乾燥が気になる冬のエイジングケアはどうするの?

乾燥がひどくなりがちな冬のエイジングケアはしっかり保湿することが大切です


外気温が下がる冬は体温が下がってしまわないように体表面の血流を抑えるため、肌の代謝も落ち皮脂分泌量が下がってきます。

肌を守る役割をする皮脂が減れば水分が蒸発しやすくなるうえに、冬の湿度の低さも手伝って一層水分が逃げやすくなってしまうのです。

そのため、冬のエイジングケアには水分補給と皮脂の量を助ける油分もよく補うことが大切です。

冬はしっかりと油分もプラスしてエイジングケアをしましょう

体温が下がることを防ぐため体表面の血流量を抑える体の働きは生命維持のために欠かせませんが、その分皮膚で分泌される皮脂量が落ちることになります。

年齢によって乾燥しやすくなっていく肌にさらに冬の寒さが加わることで、より肌のバリア機能は低下しエイジングサインの原因が生まれてしまいます。

シミやシワ、たるみなどを予防改善するためにも、冬は水分補給の他に油分でしっかりフタをすることを心がけましょう。

減ってしまう皮脂量を補うためには、水分補給量を増やすのではなく、働きを手伝う油分をきちんとプラスすることが大切です。

特に洗顔後やお風呂上がりにはすばやく保湿を行うことをおすすめします。

まずこすらず優しく押さえるようにタオルドライをしてから、化粧水をつけて1分ほどそのまま待ち、浸透したと感じたら乳液や保湿液などを付けてフタをしましょう。

オイルのベタつきが苦手という方は、オイルカットの保湿液を使っても構いません。

化粧水だけでは水分が蒸発してしまうので、フタをすることが大切です。

乾燥肌の方や今日は肌がカサついている時にはもう一度化粧水を付けてから乳液をつけてもかまいませんが、それ以上つけると逆に水分蒸発を招きやすいので注意しましょう。

こうすることで肌の状態が整ってくるので、このあとでエイジングケアを行いますが、十分な乾燥対策をすることもエイジングケアと言えます。

年齢と共に肌は乾燥しやすくなるといえます


肌の奥の細胞を守る働きをしているセラミドは、30代頃から減少し始めるため季節を問わず水分を補って蓋をする保湿ケアが欠かせないお手入れになります。

特に冬には寒さの影響で血行が悪くなるとさらにセラミドが減少する恐れがあり、乾燥が悪化する可能性が出てきます。

セラミドによる細胞の保護が弱くなると水分が蒸発しやすくなるだけでなく、紫外線や雑菌など外側からの刺激にも肌は弱くなりがちです。

それだけでなく、機能が低下した肌では新しく肌細胞をつくり出す働きも落ちてしまうので若々しさやハリの少ない状態になっていくでしょう。

その結果、年齢肌のサインであるシミ・シワ・たるみが現れやすくなり、放っておいても改善は難しいことから保湿とエイジングケアを合わせて行っていくことが必要です。

冬の季節的な影響以外にも生活習慣が肌の乾燥を悪化させていることもあります。

例えば洗浄力の強いメイク落としや洗顔料を使っている、香料など刺激の強いコスメでメイクする、熱いお湯で洗顔しているなど、当てはまる要因があれば早めに改善することをおすすめします。

寒さに負けない温かく血行の良い体を維持しましょう

冬の乾燥に負けない肌づくりのためには、体を温めて血行促進することもポイントです。

そこで体の内側からエイジングケアに役立つ体を温める働きのお手伝いが期待される生活習慣を取り入れてみましょう。

おすすめは毎日の食事の中に体が温まる食材を使うことです。

旬の野菜にはその季節に必要な栄養素がたっぷり含まれているうえにおいしいという特徴があるため、冬にとれる野菜を毎日しっかり摂ってみてはいかがでしょうか。

そこでぜひ食べたい冬野菜の一例をご紹介しておきます。

かぼちゃ

血流アップに役立つといわれるビタミン類を含み、食物繊維が豊富な野菜です。

水分量が少なく現代人に不足しがちなミネラルもたっぷり含んでいます。

抗酸化作用も期待されているため、エイジングケアにもうれしい食材です。

ごぼう

食物繊維がたっぷり含まれていることで知られる野菜です。

体内の老廃物の排泄に役立ち、老化を予防する働きがあるといわれています。

さつまいも

ビタミンCが豊富で1本食べれば1日分を補給できるといわれています。

かぼちゃと同じく血行促進が期待されるビタミン類を含んでいます。

(まとめ)乾燥が気になる冬のエイジングケアはどうするの?

1.乾燥がひどくなりがちな冬のエイジングケアはしっかり保湿することが大切です

寒さから血行が悪くなりがちな冬は肌の皮脂量が減りやすく、肌の水分も蒸発しやすくなります。

そのため冬のエイジングケアには水分補給と皮脂を手伝う油分の補給が欠かせません。

2.冬はしっかりと油分もプラスしてエイジングケアをしましょう

冬は血行の低下から皮脂量が少なくなるため乾燥しやすくなります。

不足する皮脂量を補うためにも、保湿は水分補給だけでなく乳液や保湿液を使ってしっかりフタをすることを心がけましょう。

3.年齢と共に肌は乾燥しやすくなるといえます

肌の保護に役立つセラミドは30代頃から減少し始めるためいつも保湿してその働きを補う必要があります。

特に冬は血行が悪くなって乾燥しやすいことから、きちんと保湿をしてエイジングケアを行うことがおすすめです。

4.寒さに負けない温かく血行の良い体を維持しましょう

体の内側からもエイジングケアを行う方法のひとつとして、毎日の食生活でも血行促進を目指すことがあります。

冬には体を温める働きが期待される旬の野菜を積極的にとることがおすすめです。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る