間違った洗顔を行うと肌トラブルの原因になるの?

洗顔のやり方を間違うと肌トラブルの原因になります


肌トラブルを予防するには合成界面活性剤などが入っていないものなど、お肌にやさしいものを使うことが効果的です。

しかし、たとえどんなにいい洗顔料を使っていても、洗顔方法を間違えてしまうとお肌に負担がかかり、肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

乾燥肌の人は特に洗顔方法に注意しましょう

洗顔方法を間違うとお肌を傷めてしまい、肌トラブルにつながります。

特に乾燥肌の人は、洗顔方法に注意が必要です。

ついゴシゴシと力を入れて、念入りに洗顔やクレンジングを行っていませんか?
間違った洗顔方法を行うとお肌が傷んでしまい、さらに乾燥しやすくなります。

顔の皮膚は薄いので、少し力が入るだけでも角質層にダメージを与えてしまいます。

角質層を傷つけてしまうと、お肌のバリア機能が低下し乾燥しやすくなり、シワもできやすくなります。

乾燥肌でなくても、皮脂が気になるあまり洗顔を1日に3回以上行ったり、洗顔やクレンジングをするときに指でくるくると時間をかけてマッサージをしたりするのも、お肌を傷める原因になります。

洗浄力が弱いものでも1日に何度も洗顔したり、時間をかけてゴシゴシと洗ったりしてしまうと、過剰に皮脂を取り除いてしまいます。

実はぬるま湯だけでも、顔に付いている汗やホコリなどの汚れはほとんど落とすことができます。

洗顔を時間や力をかけて行うと、無駄にお肌に負担をかけてしまうのです。

また、皮脂は悪者にされがちですが、お肌のうるおいを保つ働きもあります。

この皮脂を洗顔やクレンジングで過剰に落としてしまうと、お肌がダメージを受けて乾燥したり、逆にお肌がうるおいを保つために皮脂を過剰に分泌させたりしてしまいます。

「皮脂が出てテカる」と思っていたら、実は乾燥が原因でテカっていた、ということも少なくありません。

正しい洗顔方法を身に付けましょう


洗顔は正しいやり方で行えば、肌トラブルも起こりにくくなります。

正しい洗顔方法を見ていきましょう。

正しい洗顔のやり方

まずは先に手を洗いましょう。

  1. よく泡立てて、Tゾーンから洗う
    しっかりときめ細かい泡を作るのがポイントです。

    しっかりと泡立てないと洗顔する際に、直接手が顔の皮膚に当たり摩擦が起きてしまいます。

    手で細かい泡をつくるのが苦手な人は、泡立てネットなどを活用しましょう。

    細かい泡ができたら、Tゾーンや額など皮脂が多いところから洗っていきます。

    洗うときは手と顔の皮膚で泡を挟むようにし、直接手で洗うのではなく泡で洗うようにしましょう。

  2. 口や目の周辺は泡をのせる
    皮膚が薄く、乾燥しやすい口元や目元は泡をのせてあげるだけで十分です。

    こすりすぎないように注意しましょう。

  3. 手でぬるま湯をすくって洗い流す
    顔全体を洗ったら、シャワーではなく手でぬるま湯をすくって洗い流していきます。

    このとき流し足りず洗顔料が残ってしまうと、肌トラブルの原因になるのでしっかりとゆすぎましょう。

    最低でも20回くらいは手ですくって洗い流しましょう。

  4. 清潔なタオルでやさしく押さえるように拭く
    せっかく洗顔を丁寧にしても、タオルでゴシゴシ拭いてしまっては意味がありません。

    清潔なタオルでやさしく顔を押さえるように、水気を拭き取っていきましょう。

  5. すぐに保湿する
    水気を拭き取ったら、すぐに化粧水や乳液などで保湿しましょう。

    洗顔後には肌から水分がどんどん蒸発していきます。

    その際角質層の水分も奪われていくので、できるだけ早めに保湿するようにしましょう。

すすぐときにも注意しましょう

正しく洗顔するには、すすぐときにも注意が必要です。

すすぐお湯の温度

すすぐときの温度が高すぎると皮脂を落としすぎてしまい、乾燥しやすくなります。

かといって冷たすぎるお水で洗うと、汚れが浮きにくくなるためきちんと汚れを落とせません。

洗顔に適した温度は32℃くらいで、体温よりも少し低めです。

顔の皮脂は30℃くらいで浮くと言われているので、30度以上のぬるま湯で洗い流していきましょう。

シャワーではなく手ですすぐ

顔に直接シャワーをかけてすすぐ人も多いのではないでしょうか。

浴室の温度や湿度は高くなっているため、お肌の角質も柔らかくなっている状態です。

このときにシャワーを直接顔にかけると、角質を傷めてしまう可能性があります。

(まとめ)間違った洗顔を行うと肌トラブルの原因になるの?

1.洗顔のやり方を間違うと肌トラブルの原因になります

刺激が少ない洗顔料を使うことは肌トラブルの予防には有効ですが、正しいやり方で洗顔をしないと、お肌にやさしい洗顔料を使っていたとしても、肌トラブルにつながってしまいます。

正しい洗顔方法を知り、肌トラブルを対策していきましょう。

2.乾燥肌の人は特に洗顔方法に注意しましょう

1日に何度も洗顔したり、洗顔する際にゴシゴシこすったりしてしまうと、角質層を傷めて肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

皮脂を過剰に落としてしまうと、お肌のバリア機能は低下し乾燥したり、過剰に皮脂を分泌させたりしてしまいます。

3.正しい洗顔方法を身に付けましょう

お肌にダメージを与えないように洗顔するコツはよく泡立てて、力を入れずに泡で洗ってあげることです。

洗顔後はやさしく水気を拭き取り、洗顔して3分以内には保湿をするように心がけましょう。

4.すすぐときにも注意しましょう

洗顔料や洗い方に気を付けている人でも、すすぎは見逃しがちです。

洗顔の際は32℃くらいのぬるま湯を手ですくってすすぐことで、皮脂の落としすぎや角質のダメージを抑えることができます。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る