エイジングケアは若いうちからした方がいいの?

エイジングケアは肌に合った方法で若いうちから行っても良いでしょう


肌に現れる年齢サインの改善や予防をするためのエイジングケアは、少しずつサインが現れてくる20代からであれば行っても良いでしょう。

エイジングケアも大切ですが、その前に保湿をしっかりとして肌を整え、健康な状態を維持したうえで行うことがおすすめです。

そしてエイジングケアにはスキンケア化粧品を使うこと以外にも、毎日の食事で栄養素をバランス良く摂り、健康な肌作りに役立てることもポイントです。

エイジングケアは20代頃からのスタートがおすすめです

肌に良いケアなら早めに行いたいと思う方も多いのではないでしょうか。

しかしエイジングケアは加齢によって現れてくる肌の老化をケアするものであるため、10代のように若いうちから積極的に取り組む必要はありません。

若いうちに気を付けておきたいスキンケアのポイントは、香料など刺激が強い成分を含んだ化粧品を使うことを避ける、メイクをしたら必ず早めに落とす、ゴシゴシこすってメイク落としをしないことです。

このようなことを継続してしまうと、肌は老化しやすくなりシミやシワなどが早いうちからできやすくなることもあります。

エイジングサインは30代になると次第に表に現れてくる人が多いですが、20代では見えないところで肌の老化が少しずつ進んでいます。

だからといって20代で高価なエイジングケア化粧品を使う必要はありませんが、20代の肌に合わせたスキンケアを行っておきましょう。

もしシミやシワなどのエイジングサインが現れていれば、20代向けのエイジングケア製品を使ってお手入れすると、カバーや改善が期待できます。

そして30代以降のエイジングケアにも役立つためおすすめです。

エイジングケアは保湿をしっかりしてから行いましょう


できてしまったシミやシワの改善、エイジングサインの予防を目的としたエイジングケアを行うときに大切なポイントは、保湿をしっかりしてから取り組むことです。

なぜなら乾燥は肌の加齢から起こるさまざまなトラブルの原因となっているからです。

年齢と共に肌のバリア機能が低下し、水分を保持することが難しくなると、たるみやシワなどができやすくなります。

しかし、だからといって急いでエイジングケア化粧品を使うことが肌トラブルの改善につながるわけではありません。

より高いエイジングケアの効果を期待するなら、肌にたっぷり水分を与えて維持させる、保湿を重視したスキンケアを行いましょう。

しっかりと水分が保たれた健康な状態の肌はエイジングケア化粧品に含まれている栄養分を吸収・代謝しやすくなり、年齢肌に合った成分が新たな肌細胞を作るときに使われると期待されます。

そうすればシミやシワの改善された健康的で美しい肌作りが叶うことでしょう。

スキンケアだけでなく日常生活改善で内側からもケアしましょう

体の外側から保湿やエイジングケアを行ったら、内側からのケアとしてお肌が喜ぶ日常生活へ改善してみましょう。

10代20代は体も元気で疲れにくい方も多いため、無理や不規則な生活を送りがちですが、肌へのダメージは受けていることがあるからです。

そこで、次のような美しく健康的な肌作りに若いうちから取り組めることを行ってみてはいかがでしょうか。

肌に役立つ栄養素をしっかりとる

肌作りに欠かせない成分としてコラーゲンがあり、コラーゲンは肌細胞を作るために欠かせない成分です。

そしてコラーゲンの元になる栄養素はたんぱく質で、肉や魚、大豆などの食品からとることができます。

良質なたんぱく質としておすすめの食品は、納豆・無脂肪牛乳・ツナの水煮があり、これらはアスリートもとっている脂肪も控えめで女性にもうれしい食べ物といえます。

きちんと眠る

睡眠をとることにより、体内では傷ついた細胞の修復や新たな細胞づくりをスムーズに行います。

しかし、夜更かしするときちんと睡眠がとれず体の修復が間に合わないままになるため肌ダメージも回復しづらくなるでしょう。

良い睡眠は、眠り始めから3時間の熟睡といわれているためまとまった時間眠ることがおすすめです。

(まとめ)エイジングケアは若いうちからした方がいいの?

1.エイジングケアは肌に合った方法で若いうちから行っても良いでしょう

エイジングケアは年齢サインの現れ始める20代からであれば、行っても良いでしょう。

しかしエイジングケアの前には保湿をしっかりと行って肌を整え、健康な状態の肌にエイジングケア向けの化粧品を使いましょう。

2.エイジングケアは20代頃からのスタートがおすすめです

エイジングケアはシミやシワなどの予防・改善のためのお手入れであるため、肌の老化の心配が少ない10代ではまだ必要ありません。

しかし20代頃からは見えないところで老化が進むため、20代の肌に合わせたエイジングケアを行ってもかまいません。

3.エイジングケアは保湿をしっかりしてから行いましょう

エイジングケアを行うには、まず保湿をしっかりしてから取り組むことがおすすめです。

水分がきちんと保持された健康的な状態であればエイジング化粧品の栄養分を吸収・代謝しやすくなることから、健康的で美しい肌作りにも役立つことが期待されるからです。

4.スキンケアだけでなく日常生活改善で内側からもケアしましょう

体の内側からのケアとして取り組めるものは、肌をつくる素になるたんぱく質をしっかりとったり、まとまった睡眠時間をきちんととったりなど、日常生活を改善することもおすすめです。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る