乾燥肌になってしまう原因とは?

乾燥肌の原因は肌のバリア機能の衰えです


乾燥肌は肌が水分を保てない状態です。

肌には角質層のセラミドや皮脂で水分をキープするバリア機能がありますが、乾燥肌はバリア機能が衰えて水分が奪われた状態となります。

保湿アイテムをプラスして肌に直接水分を与えるほか、バリア機能を復活させるための手段をとりましょう。

乾燥肌とは何かをしっかりと知っておくことが大切です

お肌の悩みの中でも特に多いのが乾燥肌です。

一年中乾燥肌で悩んでいるという人もいれば、冬や季節の変わり目に乾燥するという人もいるでしょう。

まず乾燥肌とは、お肌がどのようになった状態なのか確認しましょう。

乾燥肌とは

乾燥肌とは一言でいえば角質の水分が少ない肌のことです。

本来私たちの肌は角質層の働きでお肌の潤いや滑らかさが保たれています。

しかし、角質の水分が少なくなると皮脂やセラミドの機能が低下して肌を守ることができなくなってしまうのです。

肌が乾燥すると失われるバリア機能とは

乾燥肌になってしまうと、肌のバリア機能が失われ、乾燥以外にも肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

バリア機能とは、肌表面の角質層が持つ、肌を守るための機能のことです。

そもそも角質層は、うるおいを蓄える力を持っており、これが保たれることで、乾燥や外的な刺激から肌を守ることができます。

健康的なお肌は細胞と細胞の間をセラミドなどがたっぷりと満たし、水分の蒸発を防ぎ、刺激を防いでいるのですが、これこそがバリア機能なのです。

このバリア機能が失われると、さまざまな刺激を肌が直接受けてしまい、ダメージを負ってしまうことになります。

乾燥肌になりやすい環境とは

乾燥肌になってしまう理由は人によって違います。

冬だけ乾燥するという人は、空気が乾燥して肌の水分が失われたことが原因と考えられるでしょう。

常に肌が乾燥した状態という人は皮脂の分泌量に問題があったり、スキンケアが合っていなかったり、そのほか不摂生で肌の機能が衰えていると考えられます。

乾燥肌の改善は第一に自分の肌の状態を知ることから始まります。

自分に合った乾燥肌ケアを見つけましょう。

生活習慣の改善は乾燥肌防止に有効です

肌が水分不足に陥ってしまう原因には様々なものがあります。

一番わかりやすいのは季節性の乾燥肌でしょう。

冬になり空気が乾燥することで肌の水分が奪われてしまう状態です。

この場合は加湿器を利用したり、いつものスキンケアに保湿アイテムをプラスしたりするといいでしょう。

一年中乾燥肌になってしまうという人は、肌の保湿機能が低下しているのかもしれません。

普段のスキンケアも乾燥の原因になることがあります。

例えば、スクラブや洗顔時の洗いすぎは肌の角質層に傷をつけます。

クレンジング時にゴシゴシこする、化粧水を激しくパッティングするなどのスキンケアは肌への摩擦になるので注意が必要です。

スキンケアは力を入れず肌へのストレスを減らしましょう。

健やかな肌を作るためにはバランスが取れた食生活も重要です。

タンパク質やミネラル、良質な油を摂取するように心がけてください。

肌は新陳代謝によって、綺麗に生まれ変わるようにできていますが、肌のターンオーバーの乱れも乾燥の原因です。

ターンオーバーが正常に行われていない肌は、水分を保持しにくいごわついた状態です。
不規則な生活や睡眠不足、タバコなどが原因で乱れます。

とくに睡眠中は成長ホルモンが分泌される時間ですから、お肌を育てるためには十分な良質な睡眠をとりましょう。

寝る前にお風呂で体を温め、ストレッチなどをすると睡眠の質が良くなります。

肌を正常に育てるには、良い栄養を与えて成長しやすい環境を作ってあげるようにしましょう。

加齢が乾燥肌に繋がることもあります

急に肌が敏感になった、今までのスキンケアから変えていないのに乾燥する、という人は加齢が乾燥肌の原因かもしれません。

乾燥肌の原因は水分不足で肌のバリア機能が失われてしまうことです。

しかし、肌のバリア機能は加齢とともに衰えてしまいます。

今までは乾燥を気にしたことがなくても、肌の機能が衰えることで乾燥するようになることがあるのです。

年齢を重ねると肌は保水力が衰え、保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸も分泌されにくくなります。

加えて年齢を重ねると成長ホルモンが減って、代謝が衰えるため細胞の生まれ変わりが上手くいかなくなるのです。

年代によってはホルモンバランスが乱れることもあり、これも乾燥肌の原因になるでしょう。

肌の乾燥が気になるようになったときは、まず保湿を試してください。特に目の周りや口の周りは加齢で乾燥しやすい部分です。

クリームやオイルなどお肌に水分を閉じ込めるアイテムを使いましょう。

ただし、保湿ケアとアンチエイジングケアは別物です。

基礎となる保湿ケアをすることで、別途行うアンチエイジングケアも効果を発揮しやすくなるでしょう。

スキンケアをするときは、そのアイテムの役割を意識しながら使うようにしてください。

(まとめ)早めにケアしたい!乾燥肌になってしまう原因とは?

1.乾燥肌の原因は肌のバリア機能の衰えです

肌の役割は外の刺激から体を守り、水分を保持することです。

肌が水分を保てなくなることで乾燥肌になります。

乾燥肌をケアするには保湿のほか、肌の機能を活発にするための規則正しい生活習慣や睡眠が重要です。

2.まずは乾燥肌とは何かをしっかりと知っておくことが大切です

乾燥肌は肌の角質が水分不足になった状態です。

乾燥肌になると、水分を蓄え外的な刺激から肌を保護するバリア機能が失われ、さらなるトラブルのもとになります。

水分不足になる原因は人それぞれですから、自分にあったケアを始めましょう。

3.生活習慣の改善は乾燥肌防止に有効です

乾燥肌になる原因としては、空気の乾燥など季節的なものもあれば、肌へのダメージの蓄積など慢性的な原因もあります。

生活習慣を改善することは、乾燥肌の防止に効果があるといえるでしょう。

4.加齢が乾燥肌に繋がることもあります

加齢も乾燥肌の原因になることがあります。

加齢とともに肌のバリア機能や新陳代謝が衰えることが原因です。

加齢による乾燥肌が気になるときは、保湿アイテムとアンチエイジングアイテムを導入しましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る