乾燥が原因で引き起こされる肌トラブルとは?

肌の乾燥はニキビやシワなどの肌トラブルを引き起こします


肌が乾燥して水分を失うと、熱さや寒さなど外の刺激にも敏感になってかゆみや痛みが生じたり、雑菌が繁殖したりしてニキビや吹き出物ができるなどの肌トラブルを引き起こします。

更に乾燥により、肌は弾力を失うのでシワができたり、シミが濃く、大きくなってしまったりするなどの肌トラブルも予想されます。

肌の保湿機能低下は間違ったスキンケアや生活習慣が原因です

肌は本来水分を保持して潤いを保つ機能がありますが、肌の保湿機能が低下すると水分が保持できずに蒸発して不足し、乾燥肌になります。

保湿機能が低下する原因として、まずは間違ったスキンケアが挙げられます。

洗顔で何度も肌を指でこする、化粧水をなじませようと必要以上にパッティングするなど過剰な刺激は、角質層を破壊して保水力が弱まります。

更に、洗顔回数が1日2回以上と多い、洗顔時に熱いお湯を使う、洗浄力が強すぎる洗顔料を使うことも、肌に必要な水分まで取り除いてしまうことになり、保湿力低下につながります。

また、生活習慣の中にも乾燥肌となる原因が潜んでいます。

肌の保湿機能を担う細胞間脂質は、肌のターンオーバーにより生成されます。

しかし、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が不足し、ターンオーバーが乱れ細胞間脂質が減って保湿機能の低下を招くのです。

更に、弱った肌は乾燥した空気に触れるとより角質層が剥がれやすくなるため、主に冬の乾いた空気は乾燥を悪化させる原因となります。

また、肌触りの良くないウールなどの衣服や寝具も、摩擦によって角質層を傷つけ、保湿機能を弱まらせる一要因となります。

乾燥肌がシワやシミなどの肌トラブルのきっかけとなります


乾燥した肌というのは、健康的な肌が維持する弾力やハリなどを保つために必要な水分が失われ、カサカサになってしまう状態のことを言います。

肌が乾燥すると、外の刺激から肌を守るバリア機能が衰え、気温差や乾燥、ダニや雑菌などの外部刺激に敏感に反応し、痒みが生じたり、ヒリヒリと傷んだり、炎症を起こして腫れあがるなどの症状が出始めます。

更に、肌が水分不足になると免疫力が低下するので、アクネ菌などの雑菌の繁殖が進みニキビができたり、悪化して膿んだり硬く盛り上がる場合もあります。

ニキビは皮脂が多いオイリー肌の方がなりやすいと思われがちですが、実は肌の乾燥もニキビ発生に大きく関係しています。

また、肌に含まれる水分は、肌の弾力性を維持しているので、水分不足になると弾力が失われてしまいます。

その結果、笑ったり怒ったりして口や目元を動かして変える際に、引っ張られてついた折り目が元に戻らなくなって、シワとなり深く刻まれてしまうことになるのです。

シワは加齢と共に誰に肌にも出現しますが、肌が乾燥している人はそうでない人に比べてシワの数も多い傾向にあります。

他にも、メラニン色素の生成により作られるシミは、肌が乾燥しているとターンオーバーがスムーズにいかないため、外に排出されにくくなりシミが濃くなったり、大きく広がる可能性があります。

肌の乾燥を防ぐために正しいスキンケアや規則正しい生活が大事です

保湿機能を向上させて、乾燥による肌トラブルを防ぐためには正しいスキンケアを実践していく必要があります。

洗顔時は洗浄力の強すぎる洗顔料は控え、ぬるま湯を使って洗顔料をしっかり泡立ててから、指で擦らないように気を付けましょう。

指の腹で泡を転がすようにして手早く洗い、しっかりすすぐことが大事です。

水気をふき取ったら、水分蒸発が始まるのですぐに化粧水を手にとり、手のひらで顔を包んで馴染ませるように優しく浸透させていきます。

洗顔は汗をかきやすい夏でも1日朝と夜2回までにして下さい。

次に、日常生活の中で午後10時から午前2時までは成長ホルモンの分泌が盛んになる時間帯なので、この時間はしっかり睡眠をとり、肌のターンオーバーを促しましょう。

空気が乾燥しているシーズンは、化粧水やクリームなどでしっかり保湿して乾燥を防いだり、室内には加湿器を置いて、湿度が60%位を維持するのが好ましと言えます。

また、コットンなど肌への刺激が少ない、肌触りや吸湿性の良い衣服や寝具を使うようにしましょう。

(まとめ)乾燥が原因で引き起こされる肌トラブルとは?

1.肌の乾燥はニキビやシワなどの肌トラブルを引き起こします

乾燥により肌が水分不足になると、外の刺激から肌を守るバリア機能が低下します。

更に弾力性がなくなるので、シワや濃いシミなどの肌トラブルが起こりやすい状態になるとされています。

2.肌の保湿機能低下は間違ったスキンケアや生活習慣が原因です

肌の水分保持力が低下するのは、肌に刺激を与えたり乾燥を加速させるような間違ったスキンケアが原因の一つとなっています。

更に、睡眠不足が外気の乾燥、肌に刺激のある素材の衣服や寝具に使用なども保湿機能を弱らせる原因とされています。

3.乾燥肌がシワやシミなどの肌トラブルのきっかけとなります

肌が水分を失うと、外の刺激から肌を守るバリア機能が弱まるので、外的刺激によりかさつきが加速したり、雑菌が繁殖してニキビができるなどの肌トラブルが起こります。

更に、水分不足により弾力性を欠くので、シワやたるみを招くこともあります。

4.肌の乾燥を防ぐために正しいスキンケアや規則正しい生活が大事です

肌に乾燥を防止し、肌トラブルが起こらないようにするには、肌に刺激を与えない正しいスキンケアが必要となります。

更に、睡眠をしっかりとって肌のターンオーバーを正常化し、肌触りのよい寝具や衣服に変えるなど生活スタイルを見直すことも大事です。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る