肌トラブル「かぶれ」その本当の原因とは?

肌トラブルであるかぶれは外的刺激が原因で起こるものだといわれています


「かぶれ」というものは、皮膚への外部からの刺激により起こるものなのですが、かぶれにも二種類存在するといわれています。

一つは、「一次刺激性接触性皮膚炎」というある物質が皮膚に接触するのが原因とされるもの。

そしてもう一つは「アレルギー性接触皮膚炎」という特定の物質に対するアレルギー反応とされるものです。

かぶれには一次刺激性接触性皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎とがあります

「かぶれ」は正式には「接触性皮膚炎」と呼ばれる湿疹の一種です。

その名称通り、皮膚が何らかの外的刺激を受けて起こるものです。

二種類あるといわれている「かぶれ」、それぞれの原因について説明しましょう。

一次刺激性接触性皮膚炎

何らかの物質が原因となり、それが皮膚に接触することで起こるかぶれです。

このタイプのかぶれは、原因となる物質の毒性と症状の度合いが比例することが多いといわれています。

また、原因となる外的刺激は主に二つに分けられています。

一つは、物理的刺激。

紫外線や温熱、寒冷、乾燥などが挙げられます。

もう一つは、化学的刺激。

化粧品や洗剤、植物や虫、薬物などが挙げられます。

アレルギー性接触皮膚炎

特定の物質に対して身体がアレルギー反応を起こすことが原因となるかぶれです。

このタイプのかぶれは、接触後1日~2日経過してから症状が現れることが多く、一度の接触では起こらないケースもあります。

アレルゲンとなるものには、動物や化学薬品、金属、衣類、花粉、ハウスダストなど様々なものが挙げられます。

また、魚介類や乳製品、卵などの食品アレルギーも考えられます。

かぶれの症状はかぶれの種類によって差があります


なぜ「かぶれ」の症状は起きるのか、かぶれるとどんな症状が起きるのか、具体的に説明いたします。

皮膚がバリアの役目を果たしている

皮膚は表皮、真皮、皮下組織と3層からできているといわれています。

つまり、外部から身体を保護してくれるバリア機能を果たしているといってもいいでしょう。

しかし、このバリア機能が外的な刺激に負けてしまうと、細菌に感染したりアレルゲンに過剰反応してしまったりして「かぶれ」が起きてしまいます。

かぶれの症状とは?

皮膚が赤くなる「発赤」を起こしたり、皮膚が腫れたり、皮膚が火照るといった症状が現れた時は、かぶれの初期症状と考えられます。

また、かゆみが起こったりヒリヒリと痛みを感じたりすることもあります。

症状が悪化すると、肌の細胞が破壊されたり、「熱傷」のような水疱ができたりしてしまうこともあります。

かぶれの種類で症状に違いがある

一次刺激性接触性皮膚炎の場合、かぶれが起こるのは原因となる物質と接触した箇所に限られるケースが多く、痒みなどの症状も比較的弱いといわれています。

また、接触後に症状が現れるのも早いです。

一方、アレルギー性接触皮膚炎の場合、接触した箇所以外にも症状が起こることがあり、痒みなどの症状が比較的強いといわれています。

かぶれを防止するためには、かかないことと原因物質に触れないことが大切です

かぶれが起きたら、かゆみがある場合でもかかないことが大切です。

また、症状の原因となっている物質が何かを特定することがかぶれ対策には必要不可欠だといえます。

原因が特定できた場合、もしくは疑いのある物質がある場合、極力皮膚との接触を避けた方が無難でしょう。

例えば洗剤を使用する時はゴム手袋をはめる、外出する際には金属は身に着けない、など可能な限り原因物質に触れないように気を使いましょう。

また、化粧品やシャンプーなどが原因とも考えられる時は、なるべく同じ製品を使うのをやめ、別のものに変えてみることをおすすめします。

それを機にかぶれの症状が治まるケースがあるからです。

かぶれを起こしやすい人は、日常生活でもかぶれの症状を助長させてしまう行為を避けた方が良いです。

例えば、アルコールや辛い物などの刺激物はかゆみの症状を悪化させる可能性があるため、過剰摂取は控えた方が良いでしょう。

また、かゆみがある時は、運動やサウナ、長時間の入浴など体温が上がるような行動は控えるようにしましょう。

(まとめ)肌トラブル「かぶれ」その本当の原因とは?

1.肌トラブルであるかぶれは外的刺激が原因で起こるものだといわれています

かぶれには大きく分けて二種類あり、ある物質が皮膚に接触することで起こる「一次刺激性接触性皮膚炎」、そしてアレルギー反応である「アレルギー性接触皮膚炎」が存在するといわれています。

2.かぶれには一次刺激性接触性皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎とがあります

かぶれは「接触性皮膚炎」と呼ばれており、一次刺激性接触性皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎とに分けることができます。前者は紫外線や化粧品などからの外的刺激が原因となるものであり、後者はアレルギー反応の一種であるといわれています。

3.かぶれの症状はかぶれの種類によって差があります

かぶれは皮膚のバリア機能が低下することで起こる症状であり、皮膚が赤くなったり腫れたり、かゆみを伴うこともあります。また、かぶれの種類によっても症状の度合いや範囲が異なるといわれています。

4.かぶれを防止するためには、かかないことと原因物質に触れないことが大切です

かぶれの症状を予防するためには、原因となる物質の特定を行い、普段からなるべくその物質に接触しないことが良いといわれています。悪化させないためにも、かゆみがある時は特に注意が必要です。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る