言葉は知っていても、ケアの基本や具体的にどのようなケアをしたらいいのかはあまり知らないという人も多いのではないでしょうか。

加齢に伴う肌トラブルのほとんどは、お肌の乾燥が原因となって起こります。

そのためエイジングケアはお肌の乾燥を対策し、お肌のバリア機能を保ったうえで行うことが基本となります。

しっかりと保湿ケアを行って、お肌を乾燥から守りましょう

そもそもエイジングケアというのは、どのようなケアのことを言うのでしょうか。

エイジング、つまり「加齢」をケア(お手入れ)するということを意味します。

つまりエイジングケアとは、加齢に伴って表れるさまざまな肌トラブルを予防し、加齢に負けない健やかなお肌を目指していくためのケアのことなのです。

エイジングサインともいわれる加齢に伴う肌トラブルには、シミやシワ、たるみなどがあります。

この加齢による肌トラブルのほとんどは、お肌の乾燥が引き金となって起こることが多いのです。

加齢に伴いお肌のバリア機能は低下していきますが、このバリア機能が低下してしまうことでお肌の水分が蒸発しやすくなるため、お肌が乾燥しやすくなってしまうのです。

すると次のような症状が現れます。

  • 乾燥によって小ジワが増える
  • お肌の内部の水分量が低下したことでお肌がたるむ
  • お肌がたるんで縦長の毛穴になる

このような症状を予防したい場合は、まずは保湿を徹底してお肌の乾燥を防いでいきましょう。

セラミドやヒアルロン酸がおすすめ


お肌を乾燥から守るためには、ただ化粧水や乳液を付ければいいというものではありません。

お肌の保水力を高めるには、セラミドやヒアルロン酸などの成分が含まれた美容液などがおすすめです。

紫外線対策も忘れずに

お肌の乾燥を防ぐにはスキンケアだけでは不十分です。

紫外線はシミやそばかすの原因になるだけでなく、お肌の乾燥を引き起こす原因にもなるといわれています。

紫外線の強い夏場はもちろんですが、1年を通して紫外線は降り注いでいるため季節問わず毎日紫外線対策を行うことが大切です。

洗顔やクレンジングはやり過ぎると老化を早めてしまいます

女性であればほぼ毎日メイクをしているでしょう。

当然メイクをすれば落とさないといけないわけですが、実はこのクレンジングという行為はお肌にとても負担がかかります。

次のことに当てはまる人は要注意です。

クレンジングや洗顔に時間をかけすぎたり、お肌をこすって摩擦したりしてしまうと、お肌にとても負担がかかりシワやたるみの原因になります。

また、シャワーを直接顔に当てたり、熱めのお湯ですすいだりすると、お肌のうるおい成分まで洗い落としてしまいお肌の乾燥を引き起こしやすくなります。

正しいクレンジング・洗顔のポイント

クレンジングや洗顔の正しいやり方のポイントは、それぞれ1分程度で終わらせることです。

完全にメイクや汚れを落とせないと肌トラブルの原因になるため、素早く丁寧にしっかり落とすことを意識しましょう。

洗顔する際は手で摩擦して洗うのではなく、よく泡立てて泡で洗うようなイメージで洗顔するようにしましょう。

すすぎは10~15回程度、手ですくって顔にかけるようにしましょう。

クレンジングや洗顔方法を見直すだけでも、お肌の乾燥や肌トラブルが改善されることもあります。

また、クレンジングはオイルタイプよりも、ミルクタイプやジェルタイプの方が洗浄力が弱くお肌にやさしいといわれています。

拭き取りタイプのクレンジングは、洗浄力も強くお肌を摩擦しやすいため、最もお肌に負担がかかってしまいます。

どうしてもという場合以外はできるだけ避けましょう。

食生活や生活習慣も見直しましょう

エイジングケアの基本は乾燥対策、紫外線対策、適切な洗顔やクレンジングですが、大事なのはスキンケアだけではありません。

皮膚などは食べた物からつくられ、皮膚は寝ている間に修復されます。

そのため、どんなにエイジングケアを徹底していても、食生活や生活習慣が乱れていては、老化が進んだり肌トラブルが起こったりしてしまいます。

バランスの取れた食生活を心がける

脂っこい食べ物やお肉ばかりの食事、インスタント食品などの加工食品やお菓子などは、老化のスピードを速めてしまうと言われています。

できるだけこのような食事は避け、野菜中心のバランスの取れた食生活を心がけましょう。

規則正しい生活習慣を意識する

仕事などの都合で生活が不規則な人もいるかもしれませんが、できるだけ睡眠時間を確保するように心がけましょう。

できるだけ同じ時間帯に就寝・起床するようにしましょう。

(まとめ)エイジングケアの基本って?

1.エイジングケアは乾燥対策が基本といえます

加齢によってさまざまな肌トラブルが起こりやすくなりますが、その引き金となるのはお肌の乾燥の場合がほとんどです。

そのためお肌を乾燥から守り、バリア機能を高めて健やかなお肌をキープしたうえでエイジングケアをすることが重要になります。

2.しっかりと保湿ケアを行って、お肌を乾燥から守りましょう

加齢による肌トラブルを予防するには、保湿ケアを徹底し、乾燥を防ぐことが大切です。

お肌の保水力を高めるにはセラミドやヒアルロン酸などの成分が有効といえます。

エイジングサインが表れる前に保湿ケアを徹底し、加齢に負けないお肌に導いていきましょう。

3.洗顔やクレンジングはやり過ぎると老化を早めてしまいます

間違ったクレンジングや洗顔方法で行ってしまうと、お肌に負担がかかりお肌の乾燥やシワ、たるみなどの原因になります。

いずれも1分程度を目安に行い、お肌を摩擦しないように注意が必要です。

洗顔後はすぐに化粧水などで保湿しましょう。

4.食生活や生活習慣も見直しましょう

お肌の老化を遅くするためには保湿や紫外線対策などのエイジングケアも大切ですが、食生活や生活習慣が乱れていると老化や肌トラブルの原因になります。

そのためバランスの取れた食事や規則正しい生活を意識して改善していきましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る