肌トラブルは水分不足が原因?

肌トラブルが起こっているお肌は、水分量が少ない傾向にあります


肌トラブルにはシミやくすみ、シワ、吹き出物やニキビなどたくさんの種類がありますが、そのルーツとなっているのがお肌の水分量の減少です。

皮脂の過剰な分泌が原因で起こるといわれるニキビや吹き出物は、一見水分量と無関係に思えるかもしれませんが、お肌の乾燥に大きく関係しています。

お肌の水分量を保って、肌トラブルの対策・改善をしていきましょう。

肌トラブルへとつながるメカニズムにはお肌の水分量が関係しています

お肌の水分量と肌トラブルの関係

お肌の水分量が減少すると、どうして肌トラブルにつながるのでしょうか。

そのメカニズムについて説明していきます。

私たちのお肌は大きくわけると「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3層に分けることができます。

表皮のもっとも外側にあるのが角質層で、健康な角質層には約20~30%もの水分を含んでいます。

この角質層は外部刺激からお肌を守る働きをしており、お肌のバリア機能と呼ばれています。

この角質層の水分量が減少すると角質層に隙間ができ、外部刺激を受けやすい状態になってしまいます。

するとシワやシミ、肌荒れなどの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

お肌の水分量が減少してしまう原因

お肌の水分量が減少してしまう原因には、次のようなことが考えられます。

  • 紫外線
  • ストレス
  • 不規則な生活
  • 加齢
  • 間違ったスキンケア

特に間違ったスキンケアが原因の場合が多いため、肌トラブルが起こったらスキンケアの見直しを行いましょう。

肌トラブルを対策しましょう


お肌の水分量を保つためのスキンケア方法をご紹介します。

お肌の水分量を減らさないためには、「お肌を清潔に保つ」、「保湿」、「紫外線対策」がポイントになります。

お肌を清潔に保つ

洗顔をする際は、洗顔料をしっかりと泡立て、泡で洗うように意識しましょう。

忙しい女性は特にササッと手でこすってしまう人が多いです。

手で皮膚をこすってしまわないように注意して洗顔しましょう。

皮膚を摩擦するとお肌が乾燥し、トラブルの原因になります。

そのほか色素沈着や赤ら顔の原因にもなるので、絶対に擦らないようにしましょう。

保湿

保湿不足も肌トラブルにつながるので、しっかりと保湿してあげることが大切です。

濡れたお肌はお肌の水分とともに蒸発し、20分以上経つと元のお肌よりもさらに乾燥することがわかっています。

洗顔後など皮膚が濡れた場合は、すぐに保湿するように心がけましょう。

できれば3分以内に化粧水などを塗るようにしましょう。

紫外線対策

皮膚の老化のほとんどは紫外線によるものだとも言われています。

お肌は紫外線によりダメージを受け、そのダメージはシワやシミなどの肌トラブルにつながります。

日焼け止めクリームや日傘などを使ってすぐに紫外線対策をして、お肌の老化の進行を抑えていきましょう。

力強い洗顔は逆効果です

スキンケアは自分では正しいと思ってやっていても、実は逆効果だったということがよくあります。

やってしまいがちな間違ったスキンケア方法について説明していきます。

顔や体の血行を促進させることは身体やお肌にとってもいいことですが、顔のマッサージなどをオイル等を付けずにやったり、こすり過ぎたりするとお肌の角質層を傷つけてしまいます。

また、美容液やクリームなどを塗る際も同様で、浸透して欲しいがために一生懸命塗り込む人がいますが、こちらもよくはありません。

擦り過ぎなどの刺激は、角質層を傷つけお肌の水分量の低下につながるだけでなく、炎症を引き起こしシミになってしまうこともあります。

少しお肌に触るだけでも、私たちが思っている以上にお肌にとっては刺激となります。

スキンケアを行う場合は、やさしく力を入れないように気を付けて行いましょう。

(まとめ)肌トラブルは水分不足が原因?

1.肌トラブルが起こっているお肌は、水分量が少ない傾向にあります

肌トラブルには様々な種類がありますが、お肌の水分量の減少が原因である場合がほとんどです。

お肌の水分量が減ってしまう原因を知り、対策を行って肌トラブル知らずなお肌を維持していきましょう。

2.肌トラブルへとつながるメカニズムにはお肌の水分量が関係しています

紫外線やストレス、間違ったスキンケアなどによりお肌の水分量は低下してしまいます。

お肌の水分量が低下すると、お肌を外部刺激から守っている角質層に隙間ができることでバリア機能が低下し、ダメージを受けやすくなってしまい肌トラブルにつながります。

3.肌トラブルを対策しましょう

肌トラブルの原因はさまざまですが、肌トラブルの予防には「お肌を清潔に保つ」、「保湿」、「紫外線対策」の3つが大切です。

紫外線対策をきちんとしていなかった人は、今すぐ対策を行いましょう。

4.力強い洗顔は逆効果です

クレンジングや洗顔、保湿などを行う際は、力を入れすぎたりこすりすぎたりしないように十分に注意して行いましょう。

そのほかクレンジングや洗顔のやり過ぎなども肌トラブルの原因になります。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る