肌荒れと肌の赤みは花粉症のせい?

花粉症シーズン中の肌荒れと肌の赤みは花粉症が原因である可能性があります


気候の変化や食べ物によるアレルギーなど、肌荒れや肌の赤みが生じる原因はいくつも考えられます。

花粉症のシーズン中にくしゃみや目のかゆみなどを感じていて、なおかつ肌荒れや肌の赤みも起こっているようであれば、肌トラブルも花粉症によるものだと考えられます。

花粉症の症状は人によって表れ方が違うため、中には肌荒れや肌の赤みが目立ってしまう人もいます。

症状が気になるからといって不必要に指で患部に触れると悪化してしまうこともあるため、刺激を与えないようにすることが大切です。

花粉症の肌トラブルとアトピー性皮膚炎が一緒に出ることがあります

花粉症による肌荒れと肌の赤みはアトピー性皮膚炎を持っていると悪化しやすく、アトピー性皮膚炎は花粉症を持っていると悪化しやすいという相互関係があります。

アトピー性皮膚炎のおよそ3割は花粉症シーズン真っ最中の春先に悪化しやすいとも言われますが、これはアトピー性皮膚炎の人がもともと肌のバリア機能が弱いことが原因となっています。

バリア機能が弱いと花粉が皮膚に付着した時に、刺激を感じやすくなります。

刺激を感じるとつい肌をかいてしまうこともあり、肌荒れと肌の赤みがますます悪化してしまいます。

普段はアトピーの症状がほとんどない人でも、花粉症のシーズンのみ肌荒れや肌のかゆみなど、アトピーの症状を起こすことがあります。

処方せんを服用することで抑えられることもありますが、症状があまりにひどい場合は、刺激の少ない化粧品や石けんで症状が改善されることもあります。

また花粉症の代表的な症状と言えばくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどになりますが、アトピー性皮膚炎の症状を併発すると、目や鼻の周囲といった比較的敏感な部分の肌荒れと肌の赤みがひどくなる恐れがあります。

それをきっかけに症状が広がってしまうこともあるため、早めにケアするようにしましょう。

花粉症による肌荒れと肌の赤みを改善するには保湿が重要です


花粉症が原因で肌荒れと肌の赤みが出ている素肌は、刺激に弱い敏感な肌状態になっています。

敏感肌を刺激から守るには、徹底的に保湿をすることがポイントです。

肌のすみずみまで水分が行き渡ることで、肌のバリア機能も回復していきます。

基本的なスキンケアの方法としては化粧水できちんと水分を補った後、乳液やクリームなどでふたをすると肌の水分を逃しません。

洗顔後の肌は水分がどんどん失われていくため、洗顔後はなるべく早く化粧水で水分を与えましょう。

化粧水は自分の肌に合ったものを選ぶのはもちろんですが、とろみのあるタイプよりもサラサラとしたタイプの方が肌に浸透しやすいです。

スキンケア用のアイテムは無香料や低刺激のものなど、敏感な肌でも安心して使えるものにしましょう。

アトピーや乾燥肌の方はオリーブオイルや、スクワランオイルなどを仕上げに使うことも効果的です。

オメガ3系の油を摂取して身体の内側から花粉症対策をしましょう

花粉症に負けない肌を作り上げるためには、普段から口にするものにも心を配ってみましょう。

特に「オメガ3」は花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギーに対抗するために注目したいもののひとつです。

脂質を大きく分類すると飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられますが、飽和脂肪酸は肉や乳製品などの動物性の脂肪であり、不飽和脂肪酸はベニバナやコーン、オリーブといった植物性の脂肪になります。

さらに不飽和脂肪酸は人間の体内では作ることができないため、食事によって摂取が推奨されている「必須脂肪酸」となっています。

この必須脂肪酸にはオメガ3とオメガ6がありますが、それぞれが真逆の作用を持っています。

  • オメガ3
    アレルギー、炎症、血栓の抑制、血管拡張など
  • オメガ6
    アレルギー、炎症、促進、血液の凝固

オメガ3とオメガ6は1:4の割合で摂取することが望ましいとされていますが、食文化の欧米化に伴い、現代の日本人はオメガ6の摂取量が圧倒的に多いと言われています。

オメガ6の摂り過ぎはアレルギーの悪化を招くため、サラダ油やマヨネーズに替えて、アマニ油やエゴマ油などのオメガ3系の油を意識して摂取しましょう。

(まとめ)肌荒れと肌の赤みは花粉症のせい?

1.花粉症シーズン中の肌荒れと肌の赤みは花粉症が原因である可能性があります

くしゃみや目のかゆみといった花粉症特有の症状と共に、肌荒れと肌の赤みを感じるような場合、それらも花粉症による症状である可能性が高いです。

花粉症の症状は人によって肌トラブルとなって表れることがあります。

2.花粉症の肌トラブルとアトピー性皮膚炎が一緒に出ることがあります

花粉症とアトピー性皮膚炎には相互関係があり、花粉症の人はアトピー性皮膚炎が悪化しやすく、アトピー性皮膚炎の人は花粉症が悪化しやすい特徴があります。

アトピー性皮膚炎は花粉症シーズン中に悪化しやすく、肌のバリア機能の低下が原因となっています。

3.花粉症による肌荒れと肌の赤みを改善するには保湿が重要です

花粉症で肌荒れと赤みが出てしまった肌を回復させるためには、保湿が何よりも大切です。

無香料や低刺激のものなど、敏感な肌でも使用できるアイテムでスキンケアを行いましょう。

丁寧なスキンケアが健やかな肌を築きます。

4.オメガ3系の油を摂取して身体の内側から花粉症対策をしましょう

アマニ油やエゴマ油といったオメガ3系の油にはアレルギーを抑制する作用があるとされ、摂取することが推奨されています。

サラダ油やマヨネーズなどのオメガ6系の油は過剰摂取するとアレルギーが悪化する可能性があるので注意しましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る