花粉症による肌荒れにはどんな症状があるの?

花粉症による肌荒れの症状で多いのは乾燥です


花粉症を発症するとサラサラとした水のような鼻水が流れ落ちるため、鼻をかむ回数がとても多くなります。

またマスクを使用することも多くなるため肌が摩擦によって乾燥し、皮がむけて肌荒れを起こしやすい状態になります。

花粉症の症状が出やすい春は風の強い日も多く、PM2.5や外気によって肌が乾燥することもあります。

日差しもだんだんと強くなるため、紫外線を浴びることによって肌の乾燥が進みやすくなります。

花粉症による肌荒れの症状にはセラミドとヒアルロン酸が有効です

花粉症によって肌荒れの症状が出てしまうのは、肌が乾燥することでバリア機能が低下してしまうことが原因として考えられます。

乾燥して肌荒れが起きた肌はとても敏感な状態になっているため、普段使っている化粧品が一時的に合わなくなることがあります。

そんな時は肌のバリア機能を高め、刺激が少なく肌にやさしいセラミドやヒアルロン酸が配合された化粧品がおすすめです。

セラミドとヒアルロン酸は保湿効果の高い成分として知られていますが、この2つの成分にはどのような違いがあるのでしょうか。

セラミドは最も表面に近い表皮の部分に存在し、水分を抱え込んで肌を保湿する役割があります。

細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質のひとつでもあるので、肌のバリア機能が高まるのはセラミドの働きによるものです。

一方、ヒアルロン酸は表皮より深い真皮と呼ばれる層に存在しており、1グラムあたり6リットルという高い保水力を持っています。

ヒアルロン酸が充分に水分を蓄えていることで肌に弾力が生まれ、潤いを保つことができます。

上記のことから、セラミドとヒアルロン酸が入った化粧品は花粉症による肌荒れの症状を改善するのに適していると言えるでしょう。

セラミドとヒアルロン酸は加齢によって減少します


保湿効果を持つセラミドとヒアルロン酸は、どちらが不足しても潤いのある健康な肌を保ち続けることはできません。

この2つの成分は肌の保湿をする上で、欠かせない成分となります。

ヒアルロン酸で真皮の保水力を高め、角質層にあるセラミドで保湿力とバリア機能を高めることが大切になってきます。

どちらも肌のバランスを整えるために重要な成分となるため、不足しないようなスキンケアが求められてきます。

ところがセラミドもヒアルロン酸も年齢を重ねることで徐々に減少していく傾向があります。

セラミドは20歳を過ぎた頃から減り始めますが、20歳前後を100%だとすると、40歳前後でのセラミド含有量は約50%、70歳前後で約30%にまで落ち込みます。

ヒアルロン酸は40代後半から減り始めますが、40代半ばまではほぼ100%の状態をキープしています。

40代後半になると急激な変化が訪れ、60歳前後で50%、70代半ばになると20%を切るまでに数値が低下します。

花粉症による肌荒れの症状は加齢と共に深刻度が増すことがあるため、保湿を意識した丁寧なスキンケアを意識しましょう。

花粉症による肌荒れの症状を和らげるために効果的な化粧品の選び方があります

花粉症による肌荒れの症状を改善するためには、まず化粧品の選び方からマスターしましょう。

ヒアルロン酸が含まれた化粧品の選び方

ヒアルロン酸には分子が大きいため、真皮や角質層まで届きにくいという特徴があります。

低分子化したヒアルロン酸であれば角質層に浸透しやすく、ヒアルロン酸が肌の奥に行き届きます。

とはいえ、高分子のヒアルロン酸にも肌に嬉しいメリットがあります。

低分子のヒアルロン酸と比べて肌がしっとりとし、保湿が持続する時間も長くなります。

季節や肌のタイプによって、使い分けるとより効果的です。

セラミドが含まれた化粧品の選び方

セラミドがそのまま配合されたような化粧品では、保湿の効果は薄いと考えられています。

角質層まで浸透しやすいようナノ化されたものがおすすめです。

(まとめ)花粉症による肌荒れにはどんな症状があるの?

1.花粉症による肌荒れの症状で多いのは乾燥です

花粉症にかかると鼻をかむ回数が増え、マスクを使用することも増えるため、摩擦によって肌が乾燥しやすくなります。

また春は風が強く吹く日が多く、PM2.5や紫外線量も増えることから、肌が乾燥しやすい季節であると言えます。

2.花粉症による肌荒れの症状にはセラミドとヒアルロン酸が有効です

花粉症による肌荒れの原因は、肌が乾燥することでバリア機能が低下してしまうからだと考えられています。

肌を保湿しバリア機能を高めるには、肌にやさしいとされるセラミドやヒアルロン酸が入った化粧品を使うことが有効です。

3.セラミドとヒアルロン酸は加齢によって減少します

保湿効果のある成分の代表格がセラミドとヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸は真皮の保水力を高め、セラミドは角質層にある保湿力とバリア機能を高める作用があります。

どちらも肌の保湿を守るためには欠かせない成分となります。

4.花粉症による肌荒れの症状を和らげるために効果的な化粧品の選び方があります

花粉症による肌荒れの症状を改善していくためには、ヒアルロン酸やセラミドが配合された化粧品を選ぶと効果的です。

肌への浸透度を考慮し、低分子化されたヒアルロン酸やナノ化されたセラミドなどが入ったものが肌の保湿力を高めます。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る