肌トラブルにはどんな種類があるの?

肌トラブルにはシミやシワ、乾燥肌など色々な種類があります


肌トラブルと一言でいっても、実に多くの種類があります。

シミやシワ、くすみやクマや毛穴の黒ずみ、ニキビや吹き出物、乾燥肌やたるみなど挙げられます。

季節や肌質、年齢などによって起こりやすい肌トラブルが違ってきます。

肌トラブルの種類は多数あり、それぞれ特徴が異なります

肌トラブルには様々な種類がありますが、主なものを見ていきましょう。

まず、紫外線により肌の奥にある基底層でメラニン色素が生成され、肌表面に押し上げられて色素が残るシミがあります。

更に、年齢を重ねると肌内部の保湿成分コラーゲンやヒアルロン酸が自然に減ることにより、肌のハリを保つ真皮が縮んで、肌の層が崩れてしまうことにより起こるシワや、筋肉の衰えにより肌が下へとたれ下がってくるたるみなどは加齢に伴う肌トラブルだといえます。

また、皮脂の過剰分泌による毛穴詰まりや、ホルモンバランスの崩れなどにより、肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、古い角質で毛穴が塞がって雑菌が繁殖し、炎症を起こすことで起こるニキビや吹き出物なども肌トラブルの一種です。

そして、特に冬の乾燥しやすい季節になると、肌表面の水分蒸発を防ぐバリア機能が低下し、肌細胞が潤いを保てなくなることで起こり、肌がカサカサしてくるのが乾燥肌です。

他にも、血行不良などにより年月をかけてゆっくりと顔の色が暗くなってくるくすみや、ストレスなどで血流が悪化し、老廃物が溜まった黒っぽい血液が目の下の皮膚に溜まるクマなども挙げられます。

肌トラブルを放置すると見た目に悪いだけでなく健康に悪影響を及ぼす恐れがあります


種類の多い肌トラブルですが、少し位大丈夫だと何もしないで放置すると、症状が悪化したり健康を損なったりなど様々な弊害が生じる可能性があります。

まず、肌トラブルの中でもシワやたるみ、くすみなどは実年齢より老けて見えます。

ニキビやくすみ、シミなどは肌がキレイとは言えない、つまり清潔感に欠けるという印象を与えるため、見た目にも良いと言えません。

例えばシミは年月を経て隆起して脂漏性角化症というイボになったり、皮膚がうろこ状になったりして日光角化症という稀にですが、皮膚がんの原因となるリスクがあります。

更に、たるみの中でも特に目元のたるみを放置すると、上まぶたが下がってきて目があけにくくなる眼瞼下垂という病気を発症するリスクが高まり、視野が狭くなる可能性や、頭痛や肩こりを招く可能性もあります。

また、乾燥肌を放置するとバリア機能低下により、外からの刺激に敏感になり、痒みが生じてかきむしったり痛みを感じるなどして、肌状態が更に悪化して傷が残ったり、化粧ノリが悪くなるという可能性があります。

肌に乾燥により肌細胞が硬くなって厚みを増し、シワができやすいというデメリットも生じるのです。

紹介しただけでも、肌トラブルの放置が体や肌に悪影響を及ぼすということがよくわかります。

肌トラブル予防にはスキンケアと生活習慣の見直しが大切です

一度肌トラブルになると、改善するまでに時間も手間もかかるので予防が大切です。

肌トラブルの予防には、正しいスキンケアと生活習慣の見直しが大事です。

肌は皮脂やホコリ、メイクなどで、1日で毛穴が結構汚れます。

クレンジングで汚れを落とし、ぬるま湯を使ってすすいでから洗顔料をたっぷり泡立て、指で肌をこすらないように洗い、しっかり洗い流すという正しい洗顔法を習慣づけましょう。

更に、洗顔後はすぐに化粧水をなじませ、乳液やクリームで油分を補給するなど保湿ケアをしっかり行い、潤いを閉じ込めることが大事です。

また、紫外線はシミの大敵となるので、UVカットのクリームやベース化粧品を使い、外出時は日傘や帽子などで紫外線に当たらないように注意しましょう。

そして、体の健康状態は肌に出やすいと言われていることからも、日常生活の中で健康に気を配ることも大事です。

偏食や脂質、糖質の多い食事はビタミン不足となり、肌トラブルを招きます。

ビタミン豊富な野菜を多めにとり、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

特に午後10時から午前2時までは、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンの分泌が盛んになるので、睡眠をしっかりとることも大切です。

他にも空気の乾燥は肌の水分を奪うので、保湿ケアをしっかり行い、加湿器を活用するなど湿度にも注意しましょう。

(まとめ)肌トラブルにはどんな種類があるの?

1.肌トラブルにはシミやシワ、乾燥肌など色々な種類があります

肌トラブルには、様々な種類が多数存在します。

シワやたるみなど加齢が主な原因となるものや、シミやくすみ、クマ、ニキビなど肌質や生活習慣、季節によって起こりやすいものなどがあります。

2.肌トラブルの種類は多数あり、それぞれ特徴が異なります

肌トラブルは色々ありますが、種類によって特徴が異なります。

肌の水分が不足し、肌の層が崩れるシワや筋肉の衰えによるたるみ、毛穴の詰まりや雑菌の繁殖によるニキビなどが、肌トラブルとしてよく知られています。

3.肌トラブルを放置すると見た目に悪いだけでなく健康に悪影響を及ぼす恐れがあります

肌トラブルを放置すると、老けた印象や肌が汚いという印象を与えるなど見た目にもよくありません。

更に、肩こりや頭痛など体調に悪影響を与えるほか、病気を発症するリスクも高まります。

4.肌トラブル予防にはスキンケアと生活習慣の見直しが大切です

肌トラブルが起こると、改善するのに時間を要するので予防が大事です。

毛穴をキレイにし、水分の蒸発を防ぐために正しい洗顔法や保湿ケアを実践しましょう。

また生活習慣を見直して、肌を労わる生活をしましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る