アトピー肌が行うスキンケアとは?

アトピー肌のスキンケアは、基本的なことを守ることにあります


アトピー肌とは、皮膚のバリア機能が低下し、乾燥した状態の肌のことをいいます。

そこに、ストレスやアレルゲンの侵入などのさまざまな環境的要因によって、かゆみや発疹といった症状が起こるのです。
アレルギーは体質によるものですし、ストレスをなくすことも難しいでしょう。

そのためアトピー肌の炎症を起こさないようにするには、スキンケアが大事になります。
バリア機能を正常な状態にし、肌のうるおいを保つスキンケアを行いましょう。

スキンケアの基本である、適切な洗顔と保湿ケアが大切です

アトピー肌に対して行うスキンケアは、基本である洗顔と保湿ケアをしっかりと行うことが重要です。

ここでは、そのポイントをご紹介します。

  1. 肌を清潔に保つこと
    皮膚の表面にホコリや汗、細菌などが付着し、さまざまな汚れがアトピーの炎症の原因になることがあります。

    そのため洗顔でしっかり汚れを落とし、肌を清潔に保つことが大切です。
    まず洗顔料は、弱酸性の石けんなど低刺激なものを選ぶのがよいでしょう。

    洗い方はゴシゴシ擦り洗いすると、皮膚を傷つけてしまい、バリア機能が低下します。
    よく泡立てて、爪を立てずにやさしく洗いましょう。
    その後に洗浄成分が肌に残らないように、充分にすすぎ洗いします。

  2. しっかり保湿をして乾燥を防ぐこと
    洗顔で汚れとともに皮脂も落としてしまい、洗顔後は皮膚から水分が蒸発していってしまいます。

    そのためできるだけ早く保湿剤を塗って、乾燥を防ぐことが大切です。
    保湿剤の成分によっては、刺激になるものもありますから、自分の肌に合ったものを選ぶよう心がけましょう。

炎症が起きてしまったら、かゆみを抑える工夫を行いましょう


スキンケアでしっかり洗浄と保湿を行っていても、環境的要因などで、炎症が起こることはあります。

そのなかでも、我慢できないレベルのかゆみが出るのがアトピーの特徴です。
かゆみがツライときは、冷水で洗ってから薬を塗ることや、凍らせた保冷剤や冷たいタオルなどで冷やすことで、かゆみが和らぐことがあります。

また肌に触れる服やタオル、シーツなどは洗濯しやすく、肌への刺激も少ない綿などの素材のものを選び、まめに洗いましょう。

寝ているときの対策としては、室温をなるべく一定にキープするのが理想的です。
我慢できず、かゆくて掻いてしまう場合もあるので、肌を傷つけないよう、爪は短く丸みがつくようにやすりで整えておきましょう。

また睡眠中に掻くことで、寝不足になりやすいため、早めの就寝を心がけるのも大切です。
炎症が起きてしまったら、色々と工夫の仕方はありますが、自分に合ったケアを選び、行っていきましょう。

原因がわかっている場合は、取り除くことが予防に繋がります

アトピーの症状を起こす原因がアレルギーにある場合、その物質は数多く存在するのです。

ホコリやカビなどのハウスダストや特定の食べ物や、人によって異なります。
そのなかでも、原因となる物質がわかっているときは、できるだけ排除する努力や工夫を行うことで、炎症を予防しましょう。

日常生活のなかで、すべてのハウスダストを排除することは不可能ですが、より清潔な環境をつくることを心がけることが大切です。

こまめな掃除と換気を行いましょう。
掃除は、1日1回は掃除機をかけるとよいです。
ホコリの中はダニが生息しやすい環境なので、こまめに掃除をしましょう。

とくにホコリが溜まりやすいところ、室内に広がりやすい位置の清掃は、念入りに行うよう心がけることが大切です。

さらにこまめに空気の入れ替えを行うことも大切です。
部屋の環境は、湿度が50%以上、室温が20~25℃という状態が理想とされています。
まめな換気と冬場は結露を拭き取ることで、維持しやすくなります。

炎症を引き起こす原因がわかったら、生活のなかでできることに気をつけて、アトピーの予防を行いましょう。

(まとめ)アトピー肌が行うスキンケアとは?

1.アトピー肌のスキンケアは、基本的なことを守ることにあります

アトピー肌は、皮膚のバリア機能が低下し、肌が乾燥した状態のことをいいます。

そこに、環境的要因が重なることで、炎症を起こしているのです。
炎症を防ぐために、バリア機能を正常な状態にし、肌のうるおいを保つスキンケアを行いましょう。

2.スキンケアの基本である、適切な洗顔と保湿ケアが大切です

アトピー肌のスキンケアは、肌を清潔に保つことときちんと保湿することが重要です。

低刺激性の洗顔料でやさしく洗い、汚れを落としましょう。
洗顔後は、汚れとともに皮脂も落としてしまい、水分が蒸発してしまいます。
できるだけ早く、保湿するのが大切です。

3.炎症が起きてしまったら、かゆみを抑える工夫を行いましょう

しっかり洗浄と保湿ケアができていても、炎症が起こる場合があります。

その際は、冷水や保冷剤などでなるべく冷やすことで、かゆみを和らげましょう。
かゆくて掻いてしまう場合もあるので、爪は短く丸く整えておきましょう。

4.原因がわかっている場合は、取り除くことが予防に繋がります

アトピーの症状が起きてしまう原因物質がわかる場合は、取り除くことが重要です。

ハウスダストの場合の多くは、こまめな掃除と換気を心がけましょう。
掃除や換気のポイントは、ホコリやカビができやすい場所は念入りに行うことです。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る