スキンケアでヒリヒリするときはどうすればいいの?

スキンケアでヒリヒリするときは、普段のスキンケアを見直して肌を育てるためのケアに専念しましょう


スキンケアで肌がヒリヒリするときは外部の刺激に反応しているか、肌が薄くなっていることがあります。

肌は紫外線や化粧品などの刺激によってダメージを受けてしまいます。

洗顔や強い刺激のスキンケアをしていないか見直しましょう。

ゴシゴシ洗いすぎたり、肌の材料になるタンパク質が不足したりすることも肌トラブルの原因です。

普段のケアを見直して肌を育てるケアを心がけましょう。

肌がヒリヒリするときはまず原因を探りましょう

肌がヒリヒリしてかゆくなりやすいという人は多いでしょう。

体質だからと諦めてはいないでしょうか。

原因を見極めて対策を講じましょう。

肌が薄く敏感

髪や服が触れるだけでも肌がヒリヒリするなど、ちょっとした刺激で肌に痛みを感じるのは肌が薄くなっているかもしれません。

これは角質層が薄く肌のバリア機能が低下することで、外部の刺激が届きやすくなった状態です。

女性ホルモンの減少や過剰なスキンケアが原因ともいわれています。

外部からの強い刺激

肌はデリケートなので外部からのダメージによってヒリヒリすることがあります。

例えば、紫外線や摩擦など無防備にダメージを与えられ続けることで肌のバリア機能が落ちることもあります。

化粧品などが原因のかぶれ

化粧品やスキンケアが肌に合わない場合、アレルギー反応やかぶれを引き起こしてしまうことがあります。

防腐剤や香料なども原因になりますが、体質によっては植物など天然由来の美容成分でもかぶれることがあります。

ニキビや発疹

ニキビや帯状疱疹などの症状の前触れなどもヒリヒリの原因です。

季節の変わり目など体調を崩しやすい時期や免疫力が低下するためこのような肌トラブルに見舞われやすいといわれています。

肌がヒリヒリするときは肌のターンオーバー周期が早くなっているかもしれません


肌がヒリヒリと痛むときは原因によって適したケアが必要です。

肌が赤く熱を持っているときなどは炎症を起こしていることがあるため早めに皮膚科を受診しましょう。

外用薬を処方してもらって治療に専念します。

化粧品かぶれやアレルギー症状なども皮膚科で原因物質を特定することが重要です。

ヒリヒリしても炎症がない場合などは肌のコンディションを整えるスキンケアを見直しましょう。

肌が乾燥することでバリア機能が低下してヒリヒリすることがあります。

保湿成分が配合された化粧品で肌に潤いを足してください。

また角質層が薄くなっている場合は肌のターンオーバーを整えます。

乾燥肌や敏感肌の原因の一つがターンオーバーの周期が早すぎて角質層が育ち切らないことです。

ピーリングや刺激の強いスキンケア、洗顔などによって角質層が薄くなってしまうことがあります。

肌がヒリヒリするときは刺激を与えないように注意しましょう。

ターンオーバーを整えるには免疫力を高めるために食生活を見直して規則正しい生活を送るようにしてください。

保湿がメインのシンプルなスキンケアと食生活の改善で肌を育てましょう

健康的な肌は皮膚細胞の寿命がくると自然に剥がれ落ちて、常に新しい角質が肌を保護してくれています。

この肌の生まれ変わりサイクルをターンオーバーと呼び、美しい肌を育てるためには欠かすことができません。

ターンオーバーが乱れたときには洗顔や刺激が強いスキンケアは控えめにしてシンプルなケアを心がけます。

セラミドのような保湿成分が含まれた化粧品を使って肌のバリア機能を回復しましょう。

化粧水と乳液両方に保湿成分が含まれたものを使用して、最後にクリームの油分で肌の水分が逃げださないようにフタをします。

またバスタイムの後はすぐに肌が乾燥し始めます。

バスルームを出たら速やかに保湿する化粧水などを塗って水分を補給しましょう。

加えて健やかな肌を育てるためには、タンパク質などの肌のもとになる栄養を摂るようにしてください。

ダイエットを始めてから肌トラブルが起きたという人は肌の栄養不足かもしれません。

肉やたまご、納豆などの大豆製品を意識して食べるようにしましょう。

(まとめ)スキンケアでヒリヒリするときはどうすればいいの?

1.スキンケアでヒリヒリするときは、普段のスキンケアを見直して肌を育てるためのケアに専念しましょう

過度の洗顔や紫外線など外部の刺激に反応して肌がヒリヒリすることがあります。

食生活の乱れや免疫力の低下も肌が育たない原因になるでしょう。

スキンケアと生活習慣を見直すことで肌が育つサイクルを整えてください。

2.肌がヒリヒリするときはまず原因を探りましょう

肌がヒリヒリするときは、肌が薄くなっていたり、外部からのダメージが蓄積していたりとさまざまな原因が考えられます。

肌が炎症を起こして熱を持っていたり、アレルギー反応が出たりしたときは早めに病院で診察を受けましょう。

3.肌がヒリヒリするときは肌のターンオーバー周期が早くなっているかもしれません

美しくて丈夫な肌を育てるためには、ターンオーバーによる肌の生まれ変わりがスムーズに行われている必要があります。

行き過ぎたスキンケアで角質層が育ち切らないままだと、肌トラブルを引き起こすこともあります。

4.保湿がメインのシンプルなスキンケアと食生活の改善で肌を育てましょう

美しくて丈夫な肌を育てるためには刺激が強いスキンケアを避けて、保湿メインのシンプルなケアを心がけます。

化粧水や乳液は保湿成分が含まれたものを選び、最後には油分でフタをしましょう。

タンパク質不足や過度な洗顔などにも注意しましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る