脂性肌はどのようなスキンケアを行えばよいの?

脂性肌のスキンケアは皮脂を取り過ぎないことが大切です


脂性肌の方は、どうしても肌がべた付いてしまい、過剰な洗顔をしてしまいがちです。

しかし、洗顔の回数が多すぎたり、洗浄成分の強い洗顔料を使用したりすることでより皮脂が多く分泌されると考えられています。

脂性肌の方はニキビや毛穴の黒ずみなどの肌トラブルが起こりやすいため、適切なスキンケアを行っていくことが大切です。

脂性肌だからといって皮脂を取り除きすぎるのは逆効果です

「脂性肌を改善するには、皮脂を洗い流すのがベストなスキンケア」と思ってはいませんか?

実は、これは脂性肌にお悩みの方が陥りがちな間違ったスキンケアの方法だといえるのです。

脂性肌というのは、皮脂の分泌が過剰になっている状態の肌を指します。

しかし、だからといって皮脂を取り除きすぎるのは、かえって皮脂を分泌させてしまうと考えられています。

皮脂は多すぎても少なすぎても肌トラブルの原因になり、皮脂が不足すると肌表面の水分を蒸発させてしまうといいます。

また、肌を保護するバリア機能ももっているため、皮脂がなくなると外からの刺激に敏感になってしまうと考えられます。

肌のバリア機能が低下することで、肌はさらに皮脂を分泌させようとしてしまうというのです。

このことから、洗顔の回数が多くしたり、洗浄成分の強い洗顔料を使用したりすることは脂性肌にとって良くないスキンケアだといえます。

脂性肌にとってベターなスキンケアとは、皮脂を適度に落とすこと、乾燥肌を招かないように保湿をしっかり行うことだといわれています。

脂性肌の原因にはさまざまあります


脂性肌は間違ったスキンケアにより悪化するとご説明しましたが、スキンケア以外にも脂性肌を招く原因はいくつか挙げられます。

ここでは、脂性肌の原因をご紹介します。

加齢や遺伝

ホルモンバランスの影響により皮脂の分泌が過剰になることがあります。

脂性肌は思春期だけでなく、30代後半~40代の方も起きやすいといわれています。

毛穴の開きや乾燥が原因と考えられています。

また、皮脂腺の大きさが遺伝することでも脂性肌になることがあります。

脂の多い食生活

脂っこい食事が多いという方は脂性肌になりやすいといわれています。

特に、飽和脂肪酸と呼ばれる成分を多く含む食品(肉、バター、チョコレート、ラードなど)の過剰摂取は避けるようにしましょう。

飽和脂肪酸は不飽和脂肪酸に比べ融点が高いため、毛穴詰まりの元になると考えられています。

不規則な生活習慣

睡眠不足やストレスなど、不規則な生活習慣によりホルモンバランスが乱れることも皮脂の分泌量が増える原因になります。

ホルモンバランスを整え、ターンオーバーを正常に保つためにも生活習慣の見直しを行いましょう。

脂性肌はニキビや毛穴の黒ずみ、脂漏性皮膚炎などの原因になります

脂性肌には肌がべた付き、テカテカしてしまうという肌トラブルが生じますが、この状態は初期症状ともいえる段階です。

脂性肌が進行すると、肌表面や毛穴に蓄積した皮脂を養分に、アクネ桿菌と呼ばれる細菌が繁殖しニキビを発生させてしまいます。

10代のニキビはホルモンバランスの乱れが原因と考えられており、年齢とともに改善していくことがほとんどです。

しかし、思春期を過ぎてからできるニキビは、いわゆる「大人ニキビ」と呼ばれるもので、10代のニキビと同じホルモンバランスの乱れに加え他の要因が関係していることが多いといいます。

そのため、10代のニキビよりも治りにくく、ニキビ跡や色素沈着になりやすいと考えられています。

また、脂性肌は皮脂が溜まりやすいといえます。

溜まった皮脂が酸化し、毛穴の黒ずみを生じさせてしまうこともあるでしょう。

脂性肌が悪化すると、脂漏性皮膚炎と呼ばれる皮膚病になる可能性もあります。

脂漏性皮膚炎はマラセチアというカビが原因とされており、ニキビだけでなく、痒みや赤みなどを伴うことがあります。

慢性化すると治療に時間がかかるため、脂性肌から脂漏性皮膚炎に発展させないよう正しいスキンケアを身に付けましょう。

(まとめ)脂性肌はどのようなスキンケアを行えばよいの?

1.脂性肌のスキンケアは皮脂を取り過ぎないことが大切です

脂性肌は皮脂が多く、肌がべたべたするため過剰に洗顔をしてしまう方が多いですが、かえって皮脂が多くなると考えられています。

脂性肌特有のニキビや毛穴の黒ずみといった肌トラブルを防ぐためにも、皮脂を取り過ぎないスキンケアを行いましょう。

2.脂性肌だからといって皮脂を取り除きすぎるのは逆効果です

脂性肌は皮脂の分泌が過剰になっている状態のため、肌がベタベタしてしまいがちです。

しかし、皮脂を取り除きすぎるスキンケアは、かえって皮脂の分泌を増やしてしまうと考えられています。

3.脂性肌の原因にはさまざまあります

脂性肌の原因は、間違ったスキンケア以外にも、加齢や遺伝、脂っこい食事や睡眠不足、ストレスなど不規則な生活習慣にもあると考えられています。

脂性肌の改善のためにも、食生活や生活習慣などの見直しを行いましょう。

4.脂性肌はニキビや毛穴の黒ずみ、脂漏性皮膚炎などの原因になります

脂性肌は肌がテカテカするだけでなく、ニキビや毛穴の黒ずみなどの原因になると考えられています。

悪化することで、脂漏性皮膚炎と呼ばれる皮膚病になる恐れもあるため、初期の段階で改善していけるように正しいスキンケアを徹底しましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る