肌トラブルが起きやすい冬。その原因は何?

冬に肌トラブルが起きやすいのは、気温や湿度の低下による乾燥が原因です


冬は一年の中でも肌トラブルが起きやすい季節だといえますが、その原因は主に気温や湿度の低下による乾燥だと考えられています。

お肌の乾燥により保湿成分が失われ、それと共に肌のバリア機能が低下し、外的刺激のダメージを受けやすい状態になってしまうのです。

冬は様々な肌トラブルが起こりやすいと考えられています

冬は肌トラブルが起きやすい季節です。

ここでは、冬に起きやすい肌トラブルをいくつか挙げていきましょう。

敏感肌・乾燥肌

冬は、季節性の敏感肌、乾燥肌になりやすいです。

お肌がカサカサしたり、粉を吹いたり、化粧水を付けた時にピリピリとした痛みがあったりすることがあります。

また、乾燥肌は悪化すると乾燥性湿疹になることもあり、症状が広範囲になってしまう恐れがあります。

ニキビ

ニキビは皮脂が多い時だけでなく、乾燥することでできる場合もあります。

むしろ、乾燥により角質層の水分が不足し、肌のバリア機能が低下すると、大量の皮脂が分泌されることになります。

それがニキビの原因になってしまうと考えられています。

クマ、くすみ

温度の低下により血行不良が起きると、肌の新陳代謝も悪くなってしまうといいます。

そのため、目の下にクマができやすくなったり、お肌がくすんで見えたりすることがあります。

気温や湿度の低下、生活習慣の乱れが肌トラブルの原因になります


冬は様々な肌トラブルを起こしやすい季節ですが、それはなぜでしょうか?

肌のバリア機能が低下すると肌トラブルを起こしやすくなりますが、肌のバリア機能を低下させるのは乾燥が大きな原因だと考えられます。

お肌の潤いを保てる湿度は65%~75%だといわれています。

8月~9月にかけて70%を越している湿度が、1月~2月にかけて50%を切る状態になるといいます。

湿度の低さにより肌の保湿成分が失われ、バリア機能が低下し、外的刺激のダメージを受けやすい状態になってしまうのです。

また、気温の低下による血行不良も肌トラブルの原因となります。

寒さにより毛細血管が収縮し、お肌に必要な栄養分や酸素が十分に行き渡らなくなってしまいます。

それにより新陳代謝が衰え、肌のターンオーバーを乱してしまう可能性があるのです。

さらに、冬の時期はクリスマスパーティーや忘年会などイベントが多く、生活習慣が乱れがちです。

栄養の偏った食事や睡眠不足、ストレスなどが原因でホルモンのバランスを崩すことや、肌の機能を低下させてしまうことがあります。

肌トラブルはスキンケアだけが原因で起こるとは限らないといえます。

冬の肌トラブルを防ぐために、適切なスキンケアを行いましょう

生活習慣はまだしも、気温や湿度の低下は私たちの努力で変えられるものではありません。

そこで、冬の肌トラブルを防ぐための対策法をいくつかご紹介していきたいと思います。

保湿重視のスキンケアを行う

乾燥を防ぐためには、保湿が良いといわれています。

保湿のためのスキンケアは水分の補給だけでなく、水分を保持することが重要だといえます。

洗顔後、まず、お肌に潤いを与えるために化粧水をたっぷりとつけます。

その後、水分が蒸発しないよう、油分の多い乳液やクリームなどで「フタ」をしてあげることが大切です。

過剰な洗顔は控える

冬でも洗顔は必要ですし、肌トラブル予防のために肌を清潔に保つことが大切です。

しかし、一日に何度も洗顔を行うことや、洗浄力の強すぎる洗顔料を使用することは控えた方が良いです。

特に、クレンジングを行う時は、強く擦りすぎないように注意が必要です。

お肌に負担をかけてしまうことで角質層の保湿機能やバリア機能の低下を招く恐れがあります。

マッサージで血行促進する

寒さによる血行不良を改善するためには、適度なマッサージが必要です。

摩擦で肌にダメージを与えないよう、マッサージ用のクリームなどを使用すると良いでしょう。

また、蒸しタオルや半身浴などもおすすめです。

(まとめ)肌トラブルが起きやすい冬。その原因は何?

1.冬に肌トラブルが起きやすいのは、気温や湿度の低下による乾燥が原因です

冬に肌トラブルが起きやすいのは、気温や湿度の低下によるお肌の乾燥が原因だといわれています。

保湿成分が失われ肌のバリア機能が低下すると、外的刺激のダメージを受けやすくなってしまうのです。

2.冬は様々な肌トラブルが起こりやすいと考えられています

冬は様々な肌トラブルが起きやすい季節です。

例えば、お肌がカサつく、痛みがあるなどの敏感肌や乾燥肌、乾燥によるニキビ、血行不良が原因のクマやくすみなどが挙げられます。

3.気温や湿度の低下、生活習慣の乱れが肌トラブルの原因になります

冬は湿度が低く乾燥しやすいですが、これが肌のバリア機能を低下させる原因だといわれています。

また、気温の低下による血行不良、生活習慣の乱れなども肌トラブルを起こす原因と考えられています。

4.冬の肌トラブルを防ぐために、適切なスキンケアを行いましょう

気温や湿度の低下による肌トラブルを防ぐためには、普段のスキンケアで対策していくのが良いといえます。

その方法として、保湿重視のスキンケアを行うことやお肌に負担をかけないように洗顔すること、マッサージで血行促進することなどが挙げられます。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る