ストレスが肌トラブルの原因になるの?

ストレスが溜まっていると肌トラブルを招きやすくなります


ストレスが溜まっていると肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

ストレスが溜まっていると、どんなにお手入れをしてもなかなか肌がきれいになることはありません。

肌をきれいにしたいのであればまずはストレスを解消していくことが必要なのです。

ストレスを解消させるために分泌されるアドレナリンが肌荒れに繋がるといわれています

人はストレスを感じると、アドレナリンを分泌してストレスを少しでも解消していこうとするのです。

アドレナリンが分泌されていくと血管の収縮や血圧の上昇、心拍数が上がってしまいます。

血管が収縮すると、今まで流れていたところが狭くなるので、血のめぐりが悪くなってしまいます。

その結果、体が冷えやすくなりますし、栄養が隅々にまで届かなくなってしまいます。

そのために肌荒れが起こりやすくなってしまうのです。

さらに、ストレスを抑えるためにアドレナリンが分泌されることで女性ホルモンの分泌が抑えられてしまいます。

女性ホルモンは健やかで艶やかな肌を維持するために必要なものです。

この女性ホルモンが低下することで肌のうるおいも低下し肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。

また、ストレスは体内に大量の活性酸素を発生させやすくしてしまいます。

活性酵素が大量に発生することで肌が老化してしまうので肌トラブルは次から次へと起こってしまうでしょう。

人によってストレスの感じ方は異なります


肌の乾燥やニキビ、シミ、シワ、たるみなどの肌トラブルはいろいろな要因がもとで発生しますが、どの肌トラブルもストレスによって引き起こされることが分かっています。

人によってストレスの感じ方は異なります。

ストレスには大きく分けると2タイプがあり、外的ストレスと内的ストレスの二つに分けることが出来ます。

外的ストレスは紫外線が降り注いできても感じますし、空気の乾燥、摩擦などの刺激もストレスとして感じられます。

内的ストレスは疲労が蓄積すると感じる人もいるでしょうし、食生活の乱れ、睡眠不足などの不規則な生活でも感じます。

さらに、人間関係などがスムーズにいかなければ人付き合いも精神的ストレスになります。

現代社会はストレス社会と言われますが、私たちの周囲にはいろいろなストレスで渦巻いていますから、肌は外からも内からもさまざまなストレスにさらされているのです。

普段使っている化粧品が合わないと感じていませんか?

普段使っている化粧品が今までは何ともなかったのに、最近は肌がひりひりする刺激を感じていませんか?
特に洗顔後などに化粧水をつけたときにひりひりと感じるのであればそれは今の肌に化粧品が合っていないことを示しています。

肌表面のバリア機能が低下しているために化粧水の刺激でもひりひりとしてしまうと考えられます。

バリア機能が低下しているのはストレスによるものです。

ひりひりしてもそのうち治るだろうと、同じ化粧水を使っていると肌トラブルを引き起こすことになってしまいます。

ストレスによってバリア機能が低下し、化粧品が合わないと感じたなら、今使っている化粧品を見直しましょう。

もっと刺激の少ないものに変えれば肌がひりひりすることもないでしょう。

バリア機能が低下しているときには外部からの少しの刺激にも敏感になっている状態です。

水分補給をした後に保湿を行うケアである化粧水の後にクリームや乳液などを塗って保湿をしながら回復を待ちましょう。

ストレスは心にだけ影響を及ぼすのではなく、肌や体にも影響を及ぼします。

肌の変化はいち早く気づきやすいため気づいたらすぐに対応して、肌トラブルがひどくならないように対処していきましょう。

(まとめ)ストレスが肌トラブルの原因になるの?

1.ストレスが溜まっていると肌トラブルを招きやすくなります

ストレスが溜まっていると肌トラブルが起こりやすい状態になってしまいます。

どんなにお手入れを頑張っても肌がきれいにならないため、まずはストレスを解消することが大切です。

2.ストレスを解消させるために分泌されるアドレナリンが肌荒れに繋がるといわれています

ストレスと肌荒れの関係性は深く、ストレスを感じるとアドレナリンが分泌されます。

その結果、血管の収縮などが起こり血のめぐりが悪くなり、体が冷えたり肌トラブルが起きやすくなったりするのです。

3.人によってストレスの感じ方は異なります

現代社会はストレスにさらされることが多く、肌の内からも外からもいろいろなストレスにさらされています。

肌トラブルの要因は様々ですが、共通しているのはストレスを感じることでトラブルが発生するということです。

4.普段使っている化粧品が合わないと感じていませんか?

ストレスがあると肌のバリア機能が低下します。

今まで使っていた化粧品が肌に合わなくなり刺激となってひりひりと感じてしまうときがあります。

そのまま放置をするのではなく化粧品を変えて、水分補給と保湿のケアをしながら様子を見ましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る