エイジングケアは敏感肌の場合どうしたらいい?

敏感肌の予防と改善がエイジングケアに繋がるといえます


エイジングケアが必要であると思っている方のなかには、乾燥肌に頭を悩ませている方もいるのではないでしょうか。

老化によるお肌の不調を感じている段階では、すでに内部のバリア機能も低下している可能性が高いといえます。

それは乾燥肌になりやすい状態であるともいえるため、エイジングケアと敏感肌対策の両方を意識したスキンケアを行う必要があります。

敏感肌の症状をチェックしましょう

敏感肌とはなんであるかを理解するためにまずは敏感肌の症状をチェックしてみましょう。

洗顔剤で顔を洗うと赤くなってしまったり、普通の化粧品を使っただけでお肌がピリピリしてしまったり、タオルや衣類などの使用でもお肌に刺激を感じてしまったりという場合は敏感肌の可能性があります。

敏感肌にはさまざまな症状がありますが、これらはお肌のバリア機能が低下してしまっていることによる症状であることが多いです。

バリア機能が低下することによって、角層が不健康な状態となり、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまう状態になってしまっているのです。

敏感肌が長期間続くと、乾燥が進行してしまったり、ターンオーバーが乱れたりするなどして、バリア機能の低下と合わせて、悪循環を繰り返してしまうことが考えられます。

このような状態になってしまうと、使用するスキンケア化粧品やエイジングケア化粧品選びも困ってしまいます。

敏感肌の原因について知りましょう


敏感肌の原因のなかでも多いのがお肌の乾燥といえます。

お肌が乾燥することによってバリア機能が低下してしまい、お肌が敏感な状態になってしまうのです。

つまり、お肌の乾燥が敏感肌の主な原因であると言えます。

そして、ターンオーバーの不調も大きな関連性があります。

ターンオーバーは遅すぎても早すぎても乾燥の原因になるため、目指すべき改善の方向としてはターンオーバーの正常化であるといえます。

まず乾燥を予防し改善する対策が、保湿によりバリア機能とターンオーバーを正常化させることであると理解しましょう。

このように内側から自力で肌の状態を改善できる仕組みの正常化が本来の健康的な肌環境を取り戻すために一番大切なのです。

また、加齢による水分減少や、洗顔やクレンジングをやりすぎる等の不適切なスキンケア、紫外線ダメージなども敏感肌の原因となります。

他にも、遺伝の影響や生活習慣、睡眠不足などの影響で敏感肌になってしまうことがあります。

敏感肌にならないための洗顔・クレンジング方法を理解しましょう

敏感肌の改善

敏感肌の原因の大きな要素を占めるのは乾燥です。

そのため、乾燥対策、保湿がとても大切なのです。

充分な保湿を行うことで敏感肌は改善できる可能性が高いといえます。

そのためには、セラミドなどの栄養素の補給や洗顔方法にも日々気を配る必要があります。

洗顔・クレンジングの注意点

洗顔やクレンジングはお肌を清潔に保つために行います。

これらはスキンケアやエイジングケアを行ううえで基本となる部分です。

お肌を清潔に保つことが、敏感肌の予防や改善に繋がるといえます。

また、洗顔に続く化粧水などの美容成分を浸透しやすくさせることで、敏感肌の改善に役立ちます。

その洗顔やクレンジングも刺激の強い洗顔料やクレンジング料を使ってしまったり、強く擦ったりすることでリスクにもなりえます。

さらには、年齢とともに皮脂やセラミドなどが減ってしまうので、お肌は洗顔料やクレンジングの刺激に弱くなる傾向にあるのです。

そのため、お肌の質、状態に応じた正しい洗顔、クレンジングが大切です。

エイジングケアの観点からも年齢に応じて洗顔料やクレンジング料の見直しを行い、刺激の少ないものを選ぶように気を付けなければなりません。

そして洗顔を行う際にはできるだけ優しく、必要最低限の時間で済ますことを心がけることで敏感肌の予防、改善につながります。

(まとめ)エイジングケアは敏感肌の場合どうしたらいい?

1.敏感肌の予防と改善がエイジングケアに繋がるといえます

外部からの刺激や内部の保湿を意識したスキンケアを行うことで、敏感肌の予防や改善が期待できるだけでなく、エイジングケアとしても有効な手段となります。

この2つを同時に意識することによって無駄のないスキンケアを行えます。

2.敏感肌の症状をチェックしましょう

敏感肌はターンオーバーの乱れや、お肌のバリア機能の低下などにより引き起こる症状です。

敏感肌の症状を自覚したら、まずお肌のお手入れ方法を見直す必要があるかもしれません。

3.敏感肌の原因について知りましょう

敏感肌の原因は乾燥であるといえるため、乾燥対策が必要です。

外部による乾燥や、内部のターンオーバー機能、バリア機能などが正常に働かなくなることで乾燥肌になります。

4.敏感肌にならないための洗顔・クレンジング方法を理解しましょう

エイジングケアの観点において、敏感肌の改善、予防、そして洗顔やクレンジングを正しく行い、お肌の清潔を保つことはとても大切です。

そのため、年齢に応じた洗顔方法などを心がけるようにしましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る