夏なのに乾燥肌になる。肌の水分が失われる原因とは?

肌バリア機能が低下していると夏のように湿度が高くても水分は奪われてしまいます


肌が乾燥するのは乾燥した空気が角質層の水分を奪うことだけが原因ではありません。

肌の乾燥を引き起こしてしまう原因にはもうひとつ大きなポイントがあります。

通常皮脂やセラミドなどの物質が肌を外部からの刺激などから守ってくれていますが、肌のバリア機能が低下している状態では、どんなに周りの湿度が高くても水分が奪われてしまいます。

紫外線や露出の機会が多い夏にこそ、肌のバリア機能を弱めないように対策や正しいスキンケアを心がけましょう。

夏に肌が乾燥する主な原因にはさまざまなものがあります

夏に肌が乾燥する主な原因は以下のようなことがあげられます。

  • 強力な紫外線
  • エアコンや扇風機による肌や空気の乾燥
  • 洗いすぎ
  • 室内と外の温度差
  • 油とり紙を使いすぎる

夏は紫外線が強いうえに肌を露出することが多く、外で活動する時間が長いため、紫外線を長時間ダイレクトに受けてしまいがちです。

紫外線(UVA)は真皮まで届き、肌の弾力やハリを保つコラーゲンなども破壊してしまいます。

また、汗をかいた後涼しい部屋に入るとその汗が乾き、同時に大切な皮脂などを奪ってしまいます。

クーラーの効きすぎによる湿度の低下により肌が乾燥します。

汗をかくため、ベタつきが気になり油とり紙を使いすぎてしまうこともあります。

水分の蒸発を防いだり、外部からの刺激を遮断したりする働きがある皮脂を取ってしまうため、乾燥の原因になることもあります。

肌のバリア機能を弱めないように対策することが大切です


しっかりと水分を摂る

夏は多量に汗をかきますので、水など水分はこまめにしっかりと摂るようにしましょう。

肌のためだけでなく、熱中症対策などにも水分は必要です。

紫外線対策

夏は紫外線が強く、肌の露出が多くなるため、UVケアをしっかり行いましょう。

紫外線から肌を守るためには、PA+++7、SPF30くらいまでの日焼け止めなどを選びます。

汗をかくことが多いため、一定時間置きに塗りなおすようにすると効果的です。

また、しっかり落とさないと肌のトラブルになるので、クレンジングなどでしっかりと落としましょう。

羽織るものを1枚用意する

長時間外を歩くときなどは少し暑いかもしれませんが、羽織物があると直接肌に紫外線を受けなくて済むのでダメージを和らげることができます。

職場などでは、どうしても冷房が効きすぎて体が冷えたりしまうことがありますので、1枚羽織るものを持って行くと便利です。

テカりが気になるときはティッシュオフする

汗をかいたときや、顔のテカりが気になるときはティッシュなどで、優しく押さえる程度にしましょう。

また、オイル1滴を手のひらで伸ばし、顔など乾燥が気になるところを優しく押さえるようにして付けると、乾燥を防ぐのに効果的です。

夏の乾燥肌に効果的なスキンケア方法があります

夏の乾燥は、表面はテカテカしていても、肌の内部は乾燥しているインナードライの場合が多いです。

インナードライに適している洗顔料やスキンケア方法で、お肌の潤いを保ちましょう。

洗顔料は固形石鹸が効果的

洗顔料はチューブなどに入っているペースト状のものではなく、成分表に「石鹸素地」と記載されている昔ながらの製法で作られた固形石鹸がおすすめです。

また、合成界面活性剤などが無添加のものを選びましょう。

化粧水は美容成分が入っているものを選ぶ

夏はシミもできやすくなるため、ビタミンC誘導体が配合された化粧水がおすすめです。

この化粧水には、しみやたるみを防ぐ効果もあるといわれています。

また、セラミドやアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸など保湿力の高い成分が入っている化粧水や美容液などを使うのも効果的です。

洗顔方法にも気をつける

洗顔する時はゴシゴシとこすらず、たっぷりの泡で包み込むように優しく洗います。

洗い終わったらタオルで優しく押さえるように拭き、すぐに化粧水などを付けましょう。

しっかりと保湿することが大切になるため、習慣に取り入れましょう。

(まとめ)夏なのに乾燥肌になる。肌の水分が失われる原因とは?

1.肌バリア機能が低下していると夏のように湿度が高くても水分は奪われてしまいます

乾燥肌を引き起こす原因は乾燥した空気だけではなく、肌のバリア機能が低下していることが大きく影響します。

バリア機能が低下していると夏でも肌の水分が失われ、肌が乾燥してしまいます。

しっかりと対策やスキンケアをしましょう。

2.夏に肌が乾燥する主な原因にはさまざまなものがあります

紫外線やエアコンなどによる肌や空気の乾燥、通常肌を守ってくれている皮脂などを落としすぎてしまうと、夏でも肌が水分が保てなくなり、肌が乾燥してしまいます。

夏には特に肌への対策やスキンケアを行うようにして乾燥を防ぎましょう。

3.肌のバリア機能を弱めないように対策することが大切です

しっかりと水分を摂り、UVケアをして、肌のバリア機能を弱めないように対策をすることが大切です。

また、顔の脂やベタつきが気になるときは油とり紙ではなくティッシュなどで軽く押さえるようにすると効果的です。

4.夏の乾燥肌に効果的なスキンケア方法があります

夏は表面はテカテカしているのに、肌の内側は乾燥しているインナードライが特徴です。

ビタミンC誘導体やセラミドなど保湿成分の高い美容液などを使い、インナードライに適したスキンケアを行って、肌の水分を保ちましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る