石鹸を使ったスキンケアのポイントは?

石鹸の選び方とスキンケアの方法がポイントです


身体や手を洗うときに使う一般的な石鹸は、全身用に作られていますので顔の洗顔に使っても問題ありません。

しかし、顔の肌は身体の肌よりも皮膚が薄くデリケートなため、一般的な石鹸では乾燥や肌荒れなどのトラブルを起こす可能性があります。

敏感な顔の洗顔には、肌への刺激が少ない石鹸を選び、正しいスキンケアを行うことが大切です。

肌にやさしい石鹸を選びましょう

洗顔用の石鹸を選ぶときは、含まれている成分に注目しましょう。

石鹸の成分のほとんどは、動物や植物の油から作られる洗浄成分で、「石ケン素地」と成分表示されています。

天然由来の成分のため、肌への負担が少ないといわれています。

石鹸には、そのほかに、合成界面活性剤、防腐剤、着色料、などが含まれています。

これらは肌への刺激になりやすいため、配合されていないかどうか成分表示をチェックするようにしましょう。

肌の乾燥が気になる方は、さらにヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿成分が配合されたものがいいでしょう。

また、肌にやさしい石鹸は製法作りからもチェックできます。

代表的な製法として、機械練り製法とコールドプロセス製法がありますが、一般的な大量生産の石鹸は、機械練り製法で急速冷却・急速乾燥して作られています。

機械練り製法では、天然の保湿成分であるグリセリンが除去されることが多いため、乾燥やツッパリ感を感じる方もいるでしょう。

コールドプロセス製法では、石鹸を自然乾燥させ、1ヶ月以上かけて作ります。

材料に熱を加えず低温で作るため、熱に弱い保湿成分や美肌成分も配合することが可能です。

肌にやさしいコールドプロセス製法の石鹸がおすすめです。

洗顔方法も大切です


肌にやさしい石鹸を選んでも、間違った洗顔方法をしていては効果半減です。

朝と晩1日2回、正しい洗顔を行いましょう。

まず、洗顔前に手を洗い、ぬるま湯で顔を軽く濡らしておきます。

髪の長い方は髪を結ぶなど、顔まわりをスッキリさせておきましょう。

次に、石鹸をよく泡立てます。

手で泡立てるのが難しい場合は、泡立てスポンジや泡立てネットを使うと簡単に泡立てることができます。

たっぷりの泡ができたら、額から鼻にかけてのTゾーンに泡をなじませ泡を転がすようにやさしく洗っていきます。

指がなるべく肌に触れないように洗うのがポイントです。

続いて、頰などのUゾーンに泡をなじませ、最後に目もと口もとに泡をのせて、同じようにやさしく洗います。

ぬるま湯で手早く洗い流します。

髪の生え際などは、石鹸が残りやすいので洗い残しがないように気をつけましょう。

清潔なタオルで、顔を軽く押さえるようにして水分を吸いとります。

ゴシゴシこすらないようにしましょう。

石鹸を使った後は、水分をしっかりきっておきましょう。

水分が残ったまま放っておくと、石鹸が痛んでしまいます。

スポンジ型の石鹸ホルダーの上においたり、ネットに入れて吊したりして、石鹸に水分が残らないようにしましょう。

洗顔後の保湿ケアをしっかりしましょう

洗顔後、何もケアをしないで放っておくと肌の水分がどんどん蒸発していきます。

洗顔で汚れを落とした後は、すぐに保湿ケアをしましょう。

洗顔後には、まず化粧水をつけて肌のキメを整えます。

コットンではなく、手のひらや指の腹を使って肌に押し込むようにていねいにつけましょう。

化粧水をていねいにつけると、その後に使う美容液や乳液・クリームの浸透がよくなります。

美容液は、保湿成分や美容成分を肌に届けるために使います。

肌の悩みにあわせて選びましょう。

最後に、乳液・クリームで肌に油分を与え潤いを閉じ込めましょう。

目もと、口もとの乾燥が気になる方は、油分の強いクリームの方がいいでしょう。

潤いのある肌には、保湿成分の補給が必要です。

スキンケア化粧品は、保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸が配合されたものがおすすめです。

保湿成分は、化粧水よりも美容液や乳液・クリームに多く配合されています。

高配合の化粧品を選びましょう。

(まとめ)石鹸を使ったスキンケアのポイントは?

1.石鹸の選び方とスキンケアの方法がポイントです

顔の肌は身体の肌に比べて皮膚が薄くデリケートです。

そのため、洗顔には一般的な石鹸よりも刺激の少ない石鹸を選ぶことが大切です。

また、正しい洗顔、スキンケア方法を身につけましょう。

2.肌にやさしい石鹸を選びましょう

洗顔石鹸を選ぶときは、含まれている成分をチェックしましょう。

肌への刺激になりやすい合成界面活性剤、防腐剤、着色料などはなるべく避けるようにしましょう。

また、コールドプロセス製法で作られた石鹸が肌にやさしくおすすめです。

3.洗顔方法も大切です

洗顔は、朝と晩1日2回行うのが基本です。

たっぷりの泡を転がすようにやさしく洗い、やさしく水分を拭き取りましょう。

洗顔後の石鹸は、水分をきって保管することも大切です。

4.洗顔後の保湿ケアをしっかりしましょう

洗顔で汚れを落とした後は、すぐに保湿ケアを行うことが大切です。

化粧水、美容液、乳液・クリームの順番でていねいにつけましょう。

保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸配合の化粧品を使うのがおすすめです。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る