混合肌のひどい肌荒れを解消するには?

混合肌のひどい肌荒れを解消するには、肌質に合わせたケアで潤いを守ることがです


混合肌の特徴は、パーツによって乾燥肌だったり、脂性肌だったりと肌質が異なることです。

そのため乾燥肌の部分は保湿ケアを怠ると乾燥が悪化して肌がヒリヒリすることがありますし、脂性肌は皮脂量が多く、ニキビがよくできて、ケアを間違うと悪化してしまいます。

パーツごとに肌トラブルが違うので、ケア方法も変える必要があるのです。
各肌質に合ったスキンケアアイテムを使うのがよいでしょう。

パーツごとにスキンケアを変えるのは面倒と感じるかもしれませんが、スキンケアの使い分けが肌トラブルの改善に繋がります。

油分と水分のバランスが取れたスキンケアを行いましょう

混合肌はパーツによって肌質が異なるので、それぞれに合ったスキンケアを行いましょう。

まず皮脂腺が多く存在するTゾーンは、皮脂分泌が増えるとテカリやベタつきが目立ってきます。

そんなTゾーンにさらに油分を与えてしまうと、皮脂量が増えて黒ずみやニキビの原因になってしまうので、保湿ケアは油分の少ないアイテムで行いましょう。

頬から顎にかかるUゾーンは、Tゾーンに比べて皮脂線が少ないので、乾燥しやすいパーツになります。

肌は乾燥していると、バリア機能が低下し、毛穴周りの角質が硬くなって毛穴の詰まりがひどくなったりするのです。

またバリア機能の低下に伴い、外部からの刺激にも弱くなっているため、ニキビや肌荒れが起こりやすい部分でもあります。
Tゾーンよりも油分や水分の多いアイテムを使って、しっかり保湿をしましょう。

Tゾーン・Uゾーンそれぞれ肌質が異なるので、頬や顎・額など部分的にできるニキビは原因もパーツによって違います。

それぞれ肌質に合うよう、油分と水分量のバランスを調節するように、スキンケアを行うよう心掛けましょう。

混合肌の外的原因を改善することも一つの方法です


混合肌を引き起こしている外的原因をなくすことで、ひどい肌荒れやニキビを解消することに繋がります。
まず皮脂分泌を活発にさせる紫外線です。

Tゾーンは紫外線を浴びやすいパーツであり、紫外線から肌を守ろうと皮脂分泌が自然と多くなってしまいます。

もともと脂性肌の部分がさらにオイリーになってしまう原因です。
また紫外線を浴び続けてしまうと、皮脂が酸化するのでバリア機能が弱まり、肌が炎症を起こしやすくなるので、紫外線対策をきちんと行って気をつけましょう。

つぎに内蔵の機能を低下させるタバコやアルコールです。
いつもアルコールを摂取し、喫煙している人は、肌の調子や顔色が悪い人が多くいるでしょう。

それは内蔵機能が低下していて、有害物質を分解できなくなって肌のターンオーバーが追いつかなくなっているのです。

アルコールの摂取やタバコを控え、睡眠時間や食生活を見直すことで内蔵機能に負担をかけない生活をおくりましょう。

ほかにもエアコンは空気を乾燥させ、肌が乾燥する原因でもあります。
こまめな保湿ケアを行うようにしましょう。

過剰な皮脂分泌も気になるのであれば、脂っこいものや刺激物の取りすぎには注意が必要です。

混合肌には内的原因もあるので気をつけましょう

混合肌には外的原因だけでなく内的な原因もあり、防ぎようがないことでも、意識して気をつけるだけで肌の調子は変わってくるでしょう。

ストレスは溜まると、体内で肌を傷つける活性酸素を発生させ、自律神経やホルモンバランスを乱すのです。

それにより、正常なターンオーバーが機能せず、免疫力が低下して肌の調子がうまく整えられず、乾燥や皮脂分泌を悪化させてしまいます。

また自律神経が乱れると血行が悪くなって、肌を正常に保つのに必要な栄養素が肌まで送り届けられず、栄養不足なり、肌の調子が悪くなりかねません。

ストレスを溜め込まないように、リフレッシュできる時間を持ちましょう。

ホルモンバランスの乱れは、ストレスだけでなく生理前後にも乱れやすいです。
生理前後に肌荒れやニキビが増えるのは、皮脂分泌をつかさどる男性ホルモンが多く分泌されていることにあります。

男性ホルモンが多く分泌されることで、皮脂が過剰に分泌されて皮脂腺が多いTゾーンのテカリやベタつきはひどくなるのです。
生理前後は注意して、スキンケアを行いましょう。

(まとめ)混合肌のひどい肌荒れを解消するには?

1.混合肌のひどい肌荒れを解消するには、肌質に合わせたケアで潤いを守ることがです

混合肌は、乾燥肌の部位は保湿を怠ると肌がヒリヒリしたり、脂性肌の部位はニキビができやすかったりと、パーツごとに肌トラブルが違います。

そのためスキンケアのアイテムも各肌質に合ったもので使い分けるとよいでしょう。

2.油分と水分のバランスが取れたスキンケアを行いましょう

混合肌はパーツによって肌質が異なるので、それぞれに合ったケアを行いましょう。

Tゾーンは、皮脂量が多いので油分の少ないアイテムで保湿を行うのがよいです。
乾燥ぎみのUゾーンは、油分も水分もTゾーンより多いものを使いましょう。

3.混合肌の外的原因を改善することも一つの方法です

混合肌の外的原因である紫外線は、浴び続けると肌が炎症を起こしやすくなるので、紫外線対策は行いましょう。

またタバコやアルコールの摂取は内蔵機能の低下に繋がり、ターンオーバーが追いつかなくなって、肌の調子を悪くするので、控えるのがよいです。

4.混合肌には内的原因もあるので気をつけましょう

ストレスは溜まると、ターンオーバーを乱し、免疫力が低下して乾燥や皮脂分泌を悪化させるので、リフレッシュできる時間を持つのがよいです。

ストレス以外にも生理前後はホルモンバランスが乱れやすく、皮脂分泌が過剰になるので、気をつけましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る