エイジングケアは季節によって変えるべき?

エイジングケアは季節によって合わせることが大切です


1年を通して同じ基礎化粧品を使っているという人も多いかもしれません。

しかし、あまり気付かないかもしれませんが実は、季節や環境などによって肌質は変わります。

そのため季節などに合わせて、基礎化粧品やエイジングケアアイテムを使う必要があります。

お肌の変化に気付かず、いつも同じ保湿ケアやエイジングケアを行っていると、老化が早まってしまうこともあるのです。

基礎化粧品は季節に合わせて、季節ごとで使いきりましょう

加齢によるお肌の老化を気にされる人は多いですが、意外と見逃しがちなのが季節の変わり目に起こる肌質の変化です。

日本には四季があり、気温や湿度、紫外線などが大きく変化するため、お肌に影響します。

基礎化粧品は一度開封すると、酸素に触れてしまうため、酸化や劣化が始まります。

そのためできるだけ早く使いきってしまうのが理想的です。

季節に合わせた基礎化粧品を選び、その季節の間で使い切るようにしましょう。

お得だからと大容量のボトルを購入してしまいがちですが、季節ごとで使いきれる量のボトルを購入する習慣を付けるのがおすすめです。

ずっと同じ基礎化粧品だとシミなどが悪化することも


先述したように、季節や環境などにより肌質は変化していきます。

「季節の変わり目は肌が荒れやすい」と言われるのはこのためです。

1年中同じ基礎化粧品を使っている人は、基礎化粧品の見直しをすることをおすすめします。

肌質はさまざまな条件で日々変化するため、そのお肌の変化に対して柔軟に対応することも大切なのです。

特に乾燥肌や敏感肌の人は、自分の肌質に合ったものを見つけるのは大変かもしれませんが、肌質の変化に気付かず同じものばかりを使い続けると、シミやシワなどを悪化させてしまう場合もあるため注意が必要です。

9月から11月のケアがもっとも重要だといわれています

季節の変わり目は特にお肌が荒れることや敏感になることが多い季節ですが、秋は老化が始まる季節と言われているほどエイジングケアが重要となる季節になります。

9~11月のケアで美人度が決まると言われるほど、1年のなかでも秋のエイジングケアは大切だといわれています。

夏場のUV対策やエイジングケアはもちろんですが、秋は特にシミやシワ、たるみ対策を強化していきましょう。

秋のエイジングケアが重要な理由

秋のエイジングケアが重要な理由は、夏に受けたダメージが秋にシミやシワなどとなってお肌に表れてしまうためです。

1年のなかでも夏は紫外線も強く、エアコンなどでお肌は乾燥しがちになります。

なかにはしっかりとUV対策を行っていないという方もいるでしょう。

これらはきちんと対策やケアをしていないと、確実にお肌にしみやシワとなって表れてしまいます。

秋からは乳液やクリームを使用しましょう

夏場はどうしてもベタつきやすい乳液やクリームは、付けていなかったという人も多いのではないでしょうか。

しかしこのような場合は、隠れ乾燥肌になっている可能性があります。

秋に適切なエイジングケアや保湿ケアを行わないと、シミやシワ、たるみなどの老化が進んでしまうかもしれません。

塗るときは乾燥しやすい目元から瞼、下瞼、目頭から目尻、こめかみへとやさしく乳液を馴染ませていきましょう。

そして口元から頬全体、下から上、内側から外側へと頬を引き上げるように塗っていきます。

このとき力を入れてしまうとシワやたるみの原因になるので、力は入れずにやさしく塗るようにして下さい。

皮脂の分泌が少ない部分やシワが気になる部分には、クリームで補ってあげましょう。

エイジングケアはできるだけ早めから始めましょう

ほとんどの人が25歳はお肌の曲がり角という言葉を、聞いたことがあるのではないでしょうか。

お肌のピークは20代前半といわれており、それ以降は少しずつ老化が進んでいきます。

エイジングケアは老化を予防し、美しく健康的なお肌を保っていくというものです。

そのため、シミやシワなどができてからでは、改善に時間がかかったり手遅れになったりしてしまいます。

エイジングケアは手遅れにならないように、目立った症状がない早い時期から行うことが大切です。

化粧を始めた時期が早かった人や若いうちに紫外線をたくさん浴びてきた人などは、お肌の老化や肌質の変化の時期が早まりやすいといわれています。

そのためより早めにエイジングケアをスタートさせることをおすすめします。

(まとめ)エイジングケアは季節によって変えるべき?

1.エイジングケアは季節によって合わせることが大切です

肌質は季節や環境などにより変化するため、その季節に合わせたエイジングケアや保湿ケアに切り替えることが重要です。

正しいエイジングケア方法を把握して、季節に合わせたエイジングケアを行っていきましょう。

2.基礎化粧品は季節に合わせて、季節ごとで使いきりましょう

日本には四季があるため、季節によって肌質も日々変化します。

季節に合わせたエイジングケアを行い、基礎化粧品はその季節で使いきるようにしましょう。

肌質の変化に柔軟に対応しないと、シミやシワが悪化してしまう可能性もあります。

3.9月から11月のケアがもっとも重要だといわれています

夏は紫外線やエアコンによる乾燥などお肌が受けるダメージが多く、秋になるとそのダメージがお肌にダイレクトに出てきます。

そのため秋からは、特にシミやシワ、たるみ対策に特化した乳液やクリーム、美容液などを使用するのがおすすめです。

4.エイジングケアはできるだけ早めから始めましょう

お肌のピークは20代前半で、それ以降は徐々にお肌は老化していきます。

エイジングケアはシミやシワなどの症状が出る前に予防的に行っていないと、手遅れになることもあるので早めに始めるかどうかが将来のお肌の分かれ道となるでしょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る