アレルギーが乾燥肌の原因になるって本当?

アレルギーはお肌の不調を起こし乾燥肌の原因となります


アレルギーが原因で乾燥肌になるというケースも少なからずあります。

例えば花粉症の方の場合、くしゃみや鼻水が出るという症状だけでなく、お肌の不調を招いてしまう恐れもあるといわれています。

また、食品によるアレルギーや化粧品の成分へのアレルギーなども乾燥肌の原因になります。

アレルギーが乾燥肌の原因となり乾燥肌がアレルギーを悪化させます

私たちの肌は、皮脂膜と角質層の二つの層でできています。

これらが花粉やダニ、ハウスダスト、そして化学物質や異物などから守ってくれる役目を果たしています。

いわゆる「肌バリア機能」と呼ばれているものです。

しかし、この肌バリア機能が弱くなってしまうと、乾燥肌や敏感肌、肌荒れなどの肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

花粉やダニなどのアレルゲンがお肌につくと、かさつきやかゆみを感じ、つい洗顔の回数を増やしたりゴシゴシ洗いをしたりしてしまいがちです。

洗顔のしすぎは肌に必要な脂分を奪ってしまうだけでなく、肌バリア機能まで低下させてしまうといわれています。

アレルゲンの影響を受けやすい肌環境を作ってしまい、乾燥肌が悪化するといった悪循環につながってしまうのです。

乾燥肌の原因になるアレルギーは主に3種類です

アレルギーが乾燥肌の原因になるということを上記で紹介しました。

それでは、具体的にどのような要因があげられるのでしょうか。

花粉症

年中通して症状を起こす花粉症ですが、花粉症を発症してしまうと、酷い場合くしゃみや鼻水が止まらないといった辛い症状を持つ方もいらっしゃいます。

常にティッシュで鼻をかむ状態だったり、普段から顔を洗いすぎてしまったりすることも多いでしょう。

ティッシュによるお肌への刺激、そして洗顔によるお肌の水分不足が、乾燥肌の原因になっているかもしれないのです。

ハウスダスト、ダニなどの環境アレルゲン

乾燥肌の原因として、花粉症以外にもハウスダストやダニなどのアレルゲンもあげられます。

また、住宅で使われている建材などの化学物質や大気汚染、タバコの副流煙などもアレルギーの要因になっている可能性があります。

食品、化粧品

環境以外の要因としては、普段の食事で摂っている食品に対してのアレルギー、化粧品の成分などがアレルギーになっているケースもあります。

アレルギーによる乾燥肌には保湿や腸内環境の正常化が有効です


アレルギーによって起きてしまう乾燥肌は、どのようにして改善したらよいのでしょうか。

ここまで何度か触れてきましたが、洗顔のしすぎは肌バリア機能を破壊してしまうといわれており、あまりおすすめできません。

反対に、乾燥肌にとって最も重要なのは保湿です。

そして、なるべく低刺激の化粧品を選ぶことが大切です。

また、外出の際に使用するものは脂分が多すぎるとNGだといわれています。

なぜなら、花粉や化学物質などがお肌に付着しやすくなってしまうからです。

そして、お肌に直接触れる髪の毛のケアも忘れずに行ってください。

そのほかにも、アレルギーによる乾燥肌は腸内環境を整えることで改善する可能性があります。

腸の働きには精神的なものも大きく関わっているため、ストレスの溜めすぎは要注意です。

ヨーグルトやサプリなどで乳酸菌を摂り、腸内に善玉菌を増やすのも有効といわれています。

それでもなかなか改善しないという方は、一度皮膚科で相談してみるのがよいかもしれません。

専門家に相談することで、原因などを知ることができます。

(まとめ)アレルギーが乾燥肌の原因になるって本当?

1.アレルギーはお肌の不調を起こし乾燥肌の原因となります

花粉症、ハウスダストなどのアレルギーは、一年通して私たちを悩ませます。

これらは、お肌にも影響を与える可能性があるのです。

くしゃみや鼻水など目に見える症状以外にも、乾燥肌などの原因になることもあります。

2.アレルギーが乾燥肌の原因となり乾燥肌がアレルギーを悪化させます

皮脂膜と角質層からできている「肌バリア機能」が、アレルゲンや異物などからお肌を守る役目を担っています。

しかし肌バリア機能が衰えると、肌トラブルを引き起こしやすくなってしまい、結果的にアレルギーの悪化を招いてしまう恐れがあります。

3.乾燥肌の原因になるアレルギーは主に3種類です

乾燥肌の要因となるアレルゲンには、花粉症やハウスダストなど一般的に知られているものだけでなく、化学物質や空気中の成分等も含まれています。

また、食品や化粧品の成分などへのアレルギー反応といった可能性もあります。

4.アレルギーによる乾燥肌には保湿や腸内環境の正常化が有効です

アレルギーが原因の乾燥肌を改善するために、最も重要となるのが保湿です。

肌を乾燥させないこと、刺激を与えないことを意識しましょう。

また腸内環境を整え、腸内の善玉菌を増やし、体内に有害物質を入れない環境づくりが必要です。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る