乾燥肌の原因、水分と油分のバランスを保つには?

食生活やスキンケアで水分と油分のバランスを保つ事ができます


肌の一番外側の部分を「角質層」といいます。

この角質層が水分を保持し、蒸発を抑えていることで、肌の潤いが保たれています。

しかし、空気の乾燥や加齢などで表皮がむけてしまうと、肌を覆う角質層に隙間ができるため、そこから水分が出て行ってしまうのです。

水分が失われ、油分とのバランスが崩れると乾燥肌になります。

肌の水分と油分がバランスよく存在するように対策をすることが大切です。

乾燥肌を引き起こす原因は、誤ったスキンケアや食生活にもあります

肌トラブルを引き起こす原因として、乾燥肌があります。

乾燥肌がなぜ起こってしまうのかが分かると対策もとれますので、まずは乾燥肌が起こってしまう原因について知りましょう。

間違ったスキンケア

普段行っているスキンケアが、乾燥肌を引き起こしてしまう原因になってしまう事もあります。

スキンケア製品が自分に合っていないものを使用したり、洗顔を1日に何度も行ったり洗浄力の高いスキンケア製品を使いすぎてしまい必要な皮脂を落としてしまうと、乾燥肌の原因になってしまうことも。

自分に合ったスキンケア製品をしっかりと選び、スキンケアを正しく行う事で乾燥肌が軽減されます。

偏った食事

極端なダイエットや偏食、ファーストフードやジャンクフードを摂取することで、乾燥肌に悩まされる人が増えてきていると言われています。

肌を健康に保つには、様々な栄養素が必要です。

食生活が偏り、栄養素が足りなくなると健康な肌が保てなくなりますので、栄養バランスに気を付けた食事をしましょう。

乾燥肌はさまざまな肌トラブルを引き起こします


肌の水分と油分のバランスが壊れることで乾燥肌になりますが、乾燥肌になると様々な肌トラブルがおります。

角質層は水分量を保つだけでなく、肌を外部刺激から守ってくれるバリア機能でもあります。

このバリア機能が低下すると、外部刺激から肌を守れなくなりますので敏感肌になりやすくなります。

そうなると、紫外線や花粉などのアレルゲンから肌を守る力が弱くなりますので、赤みやかゆみが出て、アトピーになる原因にもつながります。

また、肌表面のキメが乱れ皮脂が広がってテカリがでたり、乾燥により表皮がめくれて粉が吹いたようになったりします。

さらには、肌のターンオーバーが早まってしまいシミができたり、不要な角質がどんどんたまってしまい肌の透明感がなくなってしまったり、水分が失われますので潤いやハリも失われていきます。

また、肌のうるおい不足からしわが増えやすくなりますので、どんどん老化が加速してしまいます。

乾燥肌は、想像以上に様々な肌トラブルを引き起こしますし、中には深刻な肌トラブルにつながる事もありますので、乾燥を感じたらできるだけ早く適切な対応をすることが大切です。

気づいたら老化していたとならないように、しっかりと保湿を心がけ乾燥対策をしていきましょう。

乾燥肌を防ぐ方法を知って、正しい対策をしましょう

乾燥に気を付ける

まずは、空気が乾燥する場所に長くいないことが大切です。

しかし、仕事場や家など長くいる場所の場合は、空気を乾燥させない対策をしましょう。

加湿器を使用し湿度を保つようにすれば、乾燥は和らぎ乾燥肌が軽減されやすくなります。

保湿に気を付ける

肌が乾燥している場合は、保湿力の高い基礎化粧品やスキンケア製品を選びましょう。

乾燥対策用のスキンケア製品は色々な種類がありますので、肌の状態や肌質に合わせてご自身に合ったものを選びましょう。

食べ物に気を付ける

人間の身体は食べたものからつくられます。

栄養バランスが偏らずに、しっかりとバランスよく食べましょう。

睡眠不足に気を付ける

質の良い睡眠が取れないと肌の調子が悪くなります。

ストレスをあまり抱えないことや、携帯やパソコンを寝る前にあまり見過ぎない事で睡眠の質をアップさせることができます。

質の良い睡眠をとって、肌状態を整えましょう。

(まとめ)乾燥肌の原因、水分と油分のバランスを保つには?

1.食生活やスキンケアで水分と油分のバランスを保つ事ができます

角質層が水分を保つ事で水分蒸発は抑えられます。

加齢や空気の乾燥が原因で、表皮がむけてしまい水分蒸発が起こってしまいます。

水分量と油分量のバランスが崩れてしまい乾燥肌になります。

2.乾燥肌を引き起こす原因は、誤ったスキンケアや食生活にもあります

スキンケア製品が自分に合っていないものを使用しているか、洗顔のやり過ぎや、洗浄力の高いスキンケア製品の使い過ぎなどが乾燥肌の原因になります。

栄養素が足りなくなると健康な肌が作れなくなりますので、栄養バランスに気を付けた食事をしましょう。

3.乾燥肌はさまざまな肌トラブルを引き起こします

角質層は肌を外部刺激から守ってくれるバリア機能でもあり、乾燥肌になると敏感肌になり赤みや痒みアトピーの原因になります。

また、粉吹きがおこり、シミ、肌の透明感、潤いやハリが失われしわが増えやすくなりますので、老化が加速します。

4.乾燥肌を防ぐ方法を知って、正しい対策をしましょう

乾燥肌を防ぐには、空気が乾燥する場合は加湿器を使用し、保湿力の高いスキンケア製品を選ぶなど乾燥対策をしましょう。

栄養バランスのとれた食事を心がけ、睡眠をしっかりとるのも大切です。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る