水分補給をすれば日焼けしにくい肌になるって本当?

肌の水分補給は日焼けのダメージ軽減する効果が期待できます


日焼けすることにより、お肌は紫外線ダメージを受けます。

夏の時期はもちろん、冬の時期でも紫外線対策はしておきたいものです。

日焼けしにくく、紫外線ダメージを受けにくくするためには、お肌の水分補給による保湿が重要となります。

日焼けをすることでお肌が紫外線ダメージを受けてしまいます

ガンガン照りつける日差しには、美容にとって大敵となる紫外線が含まれています。

その紫外線がお肌に及ぼす悪影響とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

まずは、皆さんもご存知の通り、紫外線はしみやソバカスなどの原因となります。

紫外線を受けた肌が細胞を守る為にメラニンという物質を生成することで、シミやソバカスができると言われています。

また、紫外線はシワやたるみなどの原因にもなります。

これは、紫外線がお肌の表面にある角質層の水分を奪ってしまうからです。

水分を奪われたお肌は紫外線の影響をまともに受けることとなり、ハリや弾力の元になっているコラーゲンをも破壊してしまいます。

日焼けによる紫外線ダメージが「お肌を老化させる」といわれているのは、このような影響を及ぼす可能性があるからです。

クーラーで肌が乾燥しやすい夏、湿度の低い冬……季節を問わずお肌は乾燥してしまいます。

肌の保湿ケアは年中行う必要性があるということです。

水分が不足すると、コラーゲンが減り、お肌の乾燥へつながります


では、なぜ水分が不足するとお肌の老化が進むのでしょうか。

具体的にご説明していきたいと思います。

肌は外側から表皮(角質層)・真皮・皮下組織と、大別すると3つの層でできています。

先ほど、紫外線により水分を奪われたお肌はコラーゲンなどの成分を破壊されてしまうと記載しましたが、これは、紫外線が皮膚の表面だけでなく、深部にまでダメージを与える可能性があるからです。

紫外線が肌の表面(角質層)を通り抜けてしまうと、今度は真皮にまで悪影響を及ぼすこととなります。

お肌のハリや弾力の元になっているコラーゲンは、この真皮にあります。

コラーゲンの量は加齢とともに減少していくともいわれており、真皮が表皮を支えきれなくなることでしわやたるみの原因を作ってしまうのです。

お肌の水分が不足しているということは、肌の表面(角質層)のバリア機能が低下しやすいといえます。

つまり、コラーゲンにとって有害となる紫外線を深部まで通さないようにするためには、肌の表面(角質層)を潤しておく必要があるということです。

水分でお肌が十分潤っていれば、紫外線をカットすることが可能です

日焼けした後のお肌というのは、紫外線のダメージを受け、水分が失われた状態です。

しかし、きちんとお肌の水分補給を行っていれば、万が一日焼けしてしまっても、そのダメージを最小限に食い留めることが可能です。

肌の水分量を維持するためには、普段の保湿ケアが欠かせないといえるでしょう。

洗顔でしっかりと毛穴の汚れを洗い流した後、化粧水をたっぷりつけ、お肌の水分量を整えます。

その後は、保湿成分の配合されたクリームなどで、肌表面から水分が蒸発してしまうのを防ぐための“フタ”をしてあげることが重要です。

また、外側からの水分補給と同時に、内側からの水分補給も忘れないようにしましょう。

体内の水分量が不足していては、肌の角質層にまで水分が行きわたらなくなってしまいます。

外側と内側、両方からの水分補給により、日焼けによる紫外線ダメージを予防する効果が期待できます。

(まとめ)水分補給をすれば日焼けしにくい肌になるって本当?

1.肌の水分補給は日焼けのダメージ軽減する効果が期待できます

紫外線量の多い夏はもちろん、冬の時期でも大切な紫外線対策。

保湿ケアなどによりお肌に充分な水分を補給しておけば、日焼けしにくい状態にすることができるといわれています。

2.日焼けをすることでお肌が紫外線ダメージを受けてしまいます

美容維持には紫外線対策が欠かせません。

紫外線がお肌に与える悪影響は、シミやそばかすだけではありません。

紫外線はシワやたるみなどの原因にもなり、ひいてはお肌を老化させるといっても過言ではないでしょう。

3.水分が不足すると、コラーゲンが減り、お肌の乾燥へつながります

お肌の水分が不足すると、肌の表面(角質層)からコラーゲンのある真皮にまで紫外線ダメージが及びやすくなると言えます。

肌の表面が潤っていれば、日焼けしにくく紫外線ダメージを受けにくくすることが可能です。

4.水分でお肌が十分潤っていれば、紫外線をカットすることが可能です

普段からしっかりと保湿ケアを行い、お肌の水分量を十分確保しておきましょう。

そうすることで、万が一日焼けしてしまっても、紫外線ダメージを最小限にすることが可能です。

また、外側のケアと同時に、内側からの水分補給も大切だと言われています。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る