赤いブツブツができる肌トラブルの正体は?

赤いブツブツができる肌トラブルは、なんらかの皮膚炎である可能性が高いです


季節の変わり目には肌トラブルを起こしやすく、赤いブツブツができてしまうことがあります。

この赤いブツブツは皮膚炎によるものであると考えられており、紫外線や花粉などの外的刺激による接触性皮膚炎、またはアトピー素因によるアトピー性皮膚炎、皮脂がつまることによる脂漏性皮膚炎のいずれかの症状である可能性が高いといえます。

季節の変わり目は様々な原因により肌トラブルを起こしやすい時期です

季節の変わり目には肌トラブルを起こしやすく、特に、冬から春にかけて赤いブツブツができるなどの症状が現れやすくなるといいます。

これには、様々な原因があるといわれています。

まず、冬から春になる時期というのは、他の季節に比べてストレスを受けやすい傾向にあります。

学校や勤務先などで周囲の環境に変化が訪れたり、新しい人間関係を築いたりする時期だといえるからです。

ストレスは肌の乾燥を招いたり、バリア機能を低下させたりするといわれています。

普段よりも肌トラブルが起きやすくなるのはそのためです。

また、冬が終わるとともに紫外線の量が増加し、花粉などのアレルゲンの飛散量も増加していくと考えられます。

肌トラブルの8割が紫外線によるものだという報告もあるくらいですから、当然、肌トラブルのリスクが高まるといえるでしょう。

紫外線によりお肌がバリア機能の低下した状態になり、そこに外的刺激が加わってしまった場合、より影響を受けやすいです。

赤いブツブツを症状とする皮膚炎は3つ挙げられます


冬から春にかけて、痒みをともなう赤いブツブツが顔にできてしまうことがあります。

この赤いブツブツは、なんらかの皮膚炎の症状である可能性が高いと考えられます。

ここでは、考えられる皮膚炎をいくつか挙げていきましょう。

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎は、刺激性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎に分けることができます。

一次刺激性皮膚炎は、油や洗剤、石鹸、シャンプーなどの刺激などが原因で起こるといわれており、繰り返し起こすことで慢性化していくといわれています。

アレルギー性皮膚炎の原因は人によって様々ですが、紫外線や花粉、ほこり、黄砂など外的刺激により起こると考えられています。

アトピー性皮膚炎

アトピー素因と呼ばれるアレルギーを起こしやすい体質を持っている人が起こす症状です。

遺伝や生活習慣によって起こるといわれており、痒みのある湿疹が治ったり悪化したりを繰り返します。

また、花粉や埃、ハウスダストなどのアレルゲンや乾燥、ストレスなど様々な原因が考えられています。

脂漏性皮膚炎

「マラセチア」と呼ばれるカビの一種が原因で起こる湿疹です。

身体の中で皮脂の多い部位、例えば頭や顔、鼻の周辺や、摩擦の多い部位である腋の下、太ももの付け根などに起こりやすいといわれています。

赤いブツブツを予防するためには、保湿ケアを行うことが大切です

赤いブツブツを症状とする肌トラブルや皮膚炎を予防するためにできることとは、具体的にどのようなことでしょうか。

まず、外的刺激やカビなどから肌を保護するためのバリア機能を低下させないことが大切です。

そのために、肌を乾燥させないこと、洗顔後に化粧水やクリームなどをつけ、しっかりと保湿を行うようにしましょう。

顔の中心部だけでなく、額やこめかみ、顎の部分などの細部にわたるまで、まんべんなく保湿ケアを心がけましょう。

また、万が一皮膚炎にかかってしまった場合は、適切な治療を行うことでお肌のケアをしていきます。

接触性皮膚炎の場合、原因となる物質を特定し、その物質を除去したり、接触を極力避けることで改善していくことが可能です。

アトピー性皮膚炎の場合、保湿ケアを行ったり、ステロイド薬を塗布したりすることで改善ができるといわれています。

そして、脂漏性皮膚炎の場合、ステロイド薬の他にマラセチアに効く抗真菌薬を病院で処方してもらう必要があるでしょう。

(まとめ)赤いブツブツができる肌トラブルの正体は?

1.赤いブツブツができる肌トラブルは、なんらかの皮膚炎である可能性が高いです

赤いブツブツができる肌トラブルの正体は、なんらかの皮膚炎の症状である可能性が高いといえます。

外的刺激が原因の接触性皮膚炎、アトピー素因によるアトピー性皮膚炎、皮脂がつまることによる脂漏性皮膚炎のいずれかが考えられます。

2.季節の変わり目は様々な原因により肌トラブルを起こしやすい時期です

季節の変わり目に肌トラブルを起こしやすいのには、様々な原因があると考えられています。

ストレスによる肌の乾燥やバリア機能の低下、紫外線量や花粉の増加などが挙げられます。

3.赤いブツブツを症状とする皮膚炎は3つ挙げられます

冬から春にかけてできる赤いブツブツは、外的刺激が原因となって起こる接触性皮膚炎、アトピー素因が原因となって起こるアトピー性皮膚炎、「マラセチア」と呼ばれるカビの一種が原因で起こる脂漏性皮膚炎のいずれかの症状である可能性が高いです。

4.赤いブツブツを予防するためには、保湿ケアを行うことが大切です

赤いブツブツを症状とする肌トラブルを予防するためには、肌のバリア機能を低下させないように、しっかりと保湿ケアを行うことが大切です。

また、皮膚炎にかかってしまった場合は、それぞれに適した治療を行うことで改善していく必要があります。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る