乾燥肌はコーヒーが原因になっている?

乾燥肌になる原因のひとつにコーヒーが考えられます


コーヒーの飲みすぎというのは、実は乾燥肌の原因になるといわれています。

その理由はコーヒーに含まれるカフェインによる利尿作用です。

利尿作用があるので体内の水分を排出しやすくなります。

コーヒーを飲むと、何度もトイレに行きたくなるのはこの利尿作用によるものです。

体内の水分量が少なくなると、当然皮膚内部の水分量も少なくなってしまいます。

コーヒーは水分不足と冷えの原因になります

コーヒーのカフェインによる利尿作用、そして体内における水分量が減少することで肌は乾燥します。

また、カフェインには身体を冷やす働きがあります。

この身体を冷やす働きというのは肌に悪影響を与えます。というのも、身体が冷えると代謝が低下してしまい、肌の乾燥の原因となってしまいます。

寒い季節には温かいコーヒーをついつい飲みたくなるのですが、この働きを見るとコーヒーを冬に飲むというのはやはり良いことではありません。

ただでさえ、トイレが近い冬の季節に利尿作用を高めて、さらに身体も冷やすというのはよくありません。

代謝が低下し、肌の新陳代謝が悪くなれば、当然肌は乾燥しやすくなってしまいます。

また、体の水分量をコントロールしている器官の腎臓は、コーヒーを飲みすぎると負担が大きくなってしまいます。

腎臓は摂取をした水分を濾過するうえで欠かせません。

コーヒーは刺激物ですので、たくさん飲むとどうしても身体にかかる負担が大きくなります。

腎臓が疲れ果ててしまうと、身体は水分不足の状態になってしまうので、むくみが出たり、体内の水分をコントロールすることができなくなってしまいます。

その結果、肌の乾燥につながってしまうのです。

コーヒーは悪いことばかりではありません

コーヒーには良いところもあれば悪いところもあります。

コーヒーに含まれるカフェインは、刺激物の一種としてみなされています。

過剰に摂取すると胃の内部が荒れてしまったり、内蔵に負担をかけてしまいます。

胃が荒れてしまうと、胃の消化機能が十分に働かずに消化しきれていないものが腸内に送り込まれます。

そして腸内において栄養分の吸収がスムーズにいかなかったり、腸にダメージを与えてしまうようになるのです。

消化機能が十分に働かずに老廃物が体内に溜まりやすくなると下痢になってしまい、吸収しきれなかった栄養分が体外へ流れてしまいます。

そして肌を健康な状態に維持するうえでかかせない栄養分を吸収できずに、ニキビができてしまったり、乾燥肌になってしまうこともあります。

胃腸が悪い、ということは肌荒れの原因になってしまうわけです。

コーヒーの飲み過ぎが肌に良くないと言われる理由はこのようなことがあげられるのです。

しかし、コーヒーにはカフェインだけはなく、ポリフェノールもたっぷりと含まれています。

カフェインには自律神経の働きを調整したり、集中力をアップさせる作用があります。

ポリフェノールには抗酸化作用があります。

血管に関係する疾患を発症する確率を低くしてくれるのです。

コーヒーに入れるフレッシュや砂糖にも注意が必要です

コーヒーをブラックで飲む人もいれば、フレッシュや砂糖を入れて味を調整する人もいます。

ブラックであれば問題はありませんが、フレッシュや砂糖を入れる場合は注意が必要です。

というのも、フレッシュや砂糖というのは、脂肪分が多かったり、着色料や香料といったものが多く含まれています。

種類によりますし、近年では脂肪の含まれていないものも販売されています。

しかし、脂肪分や着色料などが多く含まれているものの場合、太ってしまう原因になったり、肌荒れの原因となります。

砂糖は多く摂取すると吹き出物の原因になってしまいますし、添加物は内臓機能の低下に繋がりますので、コーヒーを飲むのであればできるだけブラックにするべきです。

砂糖を入れたいのであれば、オリゴ糖を入れるようにしたり、フレッシュを入れるのであれば牛乳を入れてください。

そのようにすることで摂取する添加物や脂肪分の量を最小限に抑えることができるはずです。

(まとめ)乾燥肌はコーヒーが原因になっている?

1.乾燥肌になる原因のひとつにコーヒーが考えられます

乾燥肌の方はコーヒーの飲み過ぎに注意しましょう。

コーヒーはカフェインが含まれているので、尿の量が多くなり体内の水分量が少なくなってしまいます。

体内の水分量が不足してしまえば、肌に行き渡るはずの水分が足りなくなってしまいます。

2.コーヒーは水分不足と冷えの原因になります

コーヒーのカフェインによる利尿作用、水分量の減少によって肌は乾燥しますが、同時に身体が冷えてしまいます。

身体が冷えれば肌の新陳代謝も低下してしまいますので、皮脂の分泌量やターンオーバーがスムーズではなくなるので肌が乾燥しやすくなります。

3.コーヒーは悪いことばかりではありません

コーヒーは肌を乾燥させてしまう原因となってしまうのですが、なにも悪いことばかりではありません。

コーヒーを摂取することでカフェインの持つ自律神経の調整作用、集中力の上昇といった効果を得ることもできるのです。

4.コーヒーに入れるフレッシュや砂糖にも注意が必要です

コーヒーに含まれる成分によって肌が乾燥してしまうことがあるのは事実ですが、実はコーヒーだけでなく一緒に入れる砂糖やフレッシュにも注意をしなければなりません。

コーヒーに入れるものの中には脂肪や砂糖が多く含まれているので注意しましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る