乾燥肌を改善するエアコン対策法とは?

エアコンの刺激を受けた乾燥肌には加湿が欠かせません


暑い夏場や寒い冬に活躍するエアコンは、空気の乾燥を招くというデメリットがあります。

さらにエアコンの吹き出し口から出る風も、デリケートな肌にとっては刺激です。

角質層のバリア機能を保つためにも肌に水分を蓄えるように心がけてください。

部屋自体を加湿するとともに、肌の水分を逃さないように注意しましょう。

エアコンが乾燥肌の原因になることがあります

肌が乾燥してしまう原因には、いろいろなものがあります。

栄養バランスの乱れやストレスも乾燥肌の大きな原因ですが、乾燥の原因になる外からの刺激といえば代表的なものがエアコンです。

エアコンの影響で部屋は乾燥してしまいます。

私たちの肌は、角質層と呼ばれる膜で覆われています。

角質層が肌の水分を閉じ込めるとともに、外からの刺激から肌を守っています。

肌のハリや滑らかさを保つために肌にはたっぷりの水分が必要です。

エアコンによる乾燥が原因で角質層は脆くなって、肌が乾燥してしまうのです。

乾燥した肌が水分を保とうとすることで、皮脂分泌が進むこともあります。

肌は乾燥しているのに、脂っぽくテカってしまうという人はエアコンの影響を疑ってみましょう。

エアコンによって引き起こされた乾燥は一時的なものとは限りません。

乾燥によって肌のバリア機能が失われた結果、アレルギー反応や敏感肌という症状も起きることがあります。

このようにエアコンによる乾燥は侮れません。

潤いがある肌を保つために、エアコンによって起こる乾燥肌対策を始めましょう。

エアコンによる乾燥肌対策には加湿が重要です


エアコンが乾燥肌の原因といっても、エアコンを全くつけないというのは難しいでしょう。

自宅であっても外の気温変化の影響は受けますし、職場であれば自由にエアコンを操作することができません。

まずは身近でできる工夫でエアコンによる乾燥肌を防ぎましょう。

一番簡単なのが、エアコンによって失われた水分を他のもので補うことです。

代表的なものは加湿器でしょう。

また加湿するだけであれば、加湿器を使わない方法もあります。

自宅であれば洗濯物の室内干しも方法のひとつです。

部屋干しのにおいが気になる場合は窓際など風を通しやすく、日光があたる場所で干すようにしましょう。

洗濯物がない場合でも濡れたタオルを干せば、同じ効果があります。

オフィスであればデスクにおけるタイプの加湿器が便利です。

コンパクトなタイプの加湿器も増え、電気を使わず表面積が多い紙を利用して加湿するタイプの商品も販売されています。

加湿をしても肌が乾燥してしまう場合は、マスクをするだけでも効果が出るでしょう。

これはエアコンによるのどの乾燥も防いでくれる方法です。

寝る前などは水で濡らしたマスクをつけて寝ると乾燥を防ぐことができます。

お肌のトラブルが深刻になる前に、まずは簡単にできる乾燥肌対策を試してみましょう。

自宅でできるお手入れでも乾燥肌対策は可能です

エアコンによる乾燥が気になる場合、部屋の湿度を気にすることも大切ですが、自宅でのお手入れにもひと手間加えましょう。

化粧水の成分の多くが水分で占められます。

一方で乳液やクリームは油分を含み、化粧水で潤った角質層の水分を逃さないようにする役割があります。

乾燥肌が気になる人は夏場であっても、乳液やクリームなどの油分で蓋をする保湿アイテムを欠かさないようにしましょう。

おでこや目じり、口元など特に乾燥が気になりやすい部分は、保湿も入念に行ってください。

オフィスでの乾燥が気になる場合は、スポンジなどで肌に乳液をなじませると効果的です。

スプレータイプの化粧水もありますが、化粧水だけではすぐに水分が蒸発してしまいます。

化粧水の後には必ず油分で蓋をするように心がけてください。

また、リップクリームなども油分を補うには便利なアイテムです。

メンソールなどが配合されていない無色のリップクリームを目元や口元に軽くのせて使います。

エアコンの時期に限らず、私たちの肌は外的な刺激にいつもさらされています。

肌トラブルが発生する前に、いつものスキンケアにひと手間加えてトラブルを予防しましょう。

(まとめ)乾燥肌を改善するエアコン対策法とは?

1.エアコンの刺激を受けた乾燥肌には加湿が欠かせません

エアコンによる乾燥は肌トラブルの原因になります。

乾燥肌になってしまった場合は部屋の湿度を上げてみましょう。

肌の水分が蒸発しないようにスキンケアにワンステッププラスするのも効果が期待できます。

2.エアコンが乾燥肌の原因になることがあります

私たちの肌は角質層によって守られています。

角質層の役割は水分に満たされて肌のハリや滑らかさを保つことです。

しかし、エアコンによる乾燥が原因で肌から水分が奪われると、角質層もその役割を果たせなってしまうので乾燥には注意しましょう。

3.エアコンによる乾燥肌対策には加湿が重要です

エアコンによる乾燥を防ぐ工夫は数多くあります。

洗濯物や濡れたタオルを部屋に干すだけでも加湿効果を感じることができるでしょう。

どうしても肌が乾燥する場合はマスクなどを利用しましょう。

4.自宅でできるお手入れでも乾燥肌対策は可能です

エアコンを使う季節はスキンケアにもひと手間加えましょう。

気が付かない間に肌から水分は蒸発しています。

乾燥してしまった肌には乳液やクリームがおすすめです。

こまめなケアで外的な刺激から肌を守りましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る