肌トラブルにはどんな症状があるの?

肌トラブルは痒みや痛みなど様々な症状を伴います


肌トラブルといっても、種類によって症状が異なる場合や、また同じような症状が見受けられる場合があります。

主に肌が外から刺激を受けたり、雑菌の繁殖が起きたりして痛みやかゆみが伴うなどの症状があります。

更に、毛穴が腫れて膨れ上がたり、肌表面の皮がむける、茶色や黒色などの色素が目立つなど見た目にも分かる症状も見受けられます。

肌トラブルには痛みやかゆみ毛穴の隆起など様々な症状があります

肌トラブルには種類によって色々な症状が現れるので、主なものを覚えておきましょう。

まず、肌の奥で生成されたメラニン色素が表面に押し上げられてできるシミは、日光が当たりやすい頬骨の下辺りに薄茶色の斑点が見え始めたり、より細かな斑点ができたり、斑点の表面がいぼのように盛り上がるなどの症状などがあります。

更に、ニキビや吹き出物は、毛穴に皮脂などが詰まって白く盛り上がったり、毛穴の表面の皮脂が酸化して黒くなったり、アクネ菌が繁殖して赤く炎症を起こして腫れて痛みを伴うという症状がみられます。

もっと悪化すると、膿んでニキビの中心が黄色っぽくなり炎症がひどくなって熱を持ったり、更にしこりにように硬くなって痛みがひどくなるといった症状が現れます。

また、乾燥肌は肌に必要な水分が蒸発してしまい、外気に触れたり洗顔時にヒリヒリ痛んだり、肌の表面がかさついて薄皮が剥ける、白く粉をふいたり痒みを伴うといった症状が出始めます。

そして寝不足や血行不良などで起こるクマも、目の下辺りに溜まった血液が透き通って青っぽく見えたり、目の下がくぼんだりした影が黒っぽく見えたり、目の下にできたメラニン色素などの色素沈着と相まってクマが茶色っぽくシミ状に見えるといった症状があります。

シワは、目の周りや口の周りに縦や斜め状に線が刻まれる、笑うなど表情に合わせて線ができるといった症状が一般的です。

肌トラブルを放置すると肌状態が悪くなるなどのリスクが高まります


肌トラブルの症状が出ているのに、そのまま放置しておくと肌状態が悪化したり、見た目にも良くないなどの弊害が生じる可能性が高まります。

まずニキビだと、皮脂が毛穴に詰まった状態で白く盛り上がっている状態は初期症状ですが、ケアしないで放置すると悪化して赤く炎症を起こして腫れたり、膿が溜まったり、硬くなって痛みがひどくなるリスクが高まります。

更に、悪化したニキビが治っても消えにくい凸凹の痕が残ることもあるのです。

また、乾燥肌は外気や洗顔時のお湯などの刺激に触れる度にヒリヒリした痛みが生じ、肌が白い粉をふいたような状態になって化粧ノリが悪くなります。

そして、乾燥が原因で若くしてシワが深く刻まれたり、本数が増えるというリスクも生じます。

目の下にできるクマや肌のくすみなども、顔色が悪く不健康に見えたり、暗い印象を与えてしまったり、シワは年齢以上に老けてみえてしまう場合もあります。

更にシミは白い肌に茶色っぽい斑点があるというだけでも、何だか肌がきれいではなく清潔感に欠けるイメージを持ってしまう人もいるでしょう。

肌トラブルの症状が出たら、まずはセルフケアで対処しましょう

肌のかゆみやヒリヒリした痛みなど肌トラブルのサインとなる症状が出始めたら、できるだけ早く肌をいたわるセルフケアを始めることが大事です。

肌トラブルの根底には、ターンオーバーの乱れや乾燥が元となっているケースがほとんどです。

毛穴の汚れを落として、肌を外的刺激から守るバリア機能を正常化させて、潤いを閉じ込めるケアがポイントです。

洗浄力の弱い洗顔料に変えて、ぬるま湯を使って予洗いし、しっかり泡立てて擦らないように優しく洗ってからきちんとすすぎます。

すぐに、保湿成分が含んだ化粧水をなじませて、クリームの油分で蓋をして浸透させます。

洗顔は1日多くても2回までにしないと、必要な水分まで蒸発し皮脂の過剰分泌を招くので注意して下さい。

また、日常生活においても紫外線を浴びないように帽子や日焼け止めでカバーしたり、肌のターンオーバーを正常化させるためにも睡眠をたっぷりとりましょう。

セルフケアである程度肌状態が改善すればよいですが、状態が良くならない、悪化してしまうような場合は無理しないで皮膚科を受診することも検討しましょう。

(まとめ)肌トラブルにはどんな症状があるの?

1.肌トラブルは痒みや痛みなど様々な症状を伴います

肌トラブルには、乾燥や雑菌繁殖などによりかゆみや痛みなどの症状がみられます。

また、毛穴が炎症を起こしてニキビになる、表皮がむける、茶色のシミやそばかすなどの着色がみられるなど様々な症状があります。

2.肌トラブルには痛みやかゆみ毛穴の隆起など様々な症状があります

肌トラブルは、種類によって症状が異なることや、また共通して見られる症状もあります。

痒みや痛みは、乾燥やニキビなどに見られ、毛穴の隆起や刻まれた線はニキビやシワに見られる症状です。

肌への着色症状は、クマやくすみ、シミなどに共通しています。

3.肌トラブルを放置すると肌状態が悪くなるなどのリスクが高まります

肌トラブルを示す症状が出ているのに、何もしないと肌状態が悪化して、ニキビだと痕が残るなど弊害が生じます。

更に、老けて見えるほか、肌がキレイにではないと見た目にも良いとはいえない可能性があります。

4.肌トラブルの症状が出たら、まずはセルフケアで対処しましょう

肌トラブルの症状が出始めたら、まずはスキンケアと生活習慣を見直して、肌に良い方法に改善しましょう。

それでも、肌の状態が悪化してしまうなら、医療機関を受診することも考えましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る