肌の角質層の水分は何パーセントあればいいの?

肌には30パーセントの水分が必要と言われています


お肌を水分が保たれた潤った状態に保つことが重要なのは十分承知ですが、どのくらいの水分量をキープすべきなのでしょうか?

角質層は自分で保湿成分を生成することが可能ですが、この水分量が約30パーセントであり、30パーセントを下回ってくると乾燥肌になります。

水分保持力の低下は美肌の大敵です

美肌というのは女性であれば誰でも目指したいものですが、最近では男性でも美容にかなり時間とお金をかける人が増えてきています。

女性から見ても肌がキレイな男性は清潔感が感じられ好印象が持たれることから、意識的にスキンケアに励む男性も増えていますし、メンズ用のスキンケア用品も増えています。

そもそも肌の劣化というのはどのようにして起こるのでしょうか?

様々な要素があり、特に常に外部に露出している顔の肌というものはダメージを受けやすいものです。

紫外線の影響はもちろんのこと、女性であればキレイに魅せるはずのメイクも肌にとってはダメージとなりますし、細かな汚れなども肌にとっては敵となります。

紫外線対策をしなければいけないのは美肌のため、アンチエイジングのために常識となりつつありますが、それ以外に本当に肌のために意識しなければいけないのは、肌の水分保持力を低下させないということです。

健康な角質層はセラミドなどの保湿成分を自ら作り出すことができますが、その保湿成分のおかげで約30パーセントもの水分を含んだ状態を保つことができます。

しかし外部の悪影響によりこの水分保持力が下がり、水分の量が30パーセントを下回ってしまうと徐々に乾燥肌の状態へとなってしまいます。

30パーセント以上の水分を保つためには日々のケアが大切です


肌が乾燥すると目尻の小じわが増えてしまったり、顔が突っ張った感じになったりして、老けた感じに見えるようになってしまうので、なんとかして潤いある若々しい肌を保ちたいところです。

基本的に放っておけば紫外線の影響を受けますし、夏でもエアコンなど空気が乾燥する現代的な条件が揃っていますので、乾燥肌は進むばかりとなってしまいます。

そうした状況をはねのけて肌の潤いを保つためには肌の水分量をキープするために毎日の努力が欠かせません。

角質層は保湿成分を自分自身で生成できることは先に触れましたが、さらに外部からのダメージに対処するために、セラミド入りの化粧水や美容液などで保湿の手助けをしてあげましょう。

体質は人それぞれ違うので、乾燥肌がひどい人の場合は油分をしっかりと含んだオイルなどを塗ることによって先に浸透させた化粧水の水分が蒸発してしまわないようにコーティングしてあげることができます。

こうしたスキンケア用品はメンズ用品だとまだ種類も少ないですが、レディース用品はそれこそ数え切れない数存在しています。

専門家に相談して自分の肌にもっとも合う製品を使うならば、最大の効果を得ることができるに違いありません。

肌の水分量アップはアンチエイジングの第一歩でもあります

アンチエイジングという言葉が日本の社会の中で使われ始めて久しいですが、なんとなく意味を理解しているだけで、深くまでその言葉について考えてみたことはないかもしれません。

なかには若々しくキレイに見せることをアンチエイジングだと解釈している人もいるかもしれません。

アンチエイジングとは日本語では「抗加齢」や「抗老化」と訳されることが多いです。

つまり基本的なアイデアとしては「若返る」というよりも「老化を防ぐ、遅らせる」というものです。

もちろん主に外観に気を配ることによって、見た目年齢が劇的に若返ったように見える人もいらっしゃるでしょう。

アンチエイジングには美容以外にも、健康的な生活習慣など様々な要素が関係してきています。

皆さんも睡眠や食事が肌に与える影響を十分にご存知だと思います。

多くの人が気にかける肌の保湿というものは、それだけでアンチエイジングというわけではなく、そのための第一歩であり、重要な要素の一つだということがわかります。

正しくエイジングケアをして美肌を目指すためには、自分自身の肌のタイプをしっかりと理解することが大切なので、まずは自分を知ることから始めましょう。

そして最適なアイテムを吟味して選び、美しい肌をキープしていきましょう。

(まとめ)肌の角質層の水分は何パーセントあればいいの?

1.肌には30パーセントの水分が必要と言われています

美肌を保つために保湿は基本ですが、自ら保湿成分を作り出せる角質層には30パーセントの水分量が必要と言われています。

それを下回ってしまうと乾燥肌の危険に進んでいくことになります。

2.水分保持力の低下は美肌の大敵です

美肌は女性のみならず男性でも目指したいものですが、外部に露出している顔の肌というのは常にダメージを受ける状態にあります。

角質層には30パーセントの水分があるはずですが、外部からのダメージで30パーセントを下回ると乾燥肌の危険があります。

3.30パーセント以上の水分を保つためには日々のケアが大切です

肌が乾燥することによるシワやたるみは外見を老けさせてしまう原因となりますので、ぜひ水分をしっかり肌の中に閉じ込めて潤いのある状態をキープしたいものです。

保湿成分入りの化粧水や、油分をしっかり含んだオイルなどでケアしましょう。

4.肌の水分量アップはアンチエイジングの第一歩でもあります

アンチエイジングという言葉には「抗加齢」という意味があり、「老化を防ぐ、遅らせる」というアイデアがあります。

保湿はアンチエイジングの重要な第一歩なので、地道な肌ケアをしっかりしていきましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る