紫外線が原因で肌トラブルを起こすのはどうして?

紫外線による肌トラブルの原因はA波とB波による影響です


紫外線にはA波とB波と呼ばれるものがあります。

A波というのは肌を作るコラーゲンを破壊する働きがあり、コラーゲンが作られなくなってしまうと、肌が元気がなくなってしまい水分を十分に保つことができず、たるみなどが出てきます。

B波というのは、肌にあたることでメラニンを刺激して黒い色素を放出します。

紫外線対策は遅くとも4月には始めるべきです

紫外線対策は、紫外線が強くなる夏だけ行えば良いと思われる方も多いようです。

しかし、実は夏になる前の春の時点から紫外線対策は行うようにしなければなりません。

意外に思われるかもしれませんが、夏というのは実は天気の悪い日も多いため、紫外線が100パーセント全て降り注いでいるのかというと、実はそうとは限らないのです。

雲ひとつない晴天などであれば、もちろん紫外線の影響をもろに受けてしまいますが、そうでない場合も多くあります。

その点、春の場合は、風自体がまだまだ冷たくても、晴れの日が非常に多いために直接紫外線を浴びる確率が非常に高くなるのです。

また春というのは、夏に比べると肌がとても乾燥しやすい状態です。

空気が乾燥しているため肌の水分はどんどん蒸発してしまい、肌の表面を保護している皮脂もなくなっていきます。

そういったことからも、肌の表面が皮脂に保護されておらず、強い刺激を受けてしまう可能性が高いのです。

肌の乾燥は紫外線の影響を直接受けてしまうというデメリットがありますので、しっかりと紫外線対策、乾燥対策を行う必要があります。

遅くとも春から日焼け止めなどを使用した紫外線対策は必須なのです。

冬にも紫外線対策は必要です


紫外線対策においてとても重要なポイントとなるのは紫外線の強さだけでなく、紫外線をどれくらいの時間浴びるのかということです。

季節が変わったからといって、紫外線の降り注ぐ量が大きく変化するのかといえば実はそうではありません。

冬でももちろんたっぷりと紫外線が降り注いでいます。

夏場であれば、15分から20分程度でも外出する場合には、紫外線対策をすると思いますが、冬場の場合には紫外線対策をしないで外出してしまう人も多いのではないでしょうか。

冬場だからと紫外線対策をせずにいると、夏場よりも紫外線を浴びる量自体は多くなってしまいます。

冬場でも油断するのではなく、しっかりと紫外線対策を行うと同時に室内にいるときなどでも窓際やベランダにいるのであれば紫外線対策が必要になります。

肌が黒くならないから、紫外線を浴びていないのだろう、と勘違いしてしまう人も多いです。

紫外線には2つの種類があって色を黒くする紫外線と、肌のたるみや乾燥の原因となる紫外線とがあります。

冬場には肌がそこまで黒くならないために気づかないだけで、夏場と同じように紫外線による影響は毎秒を受けているということを忘れてはなりません。

紫外線対策は肌に優しいものが基本

紫外線対策をする必要がある、というのは分かっていてもどのようにして対策を行えばよいのか分からないという人は少なくないでしょう。

紫外線対策において最も基本となるのは、肌に対してしっかりと優しいものかどうかです。

メイクを使用する時の下地は、肌に優しい紫外線散乱剤を使用しているものがおすすめです。

ただし、スポーツや汗をかきやすい状況下にいる場合には、肌に優しい紫外線散乱剤の下地などを使用しても汗で流れてしまいます。

そのような場合には、汗にも比較的強いとされている耐水機能のある紫外線吸収剤を使用すると良いでしょう。

そして、汗のかきやすい状況ではなくなってから、再び肌に優しい紫外線散乱剤を使用している日焼け止めなどを使用すると良いでしょう。

紫外線対策において何よりも重要になることは、どれだけ紫外線を効率よくブロックするのか、ということです。

高級な紫外線対策グッズを使用しても、こまめに塗り直すなど、状況に応じた紫外線対策を行っていなければ意味がないのです。

一度塗ったら塗りっぱなし、汗をかいたり水に濡れたりするのにも関わらず普通の紫外線対策グッズ使用する、というのでは十分に紫外線対策を行うことができないので、しっかりとその点については理解しておくようにしてください。

(まとめ)紫外線が原因で肌トラブルを起こすのはどうして?

1.紫外線による肌トラブルの原因はA波とB波による影響です

紫外線にはA波とB波と呼ばれるものがあり、それらを浴びることによって肌は様々なダメージを受けます。

たるみが出てしまったり、日焼けをしてしまったりなどといった症状はこれらによるものだと考えられているのです。

2.紫外線対策は遅くとも4月には始めるべきです

紫外線対策は夏場だけ行えば良いというものではありません。

遅くとも4月には紫外線対策を開始する必要があります。

紫外線は夏だけでなく春にも降り注いでいるので、春にも紫外線対策を行いましょう。

3.冬にも紫外線対策は必要です

紫外線はどれくらいの時間浴びているのか、というのがとても重要な問題です。

夏場の様に肌が黒くならないからといって、肌が紫外線を浴びていないのかといえばそんなことありません。

夏場と同じように紫外線対策は絶対に忘れずに行う必要があるのです。

4.紫外線対策は肌に優しいものが基本

紫外線対策をするのであれば、肌に優しく、尚且つ紫外線ブロックの効果が高いものでなければなりません。

また状況に応じた紫外線対策を行わなければ、十分に紫外線ブロック効果を期待することができないので、注意してください。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る