生理中はいつもより肌トラブルが起きやすいのはなぜ?

生理中に肌トラブルが多いのは、ホルモンバランスの影響によるものだと考えられます


生理前から生理中にかけて、お肌の調子が不安定になりがちです。

それは、生理周期によって女性モルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のバランスが大きく変化するからだと考えられています。

生理中は女性ホルモンのバランスが変わりやすいといわれています

生理中は普段よりもお肌が敏感になっているような気がしませんか?
実際、生理中に肌トラブルが多くなるという女性も多いのです。

その原因には、生理前から生理中にかけて、女性ホルモンのバランスが大きく変化することが関係しているといわれています。

まず、生理終了後から排卵日までの期間は、女性ホルモンのひとつ、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が活発になるといいます。

エストロゲンはコラーゲンの生成を促すホルモンとして知られており、皮脂の分泌を抑えたり、肌のバリア機能を高めたりする働きを持っています。

排卵日以降になると、エストロゲンが減少し、もうひとつの女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が活発になるといいます。

プロゲステロンの分泌が活発になると、肌のバリヤ機能が低下し、乾燥しがちになったり、外的刺激に敏感になったりします。

ニキビができたり肌が脂っぽいと感じたりするのはそのためです。

また、生理中は体温が低下する傾向にあり、血行不良を起こしやすくなります。

なおさら肌トラブルを招きやすいといえるでしょう。

生理中は普段と同じスキンケアをしっかりと行い、保湿を欠かさないことが大切です


2つの女性ホルモンの影響により、生理中は普段よりもお肌が敏感になっていることが分かりました。

では、生理中に肌トラブルを起こさないために、どのようなスキンケアを行っていけばよいのでしょうか?

いつもと同じケアを丁寧に行う

生理中はお肌が敏感になっていますから、あまり使い慣れていない化粧品を使用するのは避けた方が無難です。

どちらかというと、いつもと同じケアを丁寧に行うことを心がけると良いです。

なるべくお肌への刺激を抑えることを考えましょう。

洗顔は適度に行う

お肌が脂っぽいからといって、一日に何度も洗顔をするのは止めた方が良いです。

洗いすぎると、お肌に必要な皮脂まで除去してしまうことになり、乾燥ニキビなどを招く恐れがあります。

洗浄力の強い洗顔料を避け、洗顔は一日2回までに留めておきます。

保湿ケアをしっかりと行う

生理中は栄養や水分が不足しがちですから、お肌の保湿をしっかりと行いましょう。

保湿ケアを行うことで、お肌の乾燥やバリア機能の低下を防ぎます。

万が一ニキビができてしまっても、保湿ケアは必要だと考えられています。

生理中の肌トラブルを避けるために、日常生活にも気を付けましょう

生理中は心身共に不安定になりがちなので、肌トラブルを起こす原因はいたるところに潜んでいるといっていいでしょう。

ここでは、スキンケア以外に、生理中に気を付けたいポイントについてご紹介していきます。

油っこい食事を避ける

ニキビができる原因のひとつに、油っこい食事が挙げられます。

油もの中心の食生活をしていると、生理中でなくとも肌トラブルが起きやすいといわれています。

野菜や果物などといった、ビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富な食材を摂り入れましょう。

運動や入浴で血行促進を促す

生理時期は血行が悪くなりやすく、冷えや乾燥を招きやすいといえます。

適度に運動を行うことで血行促進を促すといいでしょう。

また、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かるなど、リラックスすることも大切です。

睡眠をしっかりととる

睡眠不足はお肌の敵とよく言いますが、生理中はなおさら気を付けたいところです。

睡眠によってコラーゲンの生成が促されたり、お肌のターンオーバーが活発になったりします。

早寝早起きを心がけましょう。

(まとめ)生理中はいつもより肌トラブルが起きやすいのはなぜ?

1.生理中に肌トラブルが多いのは、ホルモンバランスの影響によるものだと考えられます

女性は生理周期によって、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌に影響を受けやすいといわれています。

肌も同様で、生理中に肌トラブルが起きやすいのはホルモンバランスの変化が原因だと考えられています。

2.生理中は女性ホルモンのバランスが変わりやすいといわれています

生理終了後から排卵日にかけて、エストロゲンの分泌が増えるといわれており、コラーゲンの生成を促したり、肌のバリア機能を高めたりします。

排卵日以降は、プロゲステロンの分泌が増え、肌のバリア機能が低下したり、乾燥肌や敏感肌になりがちです。

3.生理中は普段と同じスキンケアをしっかりと行い、保湿を欠かさないことが大切です

生理中は敏感肌になりがちなので、新しい化粧品を使用せず、普段と同じケアを丁寧に行うことが大切です。

また、乾燥を防ぐためにも、洗顔は一日2回までとし、保湿ケアをしっかりと行うようにしましょう。

4.生理中の肌トラブルを避けるために、日常生活にも気を付けましょう

生理中はスキンケア以外にも、日常生活で気を付けたいことがいくつかあります。

油っこい食事を避けること、適度な運動を行うこと、睡眠をしっかりととることなどを心がけましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る