紫外線によって肌が水分不足になるのはなぜ?

紫外線は肌のバリア機能を低下させ水分不足を引き起こすからです


紫外線は肌に大きなストレスを与え、角質層を傷つけます。

健康な肌にはバリア機能があり、さまざまな刺激から肌を守っています。

しかし、紫外線を浴びることでそのバリア機能は低下し、傷ついた角質層から水分がどんどん蒸発していきます。

肌の水分が不足するのを防ぐために、保湿で紫外線対策を行いましょう。

水分が不足していると肌は敏感になります

水分が十分に保持されており、潤っている肌が健康な肌といえます。

健康な肌は肌のキメが整っており、なめらかなのが特徴です。

また、肌表面にバリア機能が働いているため、微生物やアレルゲンなどの刺激から肌を守ることができます。

それに対して水分が不足している肌は健康な肌とはいえません。

本来であれば角質層が水分を保持していますが、水分が不足すると角質層は隙間だらけの状態になってしまいます。

そのため、わずかな刺激すらも耐えることができなくなり、肌が荒れやすくなってしまうのです。

水分が不足している肌は、乾燥肌や敏感肌ともいわれます。

肌がカサついており粉ふきや皮がめくれている、肌が固くゴワついているなどの症状が見られる場合は水分が不足している証拠です。

敏感肌や乾燥肌は放置するとどんどん症状が悪化していきます。

このような症状が現われる前に紫外線対策を徹底して肌を乾燥から守りましょう。

紫外線による肌の乾燥で起こるトラブルを知りましょう


紫外線による肌への影響は、水分不足による乾燥だけではありません。

まずは紫外線によって起こる肌トラブルを知りましょう。

アレルギー症状の悪化

紫外線は、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を悪化させる危険性があります。

アトピー性皮膚炎の肌は肌のバリア機能が低下し、とても敏感になっている状態です。

この状態でさらに紫外線を浴びると、より肌の乾燥が進んでしまいます。

ニキビ

肌は紫外線を浴びると皮脂が酸化してしまいます。

酸化した皮脂は毛穴に大きな刺激を与え、この刺激によってニキビができやすくなります。

また、紫外線を浴びることによって肌が乾燥すると、ニキビの原因であるコメドが発生しやすくなります。

コメドが毛穴を塞ぎ、肌が炎症を起こした結果がニキビです。

色素沈着

紫外線が与える肌への悪影響としてよく知られているのが、シミやくすみなどの色素沈着です。

紫外線を浴びた肌は、メラニン色素が多く生成されてしまいます。

これによってシミやくすみができやすくなります。

シワやたるみ

紫外線は肌の内部にあるコラーゲンやエラスチンを破壊します。

肌のハリが失われることでシワやたるみが引き起こされます。

保湿をして紫外線に強い肌を手に入れましょう

紫外線対策というと日焼け止めクリームでのUVケアとイメージしがちです。

しかし、UVケアと同じくらい保湿ケアも重要となります。

UVケアで紫外線から肌を守ることはできますが、肌のバリア機能を修復することはできません。

肌のバリア機能を高めるポイントとなるのが保湿です。

肌の水分を保持しているのは角質層ですが、これはセラミドなどの細胞間脂質、皮脂、天然保湿因子の3つの働きによるものです。

このうちの80%がセラミドなどの細胞間脂質です。

そのため、水分不足の肌を改善するためにはセラミドを肌に補給することが効果的です。

また、紫外線でダメージを受けた肌の修復にはビタミンC誘導体が効果的とされています。

ビタミンC誘導体は、空気に触れても酸化することなく角質層まで浸透することができます。

効率的に水分を補うことができるため、ぜひスキンケアにビタミンC誘導体を取り入れてみましょう。

(まとめ)紫外線によって肌が水分不足になるのはなぜ?

1.紫外線は肌のバリア機能を低下させ水分不足を引き起こすからです

紫外線を浴びることで肌の内側にある角質層が傷ついてしまいます。

角質層から水分が蒸発することで肌は水分不足の状態となり、悪化すると乾燥肌になります。

紫外線による乾燥肌を防ぐには保湿によるケアが効果的です。

2.水分が不足していると肌は敏感になります

水分が十分に足りている肌は潤っているのに対し、水分不足の肌はとても敏感です。

ほんのわずかな刺激でも肌は傷ついてしまい、肌荒れはどんどん悪化していきます。

健康な肌を目指すためには、紫外線対策に力を入れましょう。

3.紫外線による肌の乾燥で起こるトラブルを知りましょう

紫外線を浴びることで肌は水分不足の状態となりますが、これによってさまざまな肌トラブルが引き起こされます。

ニキビなどの肌荒れだけでなく、シミやくすみ、シワ、たるみも紫外線が大きく関係しています。

これらの肌トラブルは肌の老化に繋がります。

4.保湿をして紫外線に強い肌を手に入れましょう

紫外線から肌を守るためには、肌のバリア機能を高めることが大切です。

肌のバリア機能を高めるために必要なのが保湿です。

特にセラミドやビタミンC誘導体は水分不足の肌に効果的といえるでしょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る