秋の肌トラブルの原因とは?

秋の肌トラブルの原因は夏に受けたダメージなどが原因です


季節の変わり目はお肌が敏感になったり肌トラブルが起こったりする人が多くなります。

特に秋には、夏に受けた紫外線などのダメージにより、肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

秋の肌トラブルの原因を知り、対策することで肌トラブルを予防することができます。

原因はターンオーバーと乾燥にあります

秋には夏に受けたダメージがお肌に出ると言いますが、どうして秋に肌トラブルとなって表れるのでしょうか。

秋に肌トラブルが起こりやすい理由を説明していきます。

夏に受けた紫外線などによるダメージ

お肌にはお肌の細胞の生まれ変わりであるターンオーバーがありますが、このターンオーバーは28日周期だと言われています。

そのため、お肌にダメージを受けてもすぐには肌トラブルとして表れず、お肌に表れるまでに少し時間がかかります。

7~8月に受けた紫外線ダメージは、9~10月に肌トラブルとして顕著に表れることが多いです。

特に紫外線による肌ダメージは、お肌のターンオーバーの乱れや炎症、乾燥などを引き起こしやすく、シミや毛穴の黒ずみ、ほうれい線などのシワが目立つなどの肌トラブルにつながります。

乾燥しやすくなる

秋になると気温や湿度が低下し始め、暖房器具を使用し始めるなど、お肌が乾燥しやすい時期でもあります。

お肌が冷えるとお肌の機能が低下しやすくなり、ハリも失われやすくなってしまいます。

お肌のチェックをして正しい対策をしましょう

お肌の状態をチェックしよう

まず自分のお肌がどんな状態なのかというのは、意外と自分でもわかっていないことが多いです。

まずは自分のお肌の状態をチェックしてみましょう。

次の項目にひとつでも当てはまるものがあれば、秋の肌トラブルが起こっている状態の可能性があります。

  • 化粧のノリが悪い
  • 鼻がザラザラしている
  • ファンデーションのパフが塗るときにお肌に引っかかる
  • お肌がつっぱる
  • 朝、顔に枕の痕が残っている

秋の肌トラブルを防ぐ3ステップ

秋の肌トラブルを回避するためには、次の3ステップが大切です。

やさしく洗う

メイクや皮脂などキレイに洗い流せていないと、お肌のターンオーバーやバリア機能に悪影響を及ぼし、皮膚が硬くなったりくすんだりという肌トラブルの原因になります。

しかし洗浄力の強いクレンジングや洗顔料などにより、お肌のうるおいを保つために必要である皮脂を落としすぎたり、お肌を擦りすぎたりすると、お肌のバリア機能が低下しかぶれなどにもつながります。

夏場のクレンジングや洗顔は、いつも以上に丁寧にやさしく行うように心がけましょう。

合成界面活性剤などお肌に刺激となる成分が、できるだけ入っていないものを選ぶこともポイントです。

乳液や美容液を使う

夏場はベタつくからと乳液やクリームを使わないという人も多いと思いますが、夏場も乳液や美容液などで必要な成分を補ってあげる必要があります。

特に夏場や秋頃にお肌は乾燥しやすくなるため、保湿をしっかりと行うことが大切です。

特に日焼けしやすい夏場は、体の内側と外側からビタミンCを補いましょう。

お肌にビタミンCを付けても浸透しないので、お肌に塗る場合はビタミンC誘導体がおすすめです。

外部刺激からお肌を守る

何よりもお肌を紫外線や乾燥などの刺激から、守ってあげることが大切です。

日焼け止めクリームはもちろんですが、帽子や日傘、サングラスなどを活用して紫外線を対策しましょう。

エアコンの使用などで室内が乾燥している場合には、加湿器を付けるようにするなど工夫しましょう。

紫外線対策がとても大切です

夏などの日差しが強い日は紫外線対策を行う人は多いですが、秋になると「紫外線はそこまで強くないからいいか」と紫外線対策を怠ってしまう人も多いです。

紫外線は夏だけあるのではなく1年を通してあるため、秋など夏以外の時期にも紫外線対策が必要になります。

紫外線によってお肌にダメージが加わると、余計にお肌が乾燥しやすくなったり、紫外線のダメージを受けやすくなったりしてしまいます。

また、日々のスキンケアの積み重ねも大切です。

冬にはお肌が本格的に乾燥するため、冬に備えて今からでも念入りにスキンケアを行いましょう。

(まとめ)秋の肌トラブルの原因とは?

1.秋の肌トラブルの原因は夏に受けたダメージなどが原因です

秋に肌トラブルが起こりやすいのは、夏に受けた紫外線などの肌ダメージが原因です。

秋の肌トラブルの原因を知り、正しいスキンケアを行って秋の肌トラブルを予防・対策していきましょう。

2.原因はターンオーバーと乾燥にあります

夏に受けた紫外線による肌ダメージは、お肌のターンオーバーにより9~10月の秋ごろに表面化してくることが多いです。

また秋には気温や湿度も下がり、お肌の機能が低下したり乾燥しやすくなったりするため、肌トラブルにつながりやすい傾向にあります。

3.お肌のチェックをして正しい対策をしましょう

秋の肌トラブルを防ぐコツは、クレンジング・洗顔をいつも以上に丁寧に行い、しっかりと保湿してあげることが大切です。

また、外部刺激も肌トラブルにつながるため、日焼け止めクリームや加湿器などを活用してお肌をダメージから守りましょう。

4.紫外線対策がとても大切です

夏以外の秋や冬にも紫外線は地上に降り注いでいるため、秋や冬にも紫外線対策が必要です。

紫外線はお肌にダメージを与え、シミやたるみなど老化にもつながります。

しっかりと保湿しお肌のうるおいを保ち、ダメージからお肌を守っていきましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る