エイジングケアに栄養素は関係あるの?

エイジングケアと栄養素は深く関係しているといえます


「エイジングケア」と聞くと、基礎化粧品などを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

もちろんエイジングケアに特化した基礎化粧品も効果的ですが、私たちは食べた物で皮膚などもつくられるため、老化と栄養素は深く関係しているといえます。

どんなに良い基礎化粧品を使っていても、食生活や生活習慣が乱れていては老化を早める原因になってしまいます。

老化を少しでも遅らせるためには、食生活を見直すことが大切です。

エイジングケアに効果的な栄養素を積極的に摂るようにしましょう。

食事の基本「まごわやさしい」を意識しましょう

毎日取りたい食材の頭文字を取った、「まごわやさしい」という言葉をご存知でしょうか。

この「まごわやさしい」の食材は、低カロリーで栄養価の高い優良な食材のことを指していますが、健康だけでなくもちろんエイジングケアや美肌作りにも効果的です。

ぜひ毎日の食事に「まごわやさしい」を取り入れてみましょう。

「まごわやさしい」の食材について説明していきます。

ま……豆類
ご……ゴマなどの種実類
わ……わかめなどの海藻類
や……野菜
さ……魚
し……シイタケなどのキノコ類
い……いも類

毎日のスキンケアも大切ですが、食材は私たちの身体をつくるのものであるため、食べた物によってお肌は影響されます。

伝統的な日本食は理にかなっているものが多く、全体的な栄養バランスも高いため、美容や健康に良いと世界中で注目されています。

エイジングケアには豆類や玄米がおすすめです


健康的でエイジングケアにも効果が期待できる「まごわやさしい」は、食事の基本ともいえます。

老化のスピードを抑制する効果が期待できる食材や栄養素についてご紹介します。

大豆製品

大豆はGI値も低く、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをすることで知られています。

大豆にはイソフラボン、植物性たんぱく質、ビタミンEなどの栄養素が含まれています。

加齢により女性ホルモンであるエストロゲンは減少していきますが、大豆製品を摂ることで女性ホルモンを補う効果があるといわれています。

大豆製品には豆腐や納豆、味噌、豆乳などがありますが、加工方法などによっては高カロリーになってしまうこともあるためよく選んでから購入するようにしましょう。

玄米

白米を食べている人が多いものですが、玄米に変えてみるのもいいでしょう。

玄米には食物繊維やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれており、栄養価も高いため健康や美肌効果も期待できます。

また、玄米にはビタミンEが含まれているため、高酸化作用もあるといわれています。

しかし、玄米は栄養価も高くおすすめですが、よく噛まないと消化不良などの原因になってしまうことがあります。

しっかり噛むことを意識しましょう。

プルーン

プルーンには食物繊維が豊富に含まれており、水溶性と不溶性いずれの食物繊維もバランスよく摂ることができます。

また、強い抗酸化作用を持つカロテンやビタミンEなどを含んでいるため、活性酸素を除去する効果が期待できます。

栄養バランスに気を付けることが大切

エイジングケアにいいからといってその食材だけを食べればいいというわけではありません。

全体的にバランスの取れた食事を心がけることが大切です。

上記の他にも健康的なお肌をつくるのに欠かせないビタミンAや、新陳代謝を高めるビタミンB群なども必要です。

積極的に色々な野菜を摂るようにしましょう。

老化を早めてしまう食べ物はできるだけ避けましょう

食材にはエイジングケアに効果的なものもありますが、反対に老化を早めてしまうものもあります。

エイジングケアに効果的な食材を食べるだけでなく、老化のスピードを速めてしまう食材はできるだけ控えるようにしましょう。

老化を早めてしまう食材には、次のようなものがあります。

  • トランス脂肪酸を含む食品
  • 砂糖
  • 人工甘味料
  • アルコール
  • 揚げ物
  • 炭水化物
  • 栄養ドリンクなど

特にトランス脂肪酸は世界中で危険だといわれているため、できるだけ摂らないように気を付けましょう。

トランス脂肪酸は次のような食べ物に含まれています。

  • マーガリン(ファットスプレッド)
  • ショートニング
  • ビスケットなどのお菓子類
  • スナック菓子
  • アイスクリーム
  • チョコレートやケーキ
  • マヨネーズ
  • 食パンや菓子パン
  • バターなど

(まとめ)エイジングケアに栄養素は関係あるの?

1.エイジングケアと栄養素は深く関係しているといえます

私たちの身体は食べた物でできているため、食べ物と老化には深い関係があります。

基礎化粧品だけでなく、食生活や生活習慣などを見直して、エイジングケアを行っていくことが大切です。

2.食事の基本「まごわやさしい」を意識しましょう

低カロリーで栄養価の高い健康的な食材である「まごわやさしい」を意識して、毎日の食事に取り入れることで健康的なだけでなく、美肌やアンチエイジング効果が期待できます。

食生活を一度見直してみましょう。

3.エイジングケアには豆類や玄米がおすすめです

エイジングケアには大豆製品や玄米を摂ると効果的です。

大豆に含まれるイソフラボンには、加齢に伴い減少する女性ホルモンである「エストロゲン」と似たような作用があるといわれています。

4.老化を早めてしまう食べ物はできるだけ避けましょう

トランス脂肪酸を含む食べ物や甘いもの、揚げ物などは、老化のスピードを速めてしまうといわれています。

積極的に「まごわやさしい」を取り入れ、老化を早める食材は避けるようにすることが大切です。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る