スキンケアってどこまでやればいいの?

スキンケアをどこまでするかは基礎を整えるケアとお悩み別のケアに分けて考えましょう


基本のスキンケアは洗顔から化粧水、美容液、乳液・クリームという工程で進みます。

年齢や肌質、季節によって必要なケアには違いがあります。

アンチエイジングや美白などお悩みに適した目的の美容液を使って、自分に合ったスキンケアサイクルを組み立てましょう。

また夜だけクリームやパックなどのスペシャルケアをプラスすることもおすすめです。

スキンケアは正しい順番でそれぞれの役割を理解して行いましょう

スキンケアにかかわるアイテムはちょっと探すだけでも山のようにあります。

なんとなくスキンケアを終わらせているけれどこれでいいのかと考えたことはないでしょうか。

まずは基本のステップをおさらいしましょう。

  1. 洗顔
    化粧水や乳液の効果を高めるためにも、必要になるのが洗顔です。

    洗顔することによって外部からの汚れや余分な皮脂を落として、化粧水がしみこみやすい状態に整えます。

    メイクを落とす夜の洗顔は専用のメイク落としを使って汚れを持ち越さないようにしましょう。

  2. 化粧水
    化粧水は保湿して肌を整える役割があります。

    洗顔後の肌はすぐに乾燥してしまうため洗顔と化粧水はセットですぐに行うようにしましょう。

  3. 美容液
    美容液は人によっては使わないこともあるかもしれません。

    美容液は保湿やアンチエイジング、美白など機能に特化したものが豊富です。

    季節によってプラスするなど肌の状態をみながら使いましょう。

  4. 乳液・クリーム
    乳液は必要な油分を補うために必要な工程です。肌の皮脂が多いという人は、油分が足りずに過剰に皮脂分泌が進んでいるかもしれません。

    水分と油分のバランスを整えるために必ず使うようおすすめします。

スペシャルケアは美容液で取り入れましょう


肌質や年代によって必要なスキンケアは違います。

使用するスキンケアのラインナップに違いが出ることもありますが、基礎化粧品の中でもスペシャルケアに適しているのが美容液です。

美容液は有効成分が凝縮されているため少量でも目的に沿ったスキンケアをすることができます。

保湿美容液

乾燥しやすい口元や目元だけ使うためにも便利なのが保湿に特化した美容液です。

シワやたるみ対策にもなるので、どんな美容液を買うか悩んでいる人にもおすすめです。

アンチエイジング美容液

シミやシワに効果的なのがアンチエイジングに特化した美容液です。

お肌のターンオーバーを促進する成分や加齢によって不足しがちなコラーゲンなどが配合されていることが多いでしょう。

美白美容液

美白美容液にはアルブチンやビタミンC誘導体などの有効成分が含まれています。

日焼けを防ぐととともに、すでにできたメラニンを定着させないようにする役割があります。

美容液は年代やお悩みによって適したものを選択します。

また、乾燥しがちな冬は保湿美容液、日焼けが気になる夏は美白美容液というように季節によって変えてもいいでしょう。

朝と夜でもスキンケアは変わります

スキンケアは目的を理解してアイテムを選ぶことが大切です。

そのためには朝と夜のスキンケアの違いを理解しておきましょう。

朝と夜ではスキンケアの目的が違います。

朝のスキンケアは外的刺激から肌を守ることを意識しましょう。

紫外線やほこり、乾燥など日常的に肌は外的刺激にさらされています。

メイクアップするために肌を整えるとともに、乾燥やメイク崩れを防ぎましょう。

夜のスキンケアは日中に受けたダメージから肌をいたわる役割があります。

肌の負担となる化粧や汚れをしっかり落として、栄養や潤いを与えましょう。

パックなどを使ってケアするのもおすすめです。

夜は肌を回復されるゴールデンタイムがあります。

肌の回復やターンオーバーを進めるためにもゴールデンタイムまでに就寝しておくといいでしょう。

またナイト専用のクリームは肌の生まれ変わりをサポートするのに特化しているといわれています。

夜は明日への活力を生み出して、美しくなるための貴重な時間です。

朝と夜の時間を上手に活用して肌を育てましょう。

(まとめ)スキンケアってどこまでやればいいの?

1.スキンケアをどこまでするかは基礎を整えるケアとお悩み別のケアに分けて考えましょう

スキンケアは肌の状態を整える基本のケアと、一人ひとりのお悩みに対応したスペシャルケアに分けられます。

美容液はアンチエイジングや保湿、美白など目的に特化したものが多いので、上手に活用してください。

2.スキンケアは正しい順番でそれぞれの役割を理解して行いましょう

スキンケアは洗顔からスタートして化粧水、美容液、乳液もしくはクリームというように工程が進みます。

洗顔には皮脂や汚れを落とす役割、化粧水で肌の状態を整えるなどそれぞれに役割があります。

3.スペシャルケアは美容液で取り入れましょう

乾燥肌やアンチエイジングなど肌質や年代による悩みをケアするなら美容液でのスペシャルケアをおすすめします。

美容液はお悩み事に適した美容成分が凝縮されています。季節によって使い分けてもいいでしょう。

4.朝と夜でもスキンケアは変わります

朝のスキンケアはメイクアップするための肌の土台を整えるととともに、紫外線やほこりから肌を守る役割があります。

夜は日中の肌ダメージから回復して、栄養を補うことを意識しましょう。

パックやナイトクリームなどのアイテムも上手に活用してください。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る