肌トラブルが起きないクレンジングの正しい方法とは?

クレンジングは肌トラブルが起きないよう優しく行うことが大切です


女性の方は毎日メイクをして出かける人が多いでしょう。

つまり、クレンジングは毎日のように行うスキンケアということになります。

ですから、クレンジングはできるだけお肌に負担をかけないものであることが理想的なのです。

クレンジング剤の量や乗せ方に注意して、ぬるま湯で優しく洗い流すことを意識すると良いです。

間違ったクレンジング方法に注意してお肌への負担を最小限に抑えましょう

正しいクレンジングを行うためには、まず、間違ったクレンジング方法を知る必要があるといえます。

ここでは、クレンジングの時にあまり好ましくない方法を紹介させていただきます。

冷たすぎる水や熱いお湯を使う

クレンジングとともに、洗顔を行う際も冷たすぎる水や熱いお湯を使用することはあまり良くないとされています。

水でクレンジングや洗顔をしても、毛穴が十分に広がってくれません。

そのため、汚れが十分に落ちてくれない可能性があるのです。

反対に、熱すぎるお湯で洗顔を行うと、お肌に必要な皮脂を落としすぎてしまう恐れがあります。

クレンジング剤の量が少なすぎる

毎日使う物だからといってケチケチ使っていると、お肌に負担をかけてしまうことになりかねません。

クレンジング剤の量が少なすぎると、皮膚を擦る際に摩擦度合いが大きくなってしまうからです。

また、クレンジング剤は容器から出した後、少し手のひらで温めてから乗せると、メイクになじみやすいといわれています。

力を入れてマッサージをする

クレンジング剤はマッサージのためのものではないので、肌への負担を軽減するためにも、短時間で洗い流すことが好ましいです。

また、なじませるときも力を入れすぎないように注意してください。

アイメイクを優先し、ぬるま湯で顔を洗うことでメイクを落としやすくします


「メイクがなかなか綺麗に落ちてくれない」とお悩みの方は結構いるのではないでしょうか。

そこで、お肌に負担をかけずメイクを落としやすくする方法をご紹介いたします。

お湯の温度を肌質に合わせる

顔を洗う際の温度は、“ぬるま湯”が理想的だといわれています。

ぬるま湯と一口にいっても、その人の肌質によって温度を変えることが望ましいです。

脂性肌の場合は30~32℃、普通肌の場合は26~28℃、乾燥肌や混合肌の場合は24~26℃……というような温度を目安にしましょう。

いずれにしても、“ぬるま湯”は皆さんが思っているよりも低温だということを覚えておいてください。

クレンジング剤を乗せる順番

Tゾーンは顔の中でも比較的皮脂量が多い部分です。

それに比べて目や口のまわりは皮膚が薄く非常にデリケートになっています。

クレンジング剤をいきなり目や口に乗せるのではなく、まずはおでこや鼻にかけてのTゾーンに乗せるとよいです。

しかし、ご存知の通り、メイクの中で落とすことが難しいのはアイメイクです。

アイメイクを先に落としてから全体のクレンジングを行うのがよいといわれています。

クレンジング剤にはそれぞれメリット、デメリットがあります

クレンジング剤にも様々あります。

それぞれのメリット、デメリットを比較してみましょう。

オイルクレンジング

マスカラやアイライナーなどは「水に強い」という謳い文句のものもあるくらいですから、専用のクレンジングを使用しなければ落とせないこともあるでしょう。

オイルクレンジングは強力な洗浄力を持っており、アイメイクでも落としやすいといわれています。

その反面、肌への負担が大きくなり、毎日使うと肌トラブルになってしまうリスクがあります。

クレンジングシート

シートでメイクをふき取るタイプのものになります。

持ち運びに便利のため、外出先でメイクオフする時に使用されていることが多いです。

物によってはエタノールなどの肌に負担をかける成分が含まれているため、表記を確認してみることをおすすめします。

リキッドクレンジング

別名「水クレンジング」と呼ばれており、水のようにさらっとしている特徴があります。

浴室でも使用できるタイプのため、日常的に使用するのに適しているといえます。

まつ毛エクステを付けている方の場合、オイルで取れてしまうリスクがあるので注意しましょう。

(まとめ)肌トラブルが起きないクレンジングの正しい方法とは?

1.クレンジングは肌トラブルが起きないよう優しく行うことが大切です

毎日のように行う人もいるクレンジング。

だからこそお肌に負担をかけないことが重要となってきます。

優しく行うこと、そして使用するクレンジング剤は多すぎず少なすぎない量を使うことに気を付けましょう。

2.間違ったクレンジング方法に注意してお肌への負担を最小限に抑えましょう

クレンジングや洗顔を行うときは、冷たい水や熱いお湯で行うことはあまり好ましくありません。

また、クレンジング剤の量が少なかったり、ゴシゴシと擦ったりすると、肌への負担が大きくなるため避けた方が良いといわれています。

3.アイメイクを優先し、ぬるま湯で顔を洗うことでメイクを落としやすくします

ぬるま湯で洗うこと、クレンジング剤はTゾーンから乗せ、目や口などのデリケートな部分は最後に乗せること、そしてアイメイクを先に落とすことでメイクを綺麗に落としやすくできます。

4.クレンジング剤にはそれぞれメリット、デメリットがあります

洗浄力の高い「オイルクレンジング」、いつでもどこでもメイクオフできる「クレンジングシート」、浴室で使用できる「リキッドクレンジング」など、クレンジング剤にも様々なタイプがあります。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る