押さえておくべきスキンケアの基本は?

スキンケアで基本的なポイントは保湿することです


朝の洗顔後や夜お風呂上がりなどに毎日行っているスキンケアの大きな目的は保湿です。

肌を洗うことで余分な角質が取り去られ無防備な状態になった肌に水分を補給し油分でフタをすることで、正常な状態の肌へと導きます。

もし保湿が十分でなければ肌の奥の水分は逃げやすくなるため、乾燥した状態になると皮膚がたるんでシワになったり外部からの刺激に弱くなるためシミができたりしてしまうことがあります。

水分と油分をしっかり補う保湿を行いましょう

朝行うスキンケアではまず洗顔から始まりますが、ぬるま湯だけで洗うのも刺激が少ないので良い方法です。

しかし洗ってもまだ何かついていると感じれば少し洗顔料を付けて洗ってもかまいません。

夜の場合はメイク落としを洗顔の前にする必要があり、クレンジング剤は刺激が強い物も少なくないことから手早く行いましょう。

肌に優しいメイク落としではアイメイクのようなポイントメイクが落ちにくいこともあるため、別でメイク落としを用意することがおすすめです。

そして優しくタオルドライしたあとは化粧水をつけますが、使う化粧水はセラミド・ヒアルロン酸・ビタミンC誘導体などが含まれた製品を選ぶと特に肌の状態維持に役立ちます。

化粧水を手に取り肌を押さえるようにしてつけていきましょう。

その後は乳液や保湿液をつけ、乾燥しやすい口元や目元にはクリームをぬってさらに乾燥を防ぐこともおすすめです。

水分と油分をきちんと補ってから美容液などエイジングケア化粧品を使用すると、その効果が発揮しやすいと言われています。

保湿が十分でないとエイジングサインが現れやすくなることがあります


洗顔したあとの肌は、余分な角質が取り除かれたりふやけたりして柔らかくなっており、それに肌を保護している皮脂の量も減っています。

そのままでは水分が蒸発しやすく外部からの刺激を受けがちになるのでスキンケアを行うのです。

しかし、水分が不足するのだから化粧水だけ付ければ良いというわけではありません。

化粧水でしっかり水分補給をしてもそれだけではやはり蒸発してしまうので、減少した皮脂を補うための油分が必要になります。

もし、いつもしっかり化粧水をつけているにも関わらず肌の乾燥が改善されない、またはシワやたるみが増えてきたと感じるのであれば油分不足も原因のひとつかもしれません。

乾燥はシミ・シワ・たるみを引き起こすと言われているため、きれいな状態の肌を維持するには十分な保湿がおすすめです。

食事にもスキンケアをサポートする食材を取り入れましょう

肌のバリア機能を整えるお手伝いをスキンケアで行ったら、今度はインナーケアでも肌のバリア機能を高めていきましょう。

それにセラミドは栄養が不足しても減少してしまいやすいため、毎日の食事の栄養バランスも大切です。

インナーケアのひとつには、スキンケアにうれしい栄養素を含む食べ物を積極的にとることがあります。

肌をつくる元になるアミノ酸をしっかりとるためには、十分な良質のたんぱく質が必要なので、肉・魚・乳製品・卵・大豆製品などを積極的にとりましょう。

肌の代謝を整えることも正常な肌の状態の維持には欠かせないので、ビタミンAやC、亜鉛を含む食品もとることがおすすめです。

ビタミンAを含む食材は緑黄色野菜や豚レバー、ビタミンCは柑橘類、亜鉛を含む食材はカキや豚レバーなどがあります。

このうち豚レバーはビタミンAも亜鉛も含んでいるので、肌のインナーケアにはうれしい栄養素があわせて摂れることから便利な食材と言えるでしょう。

それから健やかな肌作りのためには控えめにしておきたい食品や成分もあるので一部をご紹介しておきます。

糖分や脂肪分の多い食品は体の酸化・老化を招きやすくなり、カフェインはビタミンCを壊す働きを持つ成分です。

冷たいものをとりすぎると体内の代謝がさがり、老廃物の排泄もスムーズにしづらくなるので肌トラブルを招くきっかけにることもあります。

(まとめ)押さえておくべきスキンケアの基本は?

1.スキンケアで基本的なポイントは保湿することです

毎日スキンケアを行う目的は肌の保湿で、洗顔で余分な角質を落としたあとの無防備な肌に水分を与えて油分でフタをすることにより、肌の状態を整えるお手伝いをします。

適切な保湿ができていればエイジングサインの予防や改善にも役立つのです。

2.水分と油分をしっかり補う保湿を行いましょう

洗顔はぬるま湯で行いメイク落としは刺激の少ないもので手早くしましょう。

使う化粧水はセラミド・ヒアルロン酸・ビタミンC導入配合のものがおすすめで、その後は乳液や保湿液の油分をつけて水分の蒸発を防ぎます。

3.保湿が十分でないとエイジングサインが現れやすくなることがあります

洗顔後の保湿は水分補給のための化粧水だけでは蒸発してしまいやすく、乾燥を招く恐れがあります。

そのため乳液などの油分もあわせてつけることで水分の蒸発を防ぐことが大切です。

4.食事にもスキンケアをサポートする食材を取り入れましょう

スキンケアで肌のバリア機能を高める以外にも毎日の食事からインナーケアしてサポートする方法があります。

そのために肌を作る元になるアミノ酸になる良質なたんぱく質を積極的にとり、ビタミンA・C、亜鉛も適度ににとりましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る