花粉症で肌に炎症が起きた時のスキンケア方法は?

花粉症で肌に炎症がある時のスキンケアで大切なのは保湿です


花粉症の人が肌に炎症を起こしてしまうことは珍しいことではなく、多くの場合は保湿をきちんと行うことで症状が改善されていきます。

花粉症で炎症が起きた肌はとても敏感になっているため、ささいな刺激に対しても反応しやすくなっています。

肌が敏感になってしまう主な原因としては、肌のバリア機能が低下してしまうことが挙げられます。

空気の乾燥、強風、ほこり、乾燥、寒暖差など、花粉症がピークを迎える時期は、花粉の飛散以外にも肌が炎症を起こしてしまう要因がいくつもあります。

花粉症による肌の炎症は「花粉症皮膚炎」の可能性があります

花粉症のシーズンになると肌に何らかのトラブルを抱えてしまう人の割合は、年々増加傾向にあります。

環境問題の悪化から特に風の強い春先に花粉と共に黄砂やPM2.5などが大気中に広がり、それらが肌に付着することで「花粉症皮膚炎」を発症してしまうことがあります。

花粉症皮膚炎は肌が露出している顔や首に症状が出ることが多く、目の周りなどの粘膜はさらに影響を受けやすい場所です。

かゆみが我慢できずにかいてしまうと、炎症が悪化したり色素沈着を起こしたりすることもあります。

花粉症のシーズンだけ肌の炎症が起きるようであれば、花粉症皮膚炎である可能性が高いです。

くしゃみ、鼻水、目のかゆみといった花粉症特有の症状が出ていない場合も、肌に炎症が見られる場合は花粉症皮膚炎かもしれません。

花粉症皮膚炎は体内に花粉を吸い込まなくても肌に付着するだけで、発症します。

スギの花粉が最も多いですが、ほかにもブタクサ、ヨモギ、シラカンバなどの花粉が炎症の原因となりやすいです。

また、花粉症を持っている人は食物アレルギーを発症しやすいとも言われており、花粉症患者全体のおよそ10%近くの人が、果物や野菜で食物アレルギーを起こしたことがあるとされます。

肌を花粉症による炎症から守るためのスキンケアを徹底しましょう


花粉症による影響から肌を守り炎症を防ぐには、丁寧なスキンケアを行うことが大切です。

スキンケアの基本は何と言っても、保湿です。

乾燥により敏感になった肌には、敏感肌用や植物性の成分で作られた肌にやさしいタイプの化粧水で保湿をしましょう。

乾燥した肌をそのままにしてしまうと炎症がますます悪化し、肌トラブルが慢性化する恐れがあります。

ただし、植物性の成分で作られたナチュラル系の化粧品の中には、天然の香料であっても人によって肌に合わないことがあります。

肌がもともと弱い人は、香りのない無香料タイプのものを使うとより安心です。

洗顔やクレンジングの際も同様に、肌に負担を与えないマイルドな使い心地の製品を選ぶようにしましょう。

また花粉症で炎症を起こした肌は、あまり強い紫外線を浴びると症状が悪化することがあります。

油分が控えめな日焼け止めクリームやファンデーションを使い、紫外線から肌を守ることも炎症を抑えるための重要なポイントです。

日焼け止めクリームは成分として含まれている「紫外線吸収剤」に肌が過敏に反応してしまう可能性があります。

紫外線吸収剤は紫外線を防ぐ力が強く、その分肌に負担を与えることもあるので、肌が特に弱い人は「紫外線散乱剤」を使用した日焼け止めクリームを選んでください。

花粉症対策の基本であるマスクやメガネも活用しましょう

花粉症に悩んでいる、または花粉症予防をしたい人の多くがマスクやメガネを着用していますが、花粉を防ぐために万全とは言い切れないものの、やはり有効な手段であると言えます。

マスクをつけると無防備な状態で外出した時と比較して、吸い込む花粉の量が6分の1ほどに減るというデータもあります。

花粉症のシーズンに突入したら、マスクやメガネを身につけると良いでしょう。

メガネは大幅に花粉をシャットアウトできるものではありませんが、やはり身につけた方が花粉を防ぐ効果が期待できます。

花粉防止用のゴーグルの中には90%以上もの花粉を防ぐことができるものもあります。

コンタクトレンズを使用している方は花粉の影響で目の炎症を起こすことがあるので、メガネに替えた方が良い場合もあります。

(まとめ)花粉症で肌に炎症が起きた時のスキンケア方法は?

1.花粉症で肌に炎症がある時のスキンケアで大切なのは保湿です

花粉症による肌の炎症は、保湿をきちんとすることで徐々に改善されていきます。

花粉症のシーズンは花粉以外にも空気の乾燥、強風、ほこり、乾燥、寒暖差など、肌のバリア機能が低下する要因があります。

2.花粉症による肌の炎症は「花粉症皮膚炎」の可能性があります

花粉症皮膚炎は顔や首に症状が出ることが多く、目の周りなどの粘膜は特に花粉の影響を受けやすい場所です。

スギの花粉による発症が最も多く、ブタクサ、ヨモギ、シラカンバなどの花粉も炎症の原因となります。

3.肌を花粉症による炎症から守るためのスキンケアを徹底しましょう

肌を花粉症による炎症から守るためには、丁寧な保湿と紫外線予防が大切です。

保湿に使用する化粧水も、紫外線を防ぐための日焼け止めクリームも敏感肌用のものなど肌にやさしいものにしましょう。

4.花粉症対策の基本であるマスクやメガネも活用しましょう

花粉症を予防するためには、花粉を体内に取り込まないようにする必要があります。

マスク、メガネ、ゴーグルは花粉をある程度防ぐ効果があるとされるため、使用感が気にならないのであれば着用するようにしましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る