花粉症は肌にどんな影響があるの?

花粉症による影響で多いのは肌のかゆみです


花粉症による肌への影響で最も多いのが、かゆみを感じるというものです。

ほかにも乾燥する、化粧ノリが悪くなる、ヒリヒリとした刺激を感じるなど、いずれも軽視できない肌トラブルを招きます。

花粉症はアレルギー症状であるため、どうしても鼻水や涙をティッシュで顔を拭う回数が増えてしまう傾向があります。

それによって肌への摩擦が生じ、肌にダメージを与えやすくなります。

摩擦による皮むけが起き、ますます乾燥が進んでかゆみや刺激を感じやすい状態となります。

花粉症による影響で肌にかゆみが起こる理由があります

花粉症の影響で肌にかゆみが生じるのは、身体に備わった免疫機能が花粉に過剰反応したことが原因です。

人間の身体には、外部から細菌やウィルスなどの異物が侵入するのを防ぐための免疫機能がありますが、花粉を異物であると認識した免疫機能が過剰に働き、ヒスタミンを大量に放出するとそれが刺激となって肌にかゆみが起こります。

実は花粉そのものは人間の身体にとって、さほど悪いというものではありません。

ところが免疫機能が花粉に対して過剰反応してしまうことがあり、一度異物であると認識されてしまうと、その後は花粉が肌に付着しただけでアレルギー反応を起こすことになります。

くしゃみ、鼻水といった花粉症の症状は、この過剰反応の影響によって引き起こされています。

鼻のかみ過ぎやマスクの使用など肌への摩擦が起こり、肌がダメージを受けて乾燥する原因となります。

乾燥が進むとやがて肌のバリア機能も失われていき、乾燥はさらに悪化してかゆみを伴うなど、深刻な肌トラブルに繋がります。

肌のターンオーバーを整えましょう


健やかな肌を保つには肌のターンオーバーが大切であるという話を、耳にしたことは多いのではないでしょうか。

この肌のターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことを指しています。

肌の中で生まれ変わった細胞は新陳代謝を繰り返しながら徐々に表面に近いところへ押し上げられます。

役割を終えて姿を変えた細胞はやがて垢となって、表皮の部分で剥がれ落ちていきます。

肌のターンオーバーが正常に行われていれば、ニキビ跡やシミなども色素沈着をせず、次第に改善されます。

ところがこのターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、シミやくすみなどが改善されず肌に残ってしまうことになります。

正常なサイクルは28日周期であると言われていますが、年齢を重ねるごとに長くなっていき、不規則な生活習慣でも乱れやすくなります。

ターンオーバーのサイクルは短すぎても肌に悪影響があり、育ち切っていない細胞が表面に押し出されることになるため、バリア機能の弱い肌状態となってしまいます。

未熟な肌細胞では充分に肌を守ることができず、かゆみが生じたり、赤みや乾燥が表れたりなどの肌トラブルを招きます。

肌に良いとされる栄養素を摂取しましょう

美しく健やかな肌を目指すのであれば、身体の内側から綺麗になることを意識してみましょう。

肌に良いとされる栄養素は数多くありますが、中でもビタミン類は美肌の強い味方になります。

特にビタミンACE(エース)と呼ばれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、積極的に摂りたい栄養素の代表格です。

ビタミンA

抗酸化作用があり、皮膚や粘膜の健康を維持する効果があるとされています。

β-カロテンを摂取すると、ビタミンAも効率的に摂取することができます。

ビタミンC

メラニンを抑え、色素沈着を防ぐ効果から美容に欠かせない栄養素と位置づけられています。

レモンなどの柑橘類に多く含まれていますが、ビタミンCが配合された化粧品も多くあり、美白効果が期待されています。

ビタミンE

ビタミンEには血行を良くするだけでなく、肌の細胞の生まれ変わりを促す働きもあります。

血流改善効果から、肌のハリを保つと言われています。

また、これらのビタミンを摂取すると共に、基本的なスキンケアも忘れずに行いましょう。

花粉症による影響で、肌は乾燥しがちです。

刺激の少ない肌にやさしいものを選び、肌の状態に合わせて化粧水、乳液、クリーム、オイルなどを組み合わせたセルフケアをしましょう。

(まとめ)花粉症は肌にどんな影響があるの?

1.花粉症による影響で多いのは肌のかゆみです

乾燥する、化粧ノリが悪い、ヒリヒリするなど、花粉症による肌トラブルはさまざまありますが、最も多いのがかゆみです。

鼻をかむなどしてティッシュを使う回数が増え、その摩擦によって肌に負担がかかり、乾燥が進んでかゆみや刺激が起こりやすくなります。

2.花粉症による影響で肌にかゆみが起こる理由があります

花粉症の影響で肌にかゆみが起こるのは、花粉に対して免疫機能が過剰反応したことによるものです。

免疫機能が過剰反応すると大量のヒスタミンが放出され、それが刺激となって肌のかゆみや鼻水、くしゃみといった症状を引き起こします。

3.肌のターンオーバーを整えましょう

肌のターンオーバーのサイクルを正常に保つことが、健やかな肌を作り上げます。

ターンオーバーの正常なサイクルは28日が目安と言われていますが、このサイクルが乱れると肌のバリア機能が落ち、かゆみや乾燥などの肌トラブルの原因となります。

4.肌に良いとされる栄養素を摂取しましょう

肌を健やかにする代表的な栄養素はビタミンACEと呼ばれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEになります。

これらを積極的に摂ることと、保湿を重視したスキンケアを日々の習慣としましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る