花粉症で肌荒れをしている時にメイクをしても大丈夫?

花粉症で肌荒れをしていてもメイクをして大丈夫です


花粉症の影響で肌荒れをしていても、メイクをして問題はありません。

何故ならメイクをすることによって、花粉が直接肌に触れることを防ぐ効果を期待できるからです。

ただし、花粉症で肌荒れを起こしている時は普段より肌が敏感な状態になっているため、いつも使っている化粧品でも刺激を感じることがあります。

肌がピリピリとしたり、少しでも赤みが出たりした時は、速やかに他の化粧品に変えるようにしましょう。

我慢して使い続けると肌が刺激に負けてしまい、腫れやかゆみなど、さらなるトラブルを引き起こす可能性があります。

花粉から肌を守るにはクリームファンデーションがおすすめです

花粉症で肌荒れをしている時はメイクをしない方が肌にやさしい、すっぴんの方が肌に負担がないという考え方もありますが、メイクをすると花粉から肌を守る効果が高まるため、メイクをした方が肌荒れを抑える効果が期待できます。

とはいえ、あまり気合いの入りすぎたメイクをしてしまうと肌に刺激を与えて逆効果になることもあるので、あくまでナチュラル感を意識したメイクが良いでしょう。

花粉症で肌荒れを起こしている場合、ファンデーションはパウダータイプではなく、クリームタイプのものを選ぶ方が花粉から肌を守るバリア機能が高くなります。

もともとオイリーな肌質の方はクリームファンデーションを使うと、重たさが気になることもあるかもしれません。

もしどうしても肌の重たさを感じる場合は、クリームファンデーションより少し軽めのリキッドタイプを選んでみましょう。

パウダータイプのファンデーションを塗ると、粉が舞って目や鼻を刺激してしまうことがあるため、いつもはパウダー派だという方も、花粉症のシーズン中だけは避けた方が無難です。

仕上げにパウダーファンデーションを使わないとテカリが気になる場合は、クリームファンデーションをマットタイプのものに変えてみましょう。

花粉症シーズン中は軽めのメイクを意識しましょう


花粉症がひどくなると1日の間に何度もくしゃみが出てしまい、その度に鼻をかんだり、涙を拭いたりする必要があります。

当然ながらメイクも通常時よりは落ちやすい状態になり、朝せっかく頑張ってメイクをしてきても、お昼頃までもたないという声も多く上がっています。

こういった問題を解決するためには、メイク直しをこまめにすることが効果的と言えるでしょう。

しかし仕事先や外出先では頻繁にメイク直しをすることも難しいため、朝メイクをする際にちょっとした工夫が必要となってきます。

花粉症の時はクリームファンデーションがおすすめであることは先述の通りですが、クリームタイプは塗り直してもよれず、メイク直しがしやすい特徴があります。

肌質や使用感の好みによっては、BBクリームに変えみても良いでしょう。

そして、アイメイクについてですが、つけまつ毛をしたりマスカラを大量につけたりすると刺激になりやすいため、花粉症で肌荒れをしている最中は最小限にしておく方が安心です。

アイシャドウはクリームタイプのものに変更し、どうしてもマスカラをつけたい時はごく軽めを心がけましょう。

つけまつ毛やマスカラを盛りすぎてしまうと、メイクオフの際に肌をこすりやすく、摩擦で肌に負担がかかることがあります。

花粉症での肌荒れを悪化させないためにやさしいクレンジングを心がけましょう

花粉症で肌荒れをしているかいないかに関わらず、帰宅したらメイクは早く落とした方が良いという認識は、多くの方が持っていることでしょう。

帰宅直後はメイクに花粉が付着している状態なので、クレンジングを先延ばしにすればするほど、花粉による刺激を受ける可能性が高くなります。

使用するクレンジングは肌に合うものであればどんなタイプのものを使用しても問題ありません。

香料が肌荒れの原因となることもあるため、できれば無香料のものにしてみましょう。

クレンジングをする際のコツとしては、肌を強くこすらないようにすることです。

一般的にクレンジング剤は強い力でこすらなくてもメイクが落ちるように作られており、肌を強くこすると肌荒れを悪化させる原因となってしまいます。

最後にもうひとつ大切なことは、顔の汚れを落とし終わったらすぐに化粧水で保湿をしましょう。

肌を洗いっぱなしにしてしまうと、その間に肌の水分が蒸発して乾燥しやすくなるからです。

(まとめ)花粉症で肌荒れをしている時にメイクをしても大丈夫?

1.花粉症で肌荒れをしていてもメイクをして大丈夫です

花粉症で肌荒れを起こしていても、メイクをすること自体に問題はありません。

メイクがバリアとなり、花粉が肌に付着するのを防ぐ効果を期待できるからです。

注意点として普段より敏感肌になっているため、いつも使っている化粧品が合わない可能性があります。

2.花粉から肌を守るにはクリームファンデーションがおすすめです

花粉症で肌荒れをしている時はメイクをしない方が良いという説もありますが、ファンデーションがバリアとなってくれるため、メイクをすることは禁止事項ではありません。

ファンデーションの中でもクリームタイプが最もバリア機能が高く、おすすめです。

3.花粉症シーズン中は軽めのメイクを意識しましょう

鼻をかんだり、涙が出たりすることで、花粉症の時はメイクが落ちやすい状態ですが、メイク直しをする時間が取りづらい方が多いのが現状です。

メイクをする時間がかかり、肌への負担になりやすいアイメイクはしないか、ごく軽いものにすると良いです。

4.花粉症での肌荒れを悪化させないためにやさしいクレンジングを心がけましょう

花粉症での肌荒れがあるかないかに関わらず、メイクはその日のうちに速やかに落とすように心がけましょう。

メイクについた花粉が刺激となる可能性があるため、できるだけ早くクレンジングをすることが大切です。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る