肌トラブルを改善するにはどうすれば良い?

肌トラブルの改善には正しい洗顔と肌に良い生活習慣がカギとなります


肌トラブルを改善するには、これまでのスキンケアや生活習慣を見直して、肌を労わるような方法や生活に変えていくことが大事です。

洗顔一つを取ってみても、肌質によって異なるので自分に合った方法を知ることから始めたほうが良いでしょう。

肌トラブルは間違ったスキンケアや肌に良くない生活習慣が原因となります

肌トラブルはそもそも、間違ったスキンケアが原因とされています。

毛穴の汚れをしっかり落としたいと強力な洗浄力のクレンジングを使って、指でごしごし肌をこすることや、気持ちいいからといって熱めのお湯で洗顔するのは、肌に大きなダメージを与えることになります。

更に、タオルでごしごし拭いてから、手の平で思いっきり化粧水をパッティングするような荒っぽいスキンケアは、肌に強い刺激となって肌トラブルを加速させる原因にもなるのです。

また、一見肌と体の健康は無関係に思われがちですが、体調は肌に現れると言われるように、普段の生活習慣が肌トラブルにつながることもあるのです。

例えば、アルコールや喫煙は、美肌成分であるビタミンCを破壊したり、皮脂の過剰分泌を招いたりしてニキビや吹き出物の一要因となります。

更に、寝不足や夜更かしも肌の再生に必要な成長ホルモンの分泌を妨げるので、肌トラブルが起こりやすくなります。

また、便秘は本来体外に排出される老廃物が腸に溜まった状態になり、肌状態を悪化させますし、ストレスも自律神経の働きを悪くして、血液の流れを滞らせるので肌トラブルの引き金となるのです。

肌に良くないスキンケアや生活習慣を続けると肌や体の健康を害するリスクが高まります


肌トラブルを招く誤ったスキンケアや生活習慣を続けていると、肌状態が悪化する、体の健康を損なうなどのリスクが高まります。

まず洗顔時に肌をごしごしこすり続けることで、肌表面の角質層は剥がれて皮がむけたり、保水力が低下してかさかさになり、外的刺激から肌を守るバリア機能が衰えて、ぬるま湯をつけるなどのちょっとした刺激でもヒリヒリ痛んだり、炎症を起こして肌を傷つけたりするリスクが高まります。

更に、熱めのお湯や洗浄力の強すぎる洗顔料は、肌の潤いを保つために必要な皮脂まで洗い流されてしまうことや、水分蒸発を加速させることになるため、乾燥が進んでしまう可能性があります。

また、皮脂不足になるので過剰分泌され、毛穴が詰まってニキビや吹き出物などの肌トラブルを助長する可能性もあるのです。

そして、睡眠不足は肌のターンオーバーを妨げるだけではなく、1日の疲れが蓄積して肩こりや頭痛などを招くことや、集中力を欠いて仕事や勉強に支障をきたす可能性もあります。

また、便秘は肌の調子を悪化させるだけではなく、腹痛や排便障害、消化機能の低下や食欲不振など体の健康を阻害する場合もあります。

肌トラブル改善には肌質にあったスキンケアを行う必要があります

肌トラブル改善には自分の肌質を知り、その肌質にあったスキンケアを行うことが大事です。

肌質は3タイプに分けられますが、どの肌質にも現れやすいので外的刺激に過敏に反応する敏感肌です。

まず、全体的に皮脂の分泌量が多くてべたつき、特に額や鼻の頭がてかりやすいオイリー肌、肌がかさつきやすく白い粉がふくのが乾燥肌、季節や顔の部位によってオイリーもしく乾燥しやすいなど肌質が異なる混合肌です。

スキンケアに必要な洗顔料や化粧水なども、それぞれの肌質に適したものを選ぶようにしましょう。

更に、洗顔時のお湯の温度も肌質によって若干異なるので、注意して下さい。

毛穴に溜まった皮脂は、約30℃で溶け出し始めるので、皮脂が多いオイリー肌はやや高めの32、3℃、かさつきやすい乾燥肌はやや低めの26、7℃、混合肌は29~32℃位が適切です。

また、面倒だからといって入浴時にシャワーを顔めがけて直接かけたり、肌をごしごしこすって洗う人もいますが、肌への強い刺激となったり必要な皮脂まで洗い流されてしまうの気を付けて下さい。

(まとめ)肌トラブルを改善するにはどうすれば良い?

1.肌トラブルの改善には正しい洗顔と肌に良い生活習慣がカギとなります

正しいスキンケアを実践し、肌に良いことを習慣化して生活することで、肌トラブルを改善することも可能だとされています。

まずは、自分の肌質を知り、肌質にあったスキンケアを取り入れることから始めましょう。

2.肌トラブルは間違ったスキンケアや肌に良くない生活習慣が原因となります

肌トラブルは、ゴシゴシこするほか、熱いお湯や強い洗浄力の洗顔料を使うなど誤ったスキンケアで引き起こされます。

更に、寝不足や喫煙、アルコールの摂取や便秘なども肌トラブルを招く要因とされています。

3.肌に良くないスキンケアや生活習慣を続けると肌や体の健康を害するリスクが高まります

肌に刺激を与えてしまう、間違ったスキンケアを続けると肌状態が悪化し、肌トラブルが改善されないほか、新たな肌トラブルを招くリスクが高まります。

更に、睡眠不足など肌によくない生活習慣は、体の健康に弊害を及ぼす可能性を高めます。

4.肌トラブル改善には肌質にあったスキンケアを行う必要があります

肌質は、オイリー肌と乾燥肌、混合肌の3タイプがあり、人によって異なります。

自分の肌質を知り、それに合った正しいスキンケアを続けていくことが肌トラブル改善につながります。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る