30代で混合肌ならどんなスキンケアがいいの?

30代で混合肌の人は保湿をしっかりと行ってからエイジングケアをしましょう


30代になると毛穴が開きやすくなったり乾燥が増したりするため、これまで行ってきたケアの方法を見直す必要があります。

それまでも混合肌だった場合はより悪化する可能性もあるため、汚れを落として十分な保湿ができているか確認しましょう。

そして、30代混合肌の人におすすめの保湿アイテムは、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を配合したタイプのものです。

しっかりと水分を与えて保湿ケアができたら、シミやシワなど気になるエイジングサインのお手入れをしましょう。

30代になると肌は毛穴の開きなどが目立つようになります

30代になる以前から混合肌だった場合、年齢と共に悪化する可能性があるでしょう。

なぜなら30代になると肌では毛穴が開く、小ジワができるといった変化が起きるようになり、皮脂が過剰に分泌されたり乾燥がひどくなったりしやすいためです。

すると混合肌の状態も悪化しやすく、TゾーンのベタつきやUゾーンの乾燥が増してしまいます。

重なったダメージによる

30代になって現れる毛穴の開きや小ジワはこれまで肌に蓄積されてきたダメージが原因となっており、乾燥が原因のものは保湿ケアで改善を期待できます。

しかし乾燥や紫外線などのダメージを受け続けると毛穴の開きやシワ、混合肌を悪化させる可能性もあるのです。

20代までのスキンケアを見直す時期

30代になるとそれまでのスキンケアでは十分ではなくなってくるため、改めて肌質に合ったお手入れ方法に切り替えることが必要です。

混合肌で悩んでいる場合は、30代の肌ということも考えてスキンケアの方法を選びましょう。

汚れなどを落としてから保湿を行いましょう


30代で混合肌の場合に大切にしたいスキンケアのポイントは、汚れを落として保湿をすることです。

肌のターンオーバーが年齢と共に遅くなってくることも考えて、汚れを落とすケアも丁寧に行いましょう。

汚れを落とすケアとは

メイクはもちろん、メイクをしていなくてもほこりや余分な皮脂、古くなった角質などが肌についているので、そのままの状態で保湿ケアを行っても水分を浸透させることは難しいでしょう。

それだけでなく、肌トラブルを招いて混合肌を悪化させるかもしれないため、まずはメイクなどの汚れを優しく落とすことが必要です。

保湿の目的

肌には本来バリア機能があり自ら守ろうとしていますが、年齢や環境などの要因からその機能が低下する場合もあります。

そこでバリア機能を正常に保つためには肌の角層に水分を与えることがおすすめで、さらに油分とのバランスを上手に取るケアをすると肌の状態を健やかに保つでしょう。

保湿アイテムの選び方

30代の混合肌を改善するためにおすすめの保湿アイテムは、成分にセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など保湿に良いと言われる物が配合されていることです。

ただしオールインワンタイプは避けて、化粧水で水分補給をしてから部分ごとにタイプに合った乳液でケアしましょう。

エイジングケアは十分な保湿ができた上で行うことです

混合肌はべたつく部分とカサつく部分がある肌質ですが、基本的に乾燥がある上での状態です。

そのためまず保湿をして肌を整えてから30代の肌に必要なエイジングケアを行った方が、その効果を発揮しやすくなるでしょう。

エイジングサイン別のケア

くすみ

古くなった角質が原因のくすみは、たまにピーリングを行って取り除きましょう。

その際にはAHA配合のピーリング用石けんや酵素配合の洗顔料を使うことがおすすめです。

週1~2回の頻度が行う目安と言えます。

シミ

美白向け化粧品には、シミの元になるメラニンをつくらないようにするメラニン生成抑制作用と、シミを薄くすると期待されるメラニン還元作用の2パターンのものがあります。

そのため、場合や自分の肌のケースに適したものを選びましょう。

具体的に抑制したい時はプラセンタエキス配合のもの、シミを薄くしたい時はビタミンC誘導体配合の物をおすすめします。

たるみ

30代になると顔の筋力も低下しやすくなるため、エクササイズをすることでたるみ防止に役立つと言われています。

例えば前を向いた状態で大きく口をあけて、あいうえおと発音したり、頬を膨らませ戻すことを行ったりする方法があります。

(まとめ)30代で混合肌ならどんなスキンケアがいいの?

1.30代で混合肌の人は保湿をしっかりと行ってからエイジングケアをしましょう

30代の混合肌ケアは、汚れを落としてから保湿をすることが必要です、それからエイジングケアを行いましょう。

それまで重なったダメージがエイジングサインとなりやすいですが、保湿をしっかりしておくと改善しやすいとも言われています。

2.30代になると肌は毛穴の開きなどが目立つようになります

30代になると肌はそれまでとは違い、毛穴が開きやすく小ジワができやすくなってきます。

そして混合肌の状態も悪化しやすいため、十分な保湿により防ぐことがおすすめです。

3.汚れなどを落としてから保湿を行いましょう

30代で混合肌の場合には、汚れなどを落としてから保湿をすることがポイントです。

メイクやほこり、皮脂、古くなった角質を取り除いた状態で水分を与えると肌に浸透しやすくなるでしょう。

年齢と共に衰えるバリア機能を保湿で補うことも目的です。

4.エイジングケアは十分な保湿ができた上で行うことです

まず十分な保湿を行ってから気になるエイジングサインのお手入れをしましょう。

くすみはたまにピーリングを行って古い角質を落とし、シミは予防と改善の目的に合った物を選んで、たるみは顔の筋力低下の運動がおすすめです。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る