体内環境は肌の水分と関係があるの?

体内環境が乱れると肌の水分が失われます


肌が水分不足になる原因のひとつに体内環境の乱れが考えられます。

体内の中でも、特に腸や血液は肌の水分に大きく関係しています。

腸の働きが低下している、血液の流れが悪いなどの不調がある場合には肌にも不調が表れやすくなります。

肌の乾燥を感じたら、体内環境を整えることを意識してみましょう。

体内環境を整えるには野菜中心の食事が効果的です

前述したように、体内環境の中でも特に肌に影響を与えるのが腸と血液です。

腸は老廃物を体外に排出する働きと免疫力を高める働きの2つの役割を担っています。

腸の機能が低下すると、老廃物が排出されにくくなってしまいます。

これによって肌荒れやむくみを引き起こします。

血液は全身に張り巡らされた血管の中を流れており、細胞に栄養や酸素を届ける働きをしています。

体内環境が乱れて血液の流れが悪くなってしまうと、細胞に十分な栄養や酸素が届かなくなります。

これによって肌のターンオーバーが乱れ、乾燥や肌荒れなどのトラブルの原因となってしまいます。

血液は約83%が水分でできています。

そのため、水分を摂取することは体内環境を整える効果も期待できるでしょう。

水分摂取以外に体内環境を整える方法として、野菜をたくさん食べることが挙げられます。

現代人の多くはビタミンが不足しがちです。

特にコンビニやファーストフードを利用することが多い人は野菜を食べる機会が少なくなってしまいます。

肌の水分量を上げるためにはビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEが効果的ですが、食事からこれらのビタミンを摂取することは簡単なことではありません。
そのため、サプリメントを利用するのも一つの手です。

人間は1日約2.5リットルの水分を排出しています


人間の体はほとんどが水分でできており、生きていくうえで水分は必要不可欠と言えます。

肌の健康を保つためには、1日1.5リットルの水分を摂取することが大切です。

このようにたくさん水分を摂取することが望ましいと言われている理由は、水分の排出量にあります。

人間の体からは、1日に約2.5リットルもの水分が排出されています。

その割合は尿や便で1.6リットル、呼吸や皮膚からの蒸散、汗による排出が0.9リットルとなっています。

これを補うためには、食事以外で1.5リットルの水分を摂取する必要があります。

しかし、意識して水分補給をしなければ1日に1.5リットルの水分を摂取することはできません。

そのため、多くの人は体内の水分が不足している状態と言えるでしょう。

水分は、老廃物を体外に排出するエネルギーとしても使われます。

そのため、水分が足りないと老廃物の排出が滞ってしまいます。

とはいえ、水分を大量に摂取すれば、その分だけ美肌になれる訳ではありません。

水分を大量に摂取すると体液が薄まってしまい、水中毒を引き起こす恐れもあります。

肌の健康のためにはたくさんの水分が必要ですが、あくまでも目安を1.5リットルとして摂取することが大切です。

夏と冬それぞれの水分補給のポイントを押さえましょう

人間の体からは意外と多くの水分が排出されていますが、その排出量は季節によって異なります。

夏と冬では水分補給のポイントにどのような違いがあるのか比較してみましょう。

夏は水分だけでなく塩分補給も大切です

暑い夏は、何もしていなくても汗をかきます。

このように汗による水分の排出が多いため、水分補給はしっかりと行わなければなりません。

汗によって水分が排出されると、同時に塩分も排出されます。

そのため、夏は水分補給に加えて塩分を補給することがポイントになります。

水分や塩分が不足すると肌が乾燥するだけでなく脱水症状を引き起こす恐れがあります。

喉が渇いたと感じる前に水分補給をして、体内の水分をキープしましょう。

夏は暑さから食欲が落ちやすくなります。

そんな時は、水分が多い食事を摂るようにしましょう。

麺類などは水分が摂取しやすいため、夏におすすめです。

冬は白湯で体を温めつつ水分補給しましょう

冬は気温が低いため、夏と比較すると水分の摂取量は大幅に少なくなります。

しかし、冬は空気が乾燥していることから体内の水分も奪われやすくなっています。

そのため、しっかりと水分を補給しないと乾燥肌が進行してしまいます。

冬の水分補給では、温かい白湯をこまめに飲むことがポイントになります。

冷たい水は体を冷やしてしまうため、特に冬は避けるべきです。

(まとめ)体内環境は肌の水分と関係があるの?

1.体内環境が乱れると肌の水分が失われます

体内環境が乱れると肌が水分不足になります。

肌の不調を感じたら、腸の働きが低下している、または血行不良などのサインかも知れません。

肌の調子を整えるために、体内環境に注目してみましょう。

2.体内環境を整えるには野菜中心の食事が効果的です

体内環境の中でも、腸と血液が肌に大きな影響を与えます。

体内環境を整えるためには、十分な水分補給とビタミンの摂取が大切と言われています。

毎日の食事でしっかりと野菜を食べ、足りない分はサプリメントで補いましょう。

3.人間は1日約2.5リットルの水分を排出しています

人間の体からは、尿や便、呼吸などによって1日約2.5リットルもの水分が排出されています。

そのため、しっかりと水分を補う必要があります。

1日1.5リットルの水分を摂取して、美肌を目指しましょう。

4.夏と冬それぞれの水分補給のポイントを押さえましょう

夏と冬では水分補給のポイントが異なります。

夏は水分だけでなく塩分も補給することが大切です。

冬の場合は塩分補給は必要ありませんが、温かい白湯でこまめに水分補給をしましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る