夏にもエイジングケアは必要?

夏は美白ケアだけでなくエイジングケアも必要といえます


夏場はベタつきやすく紫外線が強くなるため、保湿ケアはあまり行わずに美白ケアのみに力を入れている人も多いのではないでしょうか。

たしかに夏は紫外線量が特に多くなるため、お肌にダメージを与え、シミやそばかすができやすくなってしまいます。

しかしエアコンなどによりお肌が乾燥するなど、実は夏場には隠れ乾燥肌も多いのです。

保湿ケアを怠りがちな夏こそ、保湿ケアが必要になります。

夏のエイジングケア方法やポイントについて見ていきましょう。

夏にきちんとエイジングケアを行っていないとお肌の乾燥や老化につながりやすくなります

夏になると「最近お肌が老けた気がする」と思った経験があるひとは、意外と多いのではないでしょうか。

夏場にお肌が老ける原因、は、次の2つが考えられます。

夏に合わせたエイジングケアやスキンケアが行えていない場合

具体的には次のようなことが挙げられます。

  • 紫外線対策が不十分でお肌がダメージを受けた
  • 落ちきれなかったメイクや皮脂が酸化した
  • エアコンなどによりお肌が乾燥した

お肌が上記のような状態になると、お肌のバリア機能が低下してお肌の水分が蒸発しやすくなったり、お肌のターンオーバーが乱れたりしてしまいお肌が老化する原因となってしまいます。

また、紫外線により活性酸素が大量に発生してしまい、ダメージが大きくなることも原因のひとつと言えるでしょう。

このような夏場の老化は放っておくと、インナードライや敏感肌になってしまうこともあるため、注意が必要です。

夏特有の疲労や体調不良などが、お肌に表れてしまう場合

夏場は気温も上昇し、夏バテや熱中症になる人が増えます。

夏バテしていなくても疲労感やストレスを感じることが多く、それがお肌に表れる場合も多いのです。

夏こそ保湿とエイジングケア徹底しましょう


夏場のケアは間違うと老化を進める原因になってしまうため、正しいケア方法を知ることが大切です。

夏場の適切なケア方法について紹介します。

余分な皮脂や汚れはやさしくしっかり落とす

メイクの汚れや皮脂が残っていると、酸化して肌トラブルや老化の原因になります。

夏場は汗をかくなど、皮脂の分泌量が増えるため余分な皮脂や汚れはしっかりと落とすことが大切です。

また、皮脂の落としすぎはお肌のうるおい成分であるセラミドや天然保湿因子までも落としてしまうため、1日に2回以上洗顔したり、ゴシゴシ洗ったりするのは避けましょう。

クレンジングや洗顔はそれぞれ1分程度を目安にし、洗顔はしっかりと泡立て泡で包み込むように洗っていきましょう。

夏場でも保湿化粧水を使う

夏場はさっぱりタイプの化粧水を使う人も多いものですが、夏でもインナードライ肌になる人も多いです。

インナードライ肌は脂性肌だと勘違いしやすいため注意が必要です。

夏場でもエアコンが効いた部屋にいることが多い場合などは特に、保湿化粧水や保湿成分の入った乳液や美容液などを使用することをおすすめします。

口コミだけに頼るのではなく、含まれている保湿成分をチェックしてから購入するといいでしょう。

おすすめの化粧水の保湿成分

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • アミノ酸誘導体
  • プロテオグリカン

お肌のうるおいやバリア機能をサポートしてくれるセラミドは、油溶性のため美容液やクリームなどで取り入れることをおすすめします。

夏のエイジングケアは紫外線対策も必須です

紫外線対策は徹底されているでしょうか。

夏場のエイジングケアや保湿ケアはもちろん大切ですが、夏は1年のなかでも紫外線が強くなる時期でもあるため、紫外線対策も重要です。

紫外線は1年中降り注いでいるため、夏以外の季節でも紫外線対策は必要ですが、特に夏場は徹底しましょう。

少しの時間でも直接浴びれば、お肌にダメージは蓄積されます。

日焼け止めはこまめに塗りなおすことが大切

朝日焼け止めを塗って帰宅するまでそのまま……という人も多いのではないでしょうか。

日焼け止めは一度塗れば、ずっと効果が持続するというわけではありません。

3~4時間おきにこまめに塗りなおすことが必要です。

日焼け止めはどのくらいのものを使ったらいい?

日焼け止めを購入する際に、どのくらいのものを買ったらいいのか悩む人も多いことでしょう。

基本的に海や山へ行くわけではなく普段使いの分であれば、夏でもSPFならSPF25~30、PAは++~+++程度で問題ないといわれています。

(まとめ)夏にもエイジングケアは必要?

1.夏は美白ケアだけでなくエイジングケアも必要といえます

夏は紫外線の量が増えるため、保湿ケアよりも美白ケアを中心に行いがちですが、夏はお肌が乾燥しやすい季節でもあります。

秋に向けて夏のダメージを残さないようにケアしていきましょう。

2.夏にきちんとエイジングケアを行っていないとお肌の乾燥や老化につながりやすくなります

夏場は紫外線量が増え、冷房によりお肌が乾燥しやすくなります。

夏に適切なケアを行っていないとお肌がダメージを受け乾燥しやすくなり、老化を進める原因となってしまいます。

また、疲労やストレスなども肌トラブルや老化の原因になるため、注意が必要です。

3.夏こそ保湿とエイジングケア徹底しましょう

夏場はお肌がダメージを受けたり乾燥したりしやすく、老化が進みやすいため、クレンジングや洗顔、保湿ケア方法などの見直しが必要です。

セラミドなどの保湿成分が含まれている化粧水や美容液などを取り入れて、エイジングケアを行っていくことが大切です。

4.夏のエイジングケアは紫外線対策も必須です

夏のエイジングケアには保湿ケアも重要ですが、紫外線対策を徹底することが大切です。

日焼け止めはこまめに塗り直し、日傘やサングラスなども活用して紫外線対策をし、エイジングケアを徹底していきましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る