紫外線対策のためのスキンケアとは?

紫外線対策のためのスキンケアは日焼け止めクリームで紫外線を防ぐことから始まります


紫外線対策のためのスキンケアとしてまず大切なのが、普段から日焼け止めクリームなどで紫外線を防ぐことです。

日焼け止めクリームを塗ることは、紫外線対策のためのスキンケアの基本となります。

紫外線は季節や天候を問わず、常に降り注いでいるものなので日常的に日焼け止めクリームを使用し、こまめに塗り直すことが効果的です。

日傘や帽子を併せて使うと、より紫外線対策が万全なものになります。

紫外線の影響によって起こる老化を「光老化」と言います

光老化とは紫外線を浴びることによって起こる老化のことで、肌老化の原因の約80%を占めるとも言われています。

光老化は加齢による老化とは違い、紫外線に対する防御反応で皮膚が厚くなったり、色が濃くなったりします。

主な症状としてシミ、シワ、皮膚のざらつきやくすみなどがあり、頬などの紫外線にさらされやすい部分に症状が出やすくなります。

紫外線には波長の短いものからUV-A、UV-B、UV-Cの3種類があり、そのうち肌に直接的な影響を及ぼすのはUV-AとUV-Bの2種類になります。

主に光老化を促進するのはUV-Aであるとされ、皮膚の深い部分に作用して活性酸素を発生させ、肌細胞を傷つけてシワやたるみの原因を生み出します。

UV-Bの10~100倍の量が日光に含まれているとされ、エネルギーが弱い反面、肌の真皮にじわじわと到達してダメージを与えます。

UV-Cはほとんど地上まで届かないと言われていますが、UV-Bは肌の表皮にあるメラニン細胞を活性化させ、日焼けやくすみの原因となります。

UV-Bは肌の奥まで浸透しませんが、サンバーンを起こすほどエネルギーが強く、発症すると肌が赤くヒリヒリと痛んで火傷のような状態になります。

日焼け止めの選び方について学びましょう


日焼け止めクリームには正しい使い方、正しい選び方があります。

自分の用途や肌状態に合った日焼け止めクリームを使うことによって紫外線対策ができ、光老化から身を守ることに繋がります。

日焼け止めクリームには紫外線を防ぐ効果がPA値、SPF値という数値で表され、パッケージに明記されています。

「PA+++」などの表記を目にしたことがあるかと思いますが、このPA値とはUV-Aをどのくらい防ぐことができるかを示した数値になります。

+の数が多いほど、UV-Aからの防御効果が高いということを示しています。

SPF値は何もつけていない肌が20分間でUV-Bから受ける影響を、日焼け止めクリームを塗った時にどの程度の時間まで防げるかを示した数値です。

例えばSPF50の場合、何もつけていない状態と比較して、日焼けする時間を50倍遅らせることができることを表しています。

つまり、SPFの数値が大きい=日焼けしにくいではないため、時々塗り直すことが紫外線対策を成功させるコツになります。

また、数値が大きいものは肌へ負担がかかることがあるため、自分の肌に合った日焼け止めクリームを選びましょう。

屋外で長時間過ごす場合には数値が大きいものが安心ですが、日常生活での紫外線を防ぐのであればPA++、SPF20でも充分です。

うっかり日焼けをしてしまった時はスキンケアでダメージを回復しましょう

どんなに紫外線対策をしていても全く紫外線を浴びないで過ごすことは難しく、多少の日焼けは避けられないこともあるでしょう。

しかし日焼けをしても必ずシミなどのトラブルが起こるわけではなく、日焼けをした後にすぐケアをすることで、ダメージを最小限に食い止めることが可能です。

日焼け直後の肌は乾燥して過敏になっているため、肌の鎮静と保湿を優先しましょう。

敏感肌用など肌にやさしい化粧水で保湿し、肌をクールダウンします。

肌の炎症が落ち着いたらパッチテストを実施した後、美白化粧品でケアをすると良いでしょう。

ビタミンCやアルブチンが配合されたものが、光老化を防止するのに効果的だと言われています。

(まとめ)紫外線対策のためのスキンケアとは?

1.紫外線対策のスキンケアは日焼け止めクリームで紫外線を防ぐことから始まります

紫外線対策のスキンケアには、日焼け止めクリームなどで紫外線を徹底的に防ぐことが大切です。

紫外線は季節や天候に関わらず降り注いでいるので、日焼け止めクリームを日常的に使用し、こまめに塗り直すことが効果的です。

2.紫外線の影響によって起こる老化を「光老化」と言います

光老化とは肌老化の原因の約80%を占める、紫外線を浴びることによって起こる老化のことです。

紫外線の中でも肌に直接的な影響を及ぼすのがUV-AとUV-Bであり、シワ、シミ、くすみ、たるみ、ざらつきなどの原因となります。

3.日焼け止めの選び方について学びましょう

日焼け止めクリームは紫外線を防ぐ効果をPA値、SPF値という数値で表し、PA値はUV-A、SPF値はUV-Bに対する防御力を示しています。

数値が大きいものは肌への負担も増えるため、自分の肌に合った日焼け止めクリームを選ぶことが大切です。

4.うっかり日焼けをしてしまった時はスキンケアでダメージを回復しましょう

万が一日焼けをしてしまっても、すぐにケアをすることで肌のダメージを最小限に抑えましょう。

肌の炎症が落ち着いたら、紫外線対策に効果があるとされるビタミンCやアルブチンが配合された化粧品でスキンケアを行ってください。

「外的刺激による肌トラブルにおすすめのアイテムはこちら」



楽天ショップの商品ページ

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る