エイジングケアに役立つ有効成分とは?

エイジングケアは肌を保湿する効果があるとされる有効成分を選ぶことが大切です


エイジングケア向けの化粧品にはさまざまな種類があり、有効成分も製品によって違っています。

そのため、例えば乾燥肌の方なら保湿を重視した成分が配合されていることをポイントとして選びましょう。

セラミドは保湿や保水に良い働きが期待されており、セラミド配合の化粧品は乾燥肌の方におすすめです。

他にも保湿に役立つといわれている成分には、ステアリン酸コレステロール・コレステロールエステルという細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)があります。

自分の肌質を知り、エイジングケアに生かしましょう

ひとりひとりの姿形が全く違うように、肌質についても同じものではありません。

そのため、ひとつの化粧品でエイジングケアに役立ったと喜ぶ方がいる一方、あまり変化が感じられなかったと感じる方もいるのです。

まずは自分の肌質が乾燥肌、脂性肌、混合肌のどのタイプにあたるかをチェックしてみましょう。

肌質がわかるとエイジングケアに役立つ適した成分がわかるはずです。

肌タイプは乾燥肌の他に脂性肌、混合肌、普通肌にわけられます。

乾燥肌は肌のバリア機能が弱って水分の維持がしにくい状態、脂性肌は皮脂量が多くニキビや吹き出物ができやすいといった特徴があります。

混合肌は皮脂量が多いけれど水分量が少ない、普通肌は水分や皮脂量が調度良く整った状態です。

肌に起きているまたは起こることが予想されるトラブルに対して、働きが期待できる有効成分が配合された化粧品を使ってエイジングケアを行いましょう。

エイジングケアに役立つといわれる成分が含まれた化粧品がおすすめです


エイジングケアに良いといわれる有効成分が配合された化粧品を健康な状態の使用すると、年齢肌に見られる肌トラブルの改善や予防に役立つでしょう。

そこで、乾燥肌と脂性肌それぞれでエイジングケアに効果が期待される有効成分を紹介します。

乾燥肌

セラミドは細胞間脂質のなかでも最も保湿に役立つ力が高いといわれており、細胞と細胞が剥がれないように固定する働きを持っています。

乾燥すると肌のバリア機能が壊れてそこから水分が減ってしまうため、保湿をしてからセラミドなどでカバーするとバリア機能を助ける役割が期待できます。

脂性肌

皮脂量が多いと雑菌が繁殖しやすく、皮脂の酸化も起こるため、毛穴などに炎症ができる可能性も高くなります。

角栓やニキビに働きが期待されている有効成分には、抗酸化作用があると言われているビタミンCとE配合の化粧品がおすすめです。

肌に合った方法での保湿も欠かせません

年齢と共に現れやすい肌のたるみやシミ・シワなどはエイジングケアをすることだけでは改善につながりません。

エイジングケアで使った化粧品がその効果を発揮しやすくするには、まずは肌を良い状態に整えて保つことが必要です。

そのために必要なお手入れは肌の保湿で、乾燥肌や脂性肌などタイプに合ったスキンケア化粧品を使ってきちんとお手入れしておきましょう。

それではスキンケアごとのポイントについて解説します。

洗顔

メイクを落とすときは刺激の強い物を使わず優しく洗い流せるタイプを使いましょう。

洗顔料で洗うときもよく泡立ててそっと円を描くように洗いますが、洗い流しにはぬるま湯か水がおすすめです。

その後、水分を拭き取る際には柔らかく刺激の少ないタオルでそっと押さえるように拭いていきましょう。

化粧水・乳液

洗顔後は余分な角質が落ちて無防備な状態になっているため、できるだけ早く化粧水を付けて水分を補ってあげましょう。

使う化粧水の成分に保水の働きがあると言われるヒアルロン酸やビタミンC誘導体、細胞間をつないで固定するとされるセラミドが含まれているものを選びましょう。

乳液は化粧水で肌に与えた水分が蒸発して逃げて行かないよう蓋をする役目があるので、忘れずにつけましょう。

どちらを付ける時もコットンでゴシゴシこすらず、押さえて肌になじませるようにする方法がおすすめです。

(まとめ)エイジングケアに役立つ有効成分とは?

1.エイジングケアは肌を保湿する効果があるとされる有効成分を選ぶことが大切です

乾燥肌の方のエイジングケアに役立つといわれる有効成分には、保湿の働きが期待されているセラミドがあり、セラミド配合の化粧品の使用がおすすめです。

その他の成分として細胞間脂質や天然保湿因子もあり、それらが配合された化粧品も役立つでしょう。

2.自分の肌質を知り、エイジングケアに生かしましょう

人それぞれ肌質は違っているため、同じエイジング化粧品を使っても同じような効果が期待できるとは限りません。

自分の肌タイプが乾燥肌・脂性肌・混合肌・普通肌のどれにあたるかを知り、適したエイジングケア化粧品を使いましょう。

3.エイジングケアに役立つといわれる成分が含まれた化粧品がおすすめです

年齢肌のトラブルは、きちんとスキンケアを行ったうえでエイジングケアをすると改善しやすくなるでしょう。

その際に乾燥肌ならセラミド、脂性肌ならビタミンCやE配合の化粧品の使用がおすすめです。

4.肌に合った方法での保湿も欠かせません

エイジングケア化粧品が効果を発揮しやすくするには、肌の状態を整えることが良いといわれています。

そのためには、毎日のスキンケアで優しく洗顔とタオルドライをし、セラミドなど配合の化粧水と乳液でお手入れをすることがおすすめです。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る