肌のごわつきを改善するスキンケアの方法とは?

肌のごわつきを改善するには、古い角質を落とし、保湿をしっかり行うスキンケアが大切です


肌のごわつきは、古い角質が蓄積されることで「角質肥厚」となっているのが主な原因とされています。

つまり、肌のごわつきを改善するためには、古い角質を落とすスキンケアが必要となるのです。

ピーリングを行うことは効果的ですが、角質肥厚は肌の乾燥によっても起こるため、保湿を意識したスキンケアも重要となるでしょう。

また、角質肥厚の要因となる生活習慣の改善や紫外線予防も大切です。

肌のごわつきは角質肥厚が原因と考えられます

肌に柔らかさがなくゴワゴワしている状態を「肌がごわつく」と表現します。

肌のごわつきはメイクののりを悪くさせ、くすんだ印象にさせてしまいます。

主に古くなった角質が肌の表面に蓄積され厚くなってしまっていることを指しており、この状態のことを「肌がゴワゴワしている状態を「角質肥厚」と呼びます。

角質肥厚になると化粧水や美容液などの浸透率が下がってしまうため、肌荒れや乾燥、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

通常、古い角質はターンオーバーによって自然に剥がれ落ち、新しい肌に生まれ変わるの仕組みとなっています。

しかしながら、何らかの原因によってターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質が剥がれ落ちなくなります。

肌のごわつきを改善するための一つの方法として、古い角質を除去してあげること、つまり「ピーリング」をスキンケアに取り入れることが挙げられます。

ピーリングはあまり頻繁に行うとお肌に負担をかけてしまうため、週に1~2回程度を目安に行うのが良いとされています。

ゴシゴシと肌を強く擦らないことが大切です。

また、生理前は角質肥厚になりやすいですが、同時に肌が敏感になっている時期でもあるのでピーリングを避けた方が無難です。

ターンオーバーの乱れはさまざまな要因で起こります


角質肥厚の原因であるターンオーバーの乱れは、さまざまな要因で起こると考えられています。

28日周期を目安に訪れるターンオーバーが乱れてしまう要因をみていきましょう。

加齢

ターンオーバーの周期は28日というのが理想的とされています。

しかしながら、年齢とともにその周期は長くなっていき、30代では40~45日程度になるといいます。

肌の生まれ変わりが遅くなるゆえに、古い角質が溜まりやすくなってしまうといえます。

生活習慣の乱れ

睡眠時にはターンオーバーを促進させる「成長ホルモン」が多く分泌されるといいます。

そのため、睡眠不足や質の悪い睡眠が続くと、ターンオーバーが正常に行われなくなってしまうでしょう。

脂っこい食事や糖分などの取り過ぎにも注意が必要です。

誤ったスキンケア

紫外線はターンオーバーを乱れさせる原因の一つとされています。

紫外線を浴びると、肌のダメージを修復させるために育ち切っていない角質が表面化してきてしまうことがあるため、肌のごわつきを防ぐのに紫外線対策が重要といえるでしょう。

また、肌に摩擦を与えたり洗浄力の強い洗顔料を使ったりすることで肌の刺激となり、角質肥厚を招く恐れもあります。

肌のごわつきを改善するには保湿を行いましょう

角質肥厚を防ぎ肌のごわつきを改善するには、ピーリングだけでは不十分といえます。

まず、肌の乾燥は肌の防御機能が作用することで角質肥厚の原因になると考えられます。

そのため、肌のごわつきを改善するには保湿重視のスキンケアが推奨されています。

保湿力の高い肌というのは、肌表面の水分が蒸発しにくく角質層が水分で満たされている状態のことをいいます。

角質層の保湿成分の多くを占めているセラミドには、角質の中に水分を保持させる働きがあるとされています。

保湿力を高めるために、セラミドが配合された化粧品を使用するのも良いでしょう。

さらに、ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸なども肌の水分を保持するのに効果的です。

また、ブースター(導入美容液)をスキンケアのはじめに取り入れることで、保湿成分がより浸透しやすくなることが期待できます。

(まとめ)肌のごわつきを改善するスキンケアの方法とは?

1.肌のごわつきを改善するには、古い角質を落とし、保湿をしっかり行うスキンケアが大切です

肌のごわつきは生活習慣の乱れや紫外線などが要因となる「角質肥厚」が原因で起こると考えられています。

肌のごわつきを改善するためには、古い角質をピーリングによって除去するほか、乾燥を防ぐ保湿重視のスキンケアが必要となります。

2.肌のごわつきは角質肥厚が原因と考えられます

肌のごわつきは古くなった角質が蓄積される「角質肥厚」が原因で起こると考えられています。

角質肥厚になると肌トラブルが起こりやすくなるため、ピーリングを行うことで古い角質を除去する必要があるでしょう。

3.ターンオーバーの乱れはさまざまな要因で起こります

ターンオーバーの乱れは角質肥厚の原因となり、さまざまな要因によって起こると考えられています。

加齢や睡眠不足、生活習慣の乱れなどが挙げられます。

また、紫外線や肌への摩擦、刺激などもターンオーバーの乱れを引き起こす可能性があります。

4.肌のごわつきを改善するには保湿を行いましょう

肌のごわつきを改善するには、角質肥厚の原因となる肌の乾燥を防ぐ必要があるでしょう。

そのためには保湿重視のスキンケアが効果的といえます。

肌の水分を保持させる効果のあるセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが配合された化粧品がおすすめです。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る